2 novembre 2021

NET静的場

COBRA
地表の舞台裏では光の勢力がベールを構成している外来のスカラー兵器を取り除いています。





300px-NET&map


NETのスタティック・フィールド

NET(Nibiru Electrostatic Transduction Field)[1]は、紀元前25,500年のルシフェリアンの反乱の際に、NDCとニビル・クリスタル・テンプル・ネットワークを使って地球に固定されました。地球の内側のグリッドシステムにスカラー音波パルスを衝突させることで、「干渉」パターンまたは静電力場が作られ、地球を包み込みました。このネットは、特に高次元(ガーディアン・ファウンダー・レース・ETなど)への入出信号をバッファリング(停止)する効果があり、一種の検疫を作り出しています。このフィールドシステムは、人間の存在と自然にインターフェースし、ホログラフィック・インサートを構成します。クリスタル・スター・ファミリーによるイルミナティの監視も、遮蔽とスクランブル効果のためにブロックされている---それは「誤った測定値」を引き起こす。多くのスターシードが、偵察活動のためにここに来ています。このアストラル面(4次元)のアディクション・ウェビングと偽のアセンション・マトリックスNETは、「アストラルの混乱」と言われています。

紀元前9558年に要塞化され、それ以来、地球との自然な通信を徐々に遮断してきた。アヌンナキによって、アストラル面から物理的な物質にネットを下げる準備がなされています。これにより、周波数フェンスが形成され、2000年から2017年のアセンションサイクルの間、人々を簡単にマインドコントロールすることができます。これらのネットは、地球とその生命体を牢獄の惑星に保つために、アトランティスの大変動で作成されたブラックホール技術です。NETのフィールドは、DNAブロックを固定しています。NETは、Hibernation Zonesに接続されています。

irukadolphin at 22:00|PermalinkComments(0)

気候変動対策の「聖戦」に隠された150兆円の意図とは?

COBRA
カバールは、グレートリセットと新しい「グリーン」なネズミ講で、その破綻を防ごうとしています。

 

https://www.zerohedge.com/markets/here-hidden-150-trillion-agenda-behind-crusade-against-climate-change


気候変動対策の「聖戦」に隠された150兆円の意図とは?

by タイラー・ダーデン
2021年10月14日 木曜日 - 08:44 AM


私たちは今、以下のような奇抜な見出しが、1時間に1回とは言わないまでも、毎日のように見られる世の中になっています。

    *財務省、気候が家庭や地域に与える影響を調査
    *財務省、気候関連の財務リスクに関する取り組みを開始
    *ブレイナード:気候シナリオの分析はリスクの特定に役立つ
    *ブレイナード:気候変動は深刻な経済的影響を及ぼす可能性がある
    *メスター:FRBは銀行へのリスクという観点から気候変動を見ている
    *連邦政府は気候変動の監視について正しい方向性を示している
    *連邦政府は、金融システムに対する気候変動リスクを考慮すべきである。

さて、まだ混乱している人がいるかもしれないので言っておくと、これらの機関も、それを運営している博識な役人も、気候や気候変動リスク、将来の世代のアメリカ人の運命(そして、水位が上昇して彼らの巨大なウォーターフロントの邸宅が流されてしまうことについても)を気にしていない。もし気にしていたら、アメリカの債務総額と積立不足の負債は160兆ドルにも満たないだろう。

では、一体何が起こっているのでしょうか。最近、ほとんどすべての話題が、気候変動、「ネット・ゼロ」、グリーン・エネルギー、ESGに関係しているのはなぜでしょうか。

その理由は、誰もが疑うように、お金です。その額は150兆ドルにも上ります。

今回は「トランスウォーミング」の世界を取り上げており、今日のネットゼロの現実を知るための大規模な入門書となっています。今回は「トランスウォーミング」の世界を取り上げ、今日のネット・ゼロの現実を知るための大規模な入門書となっています。このレポート(ZHのプロ会員は全員入手可能)は必読で、興味深く、以下のようなデータやチャートが満載です。

...そして便利なチートシート...

もちろん、「地球温暖化」危機における中国の役割については一切触れられていませんが(結局のところ、北京を怒らせて最大の収入源を失うわけにはいかないのです)、緑の運動にとっては非常に不安定な時期に来ています。世界的なエネルギー危機が深刻化した結果、世界中でエネルギー価格が高騰し、「地球温暖化」に立ち向かうための草の根の支援が打ち砕かれようとしているときです。報告書の著者であるHaim Israelはこう書いています。

    今年は気候変動対策の10年であり、COP26はネット・ゼロ・エミッション(大気中の炭素排出量の削減と除去のバランス)達成に向けた競争の転換点となるでしょう。それを達成するためには、政府の舵取りと社会の意欲により、あらゆる分野でかつてないほどのスピードでクリーンな技術への移行が必要となります。今年は行動する最後の10年です。2025年には、18億人が絶対的な水不足に陥り、1億人が貧困に直面し、8億人が海面上昇のリスクにさらされる可能性があります。また、異常気象の影響で、新興国からの気候変動による移民は1億4300万人に達する可能性があります。

もちろん、どれも目新しいものではありません。データを一元的にまとめたものがあれば便利ですが、5分もあればグーグルで検索すれば、グリーンロビーで「受け入れられている」ドグマとなっている答えがすべて出てきます。

ネットゼロ」や「ESG」、「グリーン」といった物語が24時間365日、懸命に推し進められているのであれば、かなりのコストがかかることはわかっているはずだからです。

結果的にはそうなりました。たくさん、たくさん。

どれくらいの費用がかかるのか」という重要な質問に対して、BofAは、30年間で150兆ドル、年間で約5兆ドルの投資が必要で、現在の世界のGDPの2倍に相当すると書いています。

