27 septembre 2021

COVID-19 The Spartacus Letter


https://halturnerradioshow.com/index.php/en/news-page/world/covid-19-the-spartacus-letter





2021年9月26日、ある科学者がCOVID-19について以下の文書を発表し、完全な病気の機能と治療法を概説し、このアウトブレイクが信じられないような大規模な犯罪的陰謀であることを明らかにしました。この科学者は、医学界や科学界で1年以上前から知られていたこれらの真実を明らかにすることによる雇用上の報復を恐れて、匿名でこれを行いました。

この科学者は、この病気に関する反論の余地のない医学的事実を引用し、「ワクチン」を装った漏れのある危険な遺伝子治療の外で、この病気の治療を成功させるのを阻止しようとする努力と、このプロセスがいかにして世界中の罪のない人々を大量に虐殺する結果になったかを説明しています。

スパルタカス」の手紙は、こちらからPDFファイルでダウンロードできます。
https://www.docdroid.net/kZZXcGS/covid-19-the-spartacus-letter-pdf

-----------------------------



こんにちは。

 

私の名前はスパルタカス、もう十分です。

 

私たちは、生物兵器による攻撃で、アメリカと自由世界が容赦なく衰退していくのを見ざるを得ませんでした。選挙で選ばれたわけでもなく、責任も取らないエリートが、アメリカ国民や同盟国に対して行っているプロパガンダや心理戦の作戦によって、私たちや数え切れないほどの人々が被害を受け、ガスを浴びせられています。

 

この1年半の間に、私たちの精神的、肉体的な健康状態は非常に悪化しました。隔離、ロックダウン、マスキング、検疫など、まったく意味のない医療劇場のような行為に苦しめられ、現在進行中のCOVID-19のパンデミックから国民の健康や福祉を守ることはまったくできませんでした。

 

今、私たちは、医療機関が何百万人ものアメリカ人に文字通りの毒を何の抵抗もなく注射しているのを見ています。

 

ワクチン接種を拒否すれば、解雇され、生活の糧を奪われると言われているのです