この時点で、この報告書は良い方向に向かっています。なぜなら、真剣に受け止められるためには、少なくとも表面的には客観的でなければならないからです。なぜネット・ゼロ・ロビーがこのグリーン・ユートピアを推し進めようとしているのか、数字の裏にある詳細を見ていくと、ようやくその理由がわかります。

考えてみてほしい。コビドの大流行により、これまでに先進国全体で約30兆ドルの財政・金融刺激策が実施された。しかし、まだ2年も経っていないのに、この30兆ドルの効果は失われつつある。バイデン氏がコビット危機を抑え、共謀した報道機関の助けを借りて、すぐに社会を閉鎖すると脅したにもかかわらず、国民は明らかに少数派の専制政治にはもう従わないことを明らかにした。

そのため、体制側は新たな永続的な資金源(と用途)を必要としている。一種の危機ではあるが、高潔で高尚な外観に包まれている。そこで登場するのが、気候変動への戦いである。


グリーン・ムーブメントの背景にある哲学や議論については、多くのデジタル・インクが使われており、その詳細については割愛させていただきますが、ここでは、民主的な支持を得ているかどうかにかかわらず、「地球温暖化対策」という漠然とした目的のために5兆ドルもの新しい資本を配分することに体制側が同意した場合に生じる、非常に明確で具体的な財務上の影響に焦点を当ててみたいと思います。バンク・オブ・アメリカが発表した内容を紹介します。

    インフレになるか?はい、年率1~3%のショックが予想されます。これは今後30年間のことで、すでにあるインフレに加えてのことです。
    ボトルネックは何ですか?地政学、気候戦争、EM。
    私たちは資源を持っていますか?ニッケルとリチウムは、2024年には不足する可能性があります。
    グリーンテクノロジーは本当にグリーンなのか?そうではありません(後述)。

30年間で150兆ドルとも言われる莫大なコストを考えると、資金源を年間5兆ドルに増やすことは、米国の全税収に相当し、この10年間のCOVID-19の刺激策の3倍に相当します。その詳細は以下の通りです。

    2050年までに温室効果ガス(GHG)を完全にゼロにするエネルギーへの移行は、非常にコストのかかる作業であり、IEAは30年間の総投資額を150兆ドルと見積もっています。年率5トンとすると、IEAは、30年間毎年、米国の全税収に匹敵する費用がかかると見ています。

まだまだだと思いますか?ちょっと待ってください、なぜなら...。

    BNEFは、エネルギー供給とインフラに必要な総投資額は、2050年までに1,730億ドル、年間5.8億ドルに達する可能性があり、これは現在の年間投資額の約3倍に相当するという高い評価をしています。

次に、1950年代のスターリン主義者の激励会を彷彿とさせる、BofA社のお決まりの宣伝文句が続く。

    ... しかし、技術、経済、市場、ESGが力を合わせれば、それは可能です。風力、太陽電池、バッテリー技術の飛躍的なコスト削減により、世界の電力の90%以上を生産する地域では、自然エネルギーが最も安価なエネルギー形態となっています。また、市場の需要も増加しています。これは、気候変動に配慮した投資をサポートするだけでなく、グリーンマイニング、グリーン水素、カーボンキャプチャーなど、地球の脱炭素化を進めるために必要な新しい投資にも資金を提供するものです。

なぜなら、結局のところ、これは常に負債の増加と収益化のためのものであり、このプロセスが金持ちをより金持ちに、貧乏人をより貧乏にすることは、今や靴磨きの少年でさえ知っていることだからです。今回、世界の富裕層は、地球温暖化防止のための崇高な聖戦を装って、中産階級からわずかに残ったものを奪おうとしている。この聖戦は、中央銀行が毎年5000億ドル以上の債務をマネタイズすることを必要とし、リスク資産か経済全体、あるいはその両方でハイパーインフレを引き起こすだろう。

つまり、「気候変動との戦い」が、今ここで一握りの金持ちを富ませるための巨大な詐欺ゲームであり、この世界経済の革命的な改革がもたらす漠然とした利益、そしてあまりにも確実な負債とハイパーインフレを未来の世代に継承するためのものであるように聞こえるとしたら、それはまさにその通りだからです。

以下は、気候変動会議(COP26)に関する報告書のQ&Aから抜粋した、BofAの驚くべき上記の告白です。

    Q: ネットゼロの経済的な影響は何ですか?

    A: ネット・ゼロの資金調達量が増加した場合のインフレへの影響は軽微なものではありませんが、中央銀行のマネタイズ率にもよりますが、年率1%から3%程度と管理しやすいものと思われます。特に、政府支出が目標とされ、世界のGDP成長率の加速に寄与する場合には、その影響は大きいと考えられます。また、IEAのネット・ゼロ・シナリオでは、グリーン経済への移行により、GDPの年間成長率の変化が今後10年間にわたって持続的に0.3%から0.5%程度加速するという生産的な見通しを示しています。

つまり、今後30年間はQEを続けるということですね。インフレについては?ああ、それもたくさんあるでしょう。BofAが認めているように、"グリーンボンドの購入は、年率1%から3%のインフレ・ショックをもたらす可能性がある"。

この疑問に答えるために、3つの別々のケースを見てみましょう。最初のケースでは、FRB、ECB、その他の中央銀行が、脱炭素化に必要なインフラ支出をすべて補助します(訳注:お金を印刷する)。2つ目のケースでは、中央銀行が新規国債発行の半分しか吸収しないと仮定します。そして3つ目のシナリオは、中央銀行が脱炭素化のための支出の5分の1しかバランスシートに載せないと仮定します。その結果、重要なことがわかりました。中央銀行の負担が20%以下であれば、脱炭素化によるインフレへの影響はかなり抑えられると考えられる(図表108)。

BofAにとって「管理可能」なものとは何か、読者の皆様にもご理解いただきたいと思います。これは、すでに経済の中にあるどんなインフレにも加えられるインフレです。もちろん、中央銀行が50%、80%、あるいはそれ以上の「足し算」をしなければならないとしたら、それは...もっと悪くなる。

BofAが認めているように、これは歴史上最大のQEを実施するためのものです。

    私たちは、30年の水平線上で、年に1%未満の追加インフレのピークを見ている。中央銀行が量的緩和によって脱炭素化の費用の半分または全額を吸収するという、より積極的なシナリオでは、インフレ・ショックのリスクが高まります。しかし、3番目のケースが最も可能性の高いシナリオであると考えています。というのも、これ以上の拡大的な金融刺激を正当化することは、政治的に難しいからです。確かに、中央銀行は経済のグリーン化を支援したいと表明していますが、社債の購入は歴史的に見ても量的緩和による危機時の政策に限られており、ソブリン債の購入よりもはるかに低い水準にとどまっています。そのため、グリーンボンドの購入は、今後の購入プログラムの規模と社債市場全体に占める割合の両方によって制限される可能性が高く、環境問題に焦点を当てたより進歩的な購入ポリシーの下では、若干高い配分が行われることになります。

中央銀行と国債が合併し、ヘリコプター・マネーとMMTに移行することを「許可」するための巨大な煙幕であり、その過程で約30兆ドルの流動性を生み出したように、「ネット・ゼロ」神話は、今後30年間の無限の印刷を永続させるものである。つまり、最も裕福な人たちだ。他の人たちはというと、あなたの曾孫やその孫たちが、よりクリーンな世界に住んでいるかもしれません(あるいはそうでないかもしれません)。本当にわかりませんが、今すぐお金を刷り始めないと手遅れになるでしょう。

人類の歴史上、どんな宗教よりも恐ろしく、操られているように聞こえるとしたら、それはその通りだからだ。

この114ページのレポートは、何が起こるのかを知りたい人にお勧めするもので、プロの購読者はいつもの場所で入手できる。




irukadolphin at 21:41|PermalinkComments(0)

アメリカの経済崩壊のための手順 

COBRA
ポジティブ軍は、人類への資産の分配を保護し、会計システムを統括します。黒い貴族を破綻させる計画は「6900系統の破綻プロトコル」と呼ばれ、ここで一部が明らかにされています。




アメリカの経済崩壊のための手順    アル・マーティン  2-23-8
 

「誰もがサイコロの目が出ていることを知っている。 みんな指をくわえて振っている。 誰もが戦争が終わったことを知っている。 誰もが善人の負けを知っている。 誰もが戦いが決まっていることを知っている。 貧乏人は貧乏人のまま、金持ちは金持ちになる。 そんなもんだよ、みんな知ってるさ」-レナード・コーエン
 
そして、これが米国財務省が経済破綻に対処する方法です。6900シリーズのプロトコルと呼ばれるものです。まず、不可抗力を宣言しますが、市場はそれを事実上の債務不履行と解釈します。そして、SECや各取引所は、翌日の日本の市場が開く時間、ヨーロッパの市場がどうなるかなど、1時間ごとに市場の下落を予測し、世界の市場を相互に結びつけていきます。2日目には、アメリカの特殊部隊が12の連邦準備銀行がある都市にパラシュートで降下してくる。
 
このようなプロトコルの起源は、国防総省にあります。これは、崩壊後のさまざまなシナリオを想定した緊急時の計画です。それらのシナリオには、当然、軍事的崩壊、つまり第三次世界大戦とその余波が含まれます。今、私たちが話しているのは、アフターマス(余波)にどう対処するかということです。
 
軍事的崩壊であれ、経済的崩壊であれ、崩壊の原因となる出来事がどのように起こるかは、必ずしもわかりません。第三次世界大戦では、キノコ雲が都市部に現れ始めたときに、それが明らかになります。
 
経済崩壊のシナリオは、常にアメリカが債務返済のために不可抗力を宣言することを前提にしていました。非常に広範なシナリオである。シナリオは、軍事的、経済的、政治的、社会的に完全に不安定化して崩壊に至るというものです。そして、個々のシナリオを分解しています。経済崩壊のシナリオでは、米国財務省が債務返済の不可抗力を宣言することが出発点となりますが、これは事実上の否認であり、世界の資本市場ではこのように解釈されます。そして、そこからシナリオは続きます。米国財務省は当然、欧州市場が落ち着いてから、不可抗力を宣言するでしょう。つまり、その日のうちに、つまり日本時間の午前11時38分に出動するのです。ヨーロッパの市場が閉まり、アメリカの市場が開いてから数時間が経過するまで待つ。主な理由は、最大のヘッジプレッシャーは、他の市場を利用して米国のロングエクスポージャーをヘッジしようとする人々であり、米国は世界の他の市場で最大の売り手になることを知っているからです。そのため、世界の他の市場が閉まるときに、不可抗力を宣言したいと考えていました。不可抗力の宣言は、米国が債務を履行できなくなったことを宣言することで行われます。簡単なことですね。その判断は誰がするのですか?財務省です。大統領はその決定をしません。財務長官が決定します。彼がその権限を持っています。そんなことをしてはいけないと腕をひねられるのではないかと思うかもしれません。
 
答えは、もし負債を処理するための資金が残っていなければ、現政権が何をしようと関係ないからだ。
 
いよいよ運命の日がやってくる。2001年から現在までの間に起こったことは、ダイナミックな世界的経済の悪化である。ブッシュノミクスが米国にもたらした経済の悪化は、決して局所的なものではない。実際には、グローバルなものである。私たちの地球は今、赤インクの海に沈んでいます。
 
米国は地球上の貯蓄率の80%を借金のために消費しています。ドイツ、日本、サウジアラビアの中央銀行は、もはやかつてのような強大な力はありません。ドイツ、日本、サウジアラビアの中央銀行は、もはやかつてのような強大な力はなく、外貨準備は大幅に減少しています。埋蔵金が大幅に枯渇しているため、帳簿上のトリックで隠すことができなくなったのです。したがって、何兆ドルもの米国債を保有していることを隠すことはできません。
 
そのため、誰かがブッシュ・チェイニー政権に密かに支払いを要求しているのです。2001年3月以降、米国の在庫から2900トンの金が枯渇しているのはなぜだと思いますか?
 
昨年5月にイラクから押収した20億ドルの通貨が行方不明になっているのはなぜだと思いますか?
 
誰かがブッシュ・チェイニー政権に要求しているのです。誰かがブッシュ・チェイニーの陰謀団にこう言っているのです。「我々、外国の中央銀行は、ヨーロッパやアジアの国々の準備金をほぼ使い果たしているのだから、この負債の返済を始めなければならない」と。
 
誰がそのような圧力をかけることができるでしょうか?


ヘンリー・キッシンジャー、ジェームズ・ベーカー、ジョージ・シュルツ、ウィリアム・サイモンなどの陰謀を企てているのではないかと考えています。トップの誰かが、このやり方に精通しているはずだ。財務に精通した人物でなければならない。
 
では、陰謀団の1つの派閥が他の派閥を脅迫したり強制したりすることになるのでしょうか?いいえ、恐喝というほどのものではありません。自暴自棄になってやっているのだ。ドイツ、日本、サウジアラビアの中央銀行は、ブショニアの陰謀団にこう言っているのです。「我々にはもうあなた方をカバーするための準備金はありませんから、あなた方はこの負債の返済を始めなければなりません。ドイツ、日本、サウジアラビアの中央銀行は、ブッシュ家の陰謀団にこう言っています。ですから、あなたはこの負債をカバーし始めなければなりません。そうしないと、ある時点で、我々は自分たちの首を守るために、我々が大量のステルス債の最終的な買い手であり、あなたの財務省が違法に発行した、一度も返済されていない大量の債務であったことを公に認めなければならなくなります。そうなれば、陰謀の全貌が明らかになります。
 
キッシンジャーとベイカーの一派は、経済面でのやり方のトップに立っている。彼らは本来のインサイダーではなく、米国財務省からの陰謀の管理者、つまり米国財務省と連邦準備制度理事会が役を演じていたのだ。
 
例えば、ヘンリー・キッシンジャー。この3年間、ヘンリー・キッシンジャーが過去30年間で最も多くワシントンに戻ってきた理由を、誰も思いつかなかったかもしれない。そして、外国の報道機関がしきりに言うように、ブッシュ・チェイニー政権の高官と言われる人たちと、なぜワシントンで静かに会議をしているのか。それは、キッシンジャーがポイントマンだからである。他国の中央銀行の動向を伝えているのは彼だ。
 
キッシンジャーはおそらく、陰謀団の資産の譲渡や抵当権設定にも関わっているだろう。言い換えれば、ブッシュ・チェイニー政権とブショニアン・カバルによってアメリカ国民から盗まれた資産は、特定の外国中央銀行が保有する債務を担保にしたり、譲渡したり、返済したりするために使われているのです。
 
ブッシュ家の財政赤字がますます拡大しているため、その崩壊のプロセスはすでに始まっているのです。ブッシュ・チェイニー政権は、そのあからさまな政策(今では政治、経済、社会、軍事のあからさまな政策になっている)においても、年間6000億ドル以上の赤字を出しており、地球の純貯蓄率の80%を消費している。
 
スラックがないのだ。言い換えれば、もうステルス債をさらに発行して借り換えることはできない。また、ブッシュ・チェイニー政権のあからさまな政策によって国内総生産(GDP)の6%もの財政赤字が発生しているのに、それを隠して1980年代のようにシステムから資金を流出させることもできません。債務の拡大を隠して、そのステルス債務を処理するために使えるメカニズムはもうありませんし、率直に言って、アメリカ国民から盗むことのできる資産も尽きつつあります。
 
だから、ことわざにもあるように、運命の日がやってくる。ブッシュ・チェイニー政権は(私は彼らを評価していますが)、米国民があまりにも愚かで理解できないことを知っていながら、何が起こるのかを米国民に伝えています。彼らは、金没収法の再制定と、国内の流動性を維持するための財務省の崩壊後の緊急金券制度の突然の廃止について、米国民に伝えている。
 
米国会計検査院長のデビッド・ウォーカー氏は、ブッシュ・チェイニー政権が再び権力の座に就き、その結果、ブッシュノミクスの弊害が続くと、米国はもはや2009年以降の債務を処理できなくなるだろうと述べている。彼らはもう誰にも隠していません。何が起きているのかを話しているのだ。さて、それは何を意味するのか。カギとなるのは、ウォーカーが「債務をもはや処理できない」と言っていることだ。私はラジオ番組でこのように聞かれました。ウォーカーが以前よりも頻繁にニュースに登場するようになったので、人々はウォーカーの発言に気付いています。アメリカの会計検査院という、かなり難解な役職がこれほどニュースに出るのは珍しいことです。
 
それは、彼が「米国はもはやブッシュ流の財政赤字を維持することができない」と言っているのは、ブッシュ・チェイニーが2期目の大統領を務めた場合、2009年までに米国はブッシュ流の財政赤字を賄うために地球上の貯蓄率を100%消費してしまうということを意味しています。

したがって、地球が米国に貸し出す流動性をもはや生み出すことができない場合、次の3つのうちのどれかが起こらなければならない。A)連邦政府の支出を突然、劇的に減らさなければならない。そのためには、2つの方法が考えられます。1,000億ドルの国防費を即座に削減しなければなりません。NFWC(Naïve Flag Waving Crowd:国旗を振っているナイーブな人々)の信頼を失うことになるので、共和党が今後数年間に渡って政権を取るという希望はなくなります。あるいは、共和党員の金持ちのための数兆ドル規模のブッシュ的減税を廃止しなければならないでしょうが、これも同様に好ましくありません。
 
もうひとつの選択肢Bは、ポール・オニールが述べたように、連邦所得税の税率を現在の名目28%から65%へと劇的に引き上げることです。これは、財務省が2009年以降、米国債の償還を続けるのに十分な収入を得るために必要だと見積もったものです。
 
第3の選択肢であるCは、米国財務省が米国債のクレジットサービスに対して不可抗力宣言を行うことであり、これは米国による事実上の債務否認に相当し、正確に解釈されるだろう。
 
他にも探すべき兆候があります。今すぐには起こらないだろうが、ブッシュ・チェイニーが再選されれば、終わりが近づいていることを示す兆候をより多く目にするようになるだろう。多くの人が反対するかもしれませんが、待っていればわかります。もしブッシュ・チェイニーが2期目を迎えたら、通貨の国外持ち出し規制を導入しないかどうか見てみましょう。1971年の5月から6月にニクソンが試みたような方法で、それがやってこないかどうか見てみましょう。
 
2期目には、アメリカで何らかの通貨の国外持ち出し規制が行われるだろうが、大きなお金が逃げられるような抜け道もあるだろう。制約は1万ドル、2万ドルの人に適用される。1,000万ドル、2,000万ドルの人たちには適用されないぜ。そんなことをしたら自滅してしまう。
 
その日が来ても、つまり米国財務省が債務の不可抗力を宣言しても、メインストリームのメディアでは放送されない。アメリカ国民はその意味を理解していないので、意味がありません。しかし、この発表は実際には連邦準備制度理事会(FRB)のワイヤーシステムに載せられ、もちろんすぐにすべてのメディアが取り上げることになる。
 
米国財務省は、アジアとヨーロッパの市場が閉まった後、おそらく日本時間の午後12時30分に債務の不可抗力を宣言するだろう。なぜその時間が選ばれるかというと、アジアやヨーロッパの市場が閉まるからだ。また、この時間帯は市場のランチタイムでもあります。取引所のフロアにいる人の数が最も少ない時間帯です。このような発表をするには理想的な時間帯です。
 
この発表の数秒後には、株式、債券、コモディティなど、トレーディングカラーや一日の許容限度額が設定されている米国のすべての市場が、プールを使ったリミット・オファーになりました。リミット・オファードとは、限界点(リミット・ダウン)での売り手が買い手よりも多いことを意味します。
 
いわゆる「プール」がすぐに形成され始め、おそらく数分ごとに1,000単位の契約が成立するでしょう。プール付きのリミット・オファー」 - これはトレーダーの言葉です。プールで2,000枚、3,000枚と売る。つまり、指値で買える人の数よりも多い数の売り手がいるということだ。それが積み重なっていきます。
 
1時頃になると、このニュースが浸透し始める。一般の人々からパニック的な売りが出るまでには、しばらく時間がかかるだろう。このニュースは昼休みに発表される。
 
多くのアメリカ人は、最初はこのニュースの緊急性を理解していないだろう。まずプロの売りが出て、午後になってプロの売りが強まると、SEC、CFTC、NASDAQなどさまざまな市場規制当局がある種の緊急市場プロトコルを導入し始める。それは、流動性を確保するために、「ストップオーダーを出さない」「いくらでもいいから埋める」といった、いわゆる「市場急変宣言」を出すことであった。
 
初日のダウ平均株価と関連指標は、その日の営業終了時点で、パーセントベースで約20%の値下がりをした。実際に影響が出るのは、アメリカ国民がこれが何であるかを知り、その説明を受けた一晩後である。
 
日本時間の午前7時30分、東京市場が開かれたが、雪崩を打つように売りが出て、おそらく3、4時間は値段がつかなかっただろう。価格が決まると、日本政府はすべての金融市場を閉鎖する。ヨーロッパでは市場が開かれない。翌日、ヨーロッパの政府はすべての資本取引所を閉鎖するだろう。


米国は、グローバルな電子取引に対応するため、2日目に市場を開くことを試み、価格に関係なく、ある程度の流動性を維持するために市場を開くことになります。2日目の終わりには、ダウ・ジョーンズとその関連指数はその価値の3分の2を失っており、それに応じて価格が設定されます。
 
3日目、ニューヨーク証券取引所、証券取引委員会、その他の関連機関は、米国財務省と連邦準備制度理事会に、すべての市場を閉鎖するよう勧告します。それは3日目の朝のことである。午前11時、連邦準備制度理事会は国内のすべての銀行の休業を命じます。その30分後には、12の連邦準備銀行はすべて、残っている金地金を確保するために、米軍の特殊部隊をパラシュートで銀行の周りに配置する。
 
3日目の午後9時、アメリカ大統領は戒厳令を布告する。すべての金融取引が停止される。財務省は正式にドルをデマネタイズし、無価値であることを宣言します。
 
これはまったく前例のないことです。これまでの崩壊は一時的なものであり、回復してきました。しかし、今話しているのは終わりのことです。
 
私が言及しているこのプロトコルは、それほど秘密でもありません。クリントン時代には公開されていた。これは財務省のプロトコルで、1970年代後半に財務省と連邦準備制度理事会が緊急崩壊プロトコルの重要性を感じ始めたときに制定されました。
 
このタイミングで制定されたのは、1970年代後半のインフレ・スパイラルがきっかけでした。米国財務省と連邦準備制度理事会は、国内だけでなく世界的に発生していたこのインフレ・スパイラルが、連邦準備制度理事会や主要な中央銀行が伝統的な手段、すなわち金利の引き上げや通貨供給量の縮小では止められない、制御不能な世界的なハイパーインフレにつながるのではないかと懸念していたのである。
 
もちろん、世界の中央準備銀行の地金在庫は、過去30年間で非常に枯渇しており、一時的であっても、また地域や国民国家単位であっても、種族通貨の再導入はもはや不可能であるという認識もありました。
 
これは例え話です。軍事的なシナリオで言えば、アメリカ大統領が最後の赤いボタン(コミットボタン)を押したようなものです。米国の財務長官も同じような仕組みを持っています。それは黄色のボタン、コミットボタンと呼ばれています。国防長官も同じ仕組みを持っています。このようなことが起こります。コンピュータプログラムがこれらのプロトコルを導入し始めます。これをすべて管理しようとすると、どれだけ複雑になるか想像してみてください。すべてが同時に進行すると思います。国内外を問わず、何百もの異なる機関が関わっています。流動性をできるだけ長く維持するためには、非常によく調整されていなければなりませんし、既存の崩壊プロトコルがあるはずです。
 
私がよく知っていたのは、米国財務省の6900シリーズ崩壊プロトコル、6903、6904のA、Bなどを見ていたからです。これらは国防総省にキーインされ、国防総省独自の第三次世界大戦のシナリオや、軍事的、政治的、社会的不安定、戦争、疫病、カオスなどのさまざまなシナリオに組み込まれていました。
 
すべての連邦機関は個別に崩壊プロトコルを持っていましたが、最終的には国防総省を通じて調整されました。国防総省が最終的な調整役となるのは言うまでもありませんが、国防総省は、連邦政府の財産や資産を確保するために、国中、特に都市部にパラシュートで迅速に降下できる特殊部隊を待機させておく必要があります。
 
文字通り、それが始まりだったのです。3日目の終わりには、すべてが終わり、戒厳令の状態になります。今は戦争の話をしているのではなく、これは単なる経済破綻です。
 
ここには軍事的な意味合いはなく、政治的、社会的な意味合いも、それに対する政策的な指示もありません。これはまさに経済的崩壊です。3日目の終わりまでに、事実上、世界中のすべての銀行が閉鎖され、すべての紙幣が無価値になるでしょう。戒厳令が発令されるだろう。少なくとも一定期間、商品の継続的な取引は行われないだろう。燃料や食料を供給する会社はすべて自動的に閉鎖されるだろう。


これも詳細に書かれている。米国防総省特殊部隊第117突撃隊がパラシュートで侵入し、オクラホマシティの家畜飼育場を制圧する。これほどまでに計画されているのである。つまり、経済崩壊は、自動的に拡大的な軍事行動と支配を伴うのである。
 
国内での交換手段がなくなる3日目までに、食料と燃料のストックを確保しなければならない。食料や燃料の在庫、倉庫、戦車などがある流通拠点を確保した軍隊がいなければなりません。そうでなければ、人々は食料を手に入れようとするでしょうし、もし店に侵入してパンを盗もうとすれば、銃殺されることを人々は知らなければなりません。
 
環境災害のプロトコルは、「スケーリング・サークル・シナリオ」と呼ばれています。「スケーリング・サークル」は、国防総省の婉曲表現です。FEMAやOEM、その他の緊急管理サービスでも使用されています。国や地球規模になる環境大災害では、どこかから始めなければなりません。それは、ある非常に小さな特定のエリアから始まることになります。そのため、災害の拡大を食い止め、その範囲内にとどめるために、第1の円の中では、即時の力による封じ込めが最も重要になります。
 
環境問題は、それが拡大する前に、可能な限り無力化または軽減され、大災害をその円内に留めるようにします。また、その円から外れる可能性がある場合には、それが何であれ、その強さと他の地域を汚染したり、その他の影響を与える能力を軽減するような方法で攻撃します。
 
例えば、西海岸でレーニア山を起点に南下するような地震の場合は、別のタイプのシナリオになります。その場合、国防総省の関与はあまりありません。これには別のプロトコルがあり、主にFEMAとOEMが、市、郡、州の災害と封じ込めの間の上級調整機関として機能します。連邦軍は、統制を維持する目的でのみ投入されます。
 
軍事的、経済的に破綻した状況では、州兵部隊は問題に対処するためにできる限りの支援を行う。連邦軍は、誰でも撃つことができる特定の権限を持つために使用されます。あらゆる種類のシナリオを想定しています。私がいつも最も興味を惹かれるのは、経済災害のシナリオですが、これはアメリカ国民に最も理解されていないシナリオです。
 
銀行に行列ができ、人々がお金を取り出そうとするときには、軍事的な管理が必要になります。しかし、それは大きな問題としては予想されていませんでした。銀行に行列ができるだろうが、それは3日目のある時点まで想定されていなかったのだ。株式市場が2000ポイントも3000ポイントも下落したと発表されても、「必ず戻る」と教えられてきたから、国民はまだ株を買うだろう。
 
アメリカ人は経済学101を教えられたことがないので、みんながずっと無知なままだと思っていました。アメリカ人は、3日目に市場が閉まるまで、あるいは小切手を換金しに行ったときに銀行が閉まっていて、その前に兵士がいたときまで、事態の深刻さに気づかないだろう。小切手を換金しようと思って銀行に行ったら、兵士がいて銀行が閉まっていた。近所のスーパーが閉まっていて、その前には連邦軍がいる、というように。そうすれば、彼らは理解し始めるかもしれません。覚えておいてほしいのは、連邦軍だけではないということです。緊急事態プロトコルでは、正式な緊急事態宣言や戒厳令が発令される前であっても、任意の郡や管轄区域内の地方軍当局は、基本的に誰でも、つまり民間人であっても軍事化する能力を持っています。これは、単に民間人を退役させるだけではありません。連邦政府のものだ。つまり、民間人を軍事化し、軍事的権限を与えることができるのです。警察や保安官、州警察だけでなく、州レベル以下のすべての地方法執行機関が直ちに軍事化されることになります。イラクのように誰でもいいというわけではありません。軍隊がボランティアを募集するようなものだ。そうすると、みんなとその義理の兄弟がボランティアとして参加し、アメリカ国旗を振ったりすることになります。
 
この国では、銃を積んだピックアップドライブの男たちがたくさんいて、南軍の旗を掲げているんだ。彼らの目の前でアメリカ国旗を振って、こう言うんです。「君はずっと欲しかったチャンスを手に入れることができるんだよ、自分のお腹を軍服の中に収めることができて、銃を持って人を撃つことができるんだ。それがどれほど魅力的なことか。


それに、こうすれば食べられるようになるじゃないか」。
 
言い換えれば、これが3日間の展開ですが、実際には、アメリカ人の中で何をすればいいのか、どうやって予防措置を取ればいいのかを知っている人はほとんどいません。何が起こっているのか、経済のことを十分に理解していないので、手掛かりがないのです。つまり、それが「経済的ハルマゲドン」なのである。もしブッシュ・チェイニー政権が再び誕生したら、それは事実上、デビッド・ウォーカー会計検査院長が言っていることである。
 
結論として、米国の人々が自分の身を守るためにできることはほとんどないので 自分の身を守る方法を提案するつもりはありません。なぜなら、できることはほとんどないからです。
 
金貨を買って裏庭のコーヒー缶に埋めたり、最寄りのサバイバルショップに行ったりしろと言うこともできますが、率直に言って、それは無駄です。最後に分析すると、これはたくさんの誇大広告です。一般のアメリカ市民ができることはほとんどありません。
 
これを防ぐ唯一の方法は、会計検査官がバーバラ・ウォルターズに「2009年までに問題に到達しないようにするにはどうすればよいか」と質問されたときに言及したように、簡単に言えば「社会の変化」です。彼は簡単に「政権交代」と言いました。
 
では、どうやって防ぐのか?ブッシュとチェイニーに投票してはいけません。そして、ブッシュが緊急時の権限を使って、国旗を振っている皆さんが彼に与えた、勅令によって選挙を中止したり延期したりしないことを願っています。
 
旗を振っている市民の皆さん、警告します。もしあなたがブッシュとチェイニーに再び投票したいのであれば、たくさんのスパムを手に入れておいてください。
 
ここで、面白くてユーモラスな余談をしましょう。数日前、スパムを製造しているホーメル社は、この6ヶ月間、アメリカでのスパムの売り上げが記録的に伸びていると発表しました。スパムはサバイバリストが選ぶ食品です。Hormel社のスポークスマンが言うように、"50年の賞味期限を持つ唯一の食品 "であることを誇りにしているのだ。
 
すべてが地獄に落ち、人間が作ったものが再び塵になったとき、最後の遺産はスパムになるだろう。2万年後の人類学者が遺跡を掘って、未開封のスパム缶の巨大な山を目にしたとき、スパムで過去のモニュメントを作ることになるでしょう。
 
だから、もしブッシュ・チェイニーが2期目の大統領になったら、1971年にニクソンがやったような、ある種の通貨規制が行われるだろう」。2004年4月13日、ジョン・ボイン財務副次官補が通貨規制の可能性について語った。彼が使った言葉は、サバイバル主義者やグロム&ドゥーム崩壊論者の炎を燃え上がらせることになるでしょう。
 
米国財務省が、金に換えられる米ドルの量に制限を設ける可能性があるというのは、非常に、非常に示唆的です。
 
さらに、ブッシュ・チェイニー政権は、金没収法が金の保有状況をいわゆる強制的に開示する権限を財務省に与えていると判断していると、彼は示唆しています(私はこれが来るのではないかと思っていましたが、実際に法律になるのはブッシュ・チェイニーが2期目の大統領になるまでです)。
 
1933年に制定された金没収法の文言はよくわかりません。ただ、「強制」とだけ書かれていますが、これは市民が金を文字と交換することを合法的に強制されるという意味です。そのような規定はなかったと思いますが、彼はそのように推測していました。それは1934年のFDRの「ローディール」で、人々は強制的に金を手放すようにさせられたのです。しかし、この法律のどこにも、財務省が市民に金の保有状況を報告するよう義務付けることを具体的に認めていない。だから、もしこの件が報道されたら、特に金の虫たちの間では要注意だ。
 
さらに、ワシントン・ジャーナルでは、FEMAが国土安全保障省に対して、市民が長期的な食料や燃料を買いだめすることに対する規制を強化するよう勧告したという話をしていました。これもかなり不吉だ。
 
彼らが言っているのは、いわゆるサバイバルフードの長期貯蔵品の購入についてです。FEMAが言っていたのは、食糧を蓄えられないようにするためのある種の制限のことで、簡単に言えばそういうことです。2つ目のポイントは、すでにある制限を増やすこと。
 
FEMAは、燃料の長期貯蔵を目的とした個人所有の地下貯蔵タンクを市民が建設することを、さらに厳しく制限することを推奨していた。その真意は3つあります。1)市民が食料を買いだめすることを制限する、2)市民が燃料を長期貯蔵することを制限する、3)市民が買いだめしているかもしれない食料や燃料の在庫を明らかにするために、強制的に本人確認を行う、というものです。
 
そして、これこそが真の本質だと私は思う。ブッシュ・チェイニー政権は、FEMAが何を意味し、人々がどう解釈するかを知っていたので、FEMAという切り口を方程式に入れることを恐れていた。

彼らは環境法を利用して、人々が自分の土地に燃料貯蔵施設を建設することを制限しようとしましたが、その真の意図を回避するためです。
 
しかし、大局的に考えれば、市民が燃料や食料を蓄えることを制限し、保有する金を強制的に確認したり、強制的に換金したりすることで市民を揺さぶることができるようになれば、それは大きな意味を持つ。
 
言い換えれば、大量の食料や燃料を蓄えたり、金を所有したりする能力を持った市民は、将来的に国家の支配に抵抗することができるようになるため、望まないということです。
 
市民をコントロールするためには、すべての市民に配給カードを持たせなければならないんだ。国民が食料や燃料を蓄えていると、政府に「俺は国民IDカードを持っているから、配給カードは受け取らないぜ」と言えるからだ。その必要はない。食糧や燃料、そして永遠に価値のない紙幣で私をコントロールすることはできない」と言えるからです。
 
私は昔、このような人々を馬鹿にしていました。しかし、今ではこの議論について事態は一巡している。ブッシュ・チェイニー政権は、政策の小さな変更を通じて、それをますます明確にしている。多くの人はこれらの決定をモニターしていませんが、私はモニターしています。そして、そのパターンは次第に明らかになってきている。
 
実際、サバイバル精神(食料、燃料、裏庭のコーヒー缶に入った金貨)を持つ人々は、ジョージ・ブッシュが2期目の大統領になった場合、最終的にその正当性が証明されると信じている。
 
人々は彼らをからかうのをやめるべきだ。なぜなら、彼らは正当性を証明されるだろうからだ。たとえ彼らが皆、燃え尽き、20ドルの死を迎え、本やテープを買い、主流メディアに信用されなかったとしてもだ。空虚な勝利に聞こえるかもしれませんが、彼らにとっては空虚な勝利ではないでしょう-スパムを手に入れた彼らにとっては...。


irukadolphin at 21:32|PermalinkComments(0)

ベンジャミンフルフォード G20 奴隷の "リーダー "は写真を撮るが、主人は生き延びるのに必死だ

COBRA
返還請求がなされました。白い貴族の家系は、その多くが女神/聖杯の系譜につながるものであり、「歴史的資産」「黄金のフリース」「担保勘定」の正当な所有者でもあります。
https://benjaminfulford.net/2021/11/01/78554/







G20 奴隷の "リーダー "は写真を撮るが、主人は生き延びるのに必死だ

By Benjamin Fulford Weekly Reports



G20諸国の「リーダー」と呼ばれる奴隷グループは、ローマと次のスコットランドに集まり、写真を撮って地球を運営しているふりをしています。しかし、彼らが集まっていたいわゆる150兆円規模のCOP26計画は頓挫しています。この計画に従うように命じた主人は追いつめられており、まもなく権力を失うだろうと、CIA、モサド、MI6、アジアの秘密結社の情報源は同意している。

「G20は機能不全に陥った世界秩序の目玉になる」というのは、体制側の代弁者であるワシントン・ポスト紙の表現でさえある。

https://www.greenwichtime.com/news/article/The-G-20-becomes-the-showpiece-for-a-16573910.php

事実、国連、BIS、世界銀行、IMF、中国共産党、米国企業など、いわゆる「グローバル」アーキテクチャを所有している一族は破産しています。

ヴェネツィアの貴族やアジアの王室のグループは、これらの一族を、いわゆるグローバルな機関の権力や支配から排除する必要があるという合意に達しました。その代わりに、地球上の人々に支配権が与えられ、昔から予言されていたように、"柔和な者が地球を受け継ぐ "ことになるのです。

それを象徴するのが、300人委員会(欧米の秘密政府とも呼ばれる)のトップであるエリザベス女王がCOP26に出席していないことです。

"シークレットサービスも警察も裁判所も、もう十分だと言っている "と、ヴェネツィアとアジアの貴族の大使は言う。"基本的に女王はいない。女王は2週間の軟禁状態にあり、COP26への参加も禁止されています」と大使は言います。「ダイアナ妃を殺害したチャールズは、王位継承法によって排除されます。「チャールズは絶対に王になってはいけない......それが広く受け入れられている常識だ」と付け加える。さらに、ウィリアム王子が王になることはないでしょう。なぜなら、彼は "卑屈で小さな嫌な奴で、私たちは彼のことが全く好きではないからです。" その代わりに、"設置の行為はジョージ7世かウィリアムの息子になる "と情報源は言っています。

https://www.royal.uk/prince-george

また、「スペイン王を排除したのは、彼が本質的に世界最大の麻薬商人だったからだ」とも付け加えています。

もう一つの兆候は、米国企業の大統領スポークランであるイェンス・プサキ(ほぼ間違いなくデビッド・ロックフェラーの孫であるマーク・ザッカーバーグを女装させたもの)が、ワクチン接種を受けたにもかかわらず「コヴィド19に感染」し、10日間、おそらく永遠に隔離状態に置かれていることだ。

https://www.youtube.com/watch?v=74FN8zsg9pY

CIAの情報源によると、マーク・ロックフェラー・ザッカーバーグもフェイスブックの管理から外されており、そのために、偶然ではないがヘブライ語で「死んだ」を意味するMetaと改名されたという。

https://www.timesofisrael.com/facebooks-new-meta-handle-means-dead-in-hebrew/

カマラ・ハリスが「自分と夫が表に出て船と一緒に沈んでしまう前に、必死に脱出しようとしている」という事実は、偽バイデン政権の崩壊が進行していることを強調しているとCIA筋は指摘している。

https://www.foxnews.com/media/harris-shunning-public-events-with-the-big-guy-biden-after-receiving-no-fun-jobs-the-five


さらに多くのクリントン(ロックフェラー/ハノーバー)の操り人形がゆっくりと、しかし確実に検挙されているとCIAは言う。「彼らは皆、減刑のためにカナリアのように歌うだろう」と付け加えています。

https://resistthemainstream.org/former-clinton-operative-charged-arrest-warrant-issued/?utm_source=telegram

もう一つの大きな出来事は、近日中に、次のような人物の死が公表されることだ。

この記事の残りの部分や音声は、BenjaminFulford.netのメンバーで、それぞれのレベルの購読者のみが利用できます。
ログインするか、登録してアカウントを作成してください。

コメントは、有効なサブスクリプションをお持ちの読者のみが利用できます。コメントを見るには購読してください。




irukadolphin at 20:23|PermalinkComments(0)

30 septembre 2021

Home

よく紹介してる美しいジャズの曲です

好きな演奏がyoutubeにあったので紹介します。





irukadolphin at 22:17|PermalinkComments(0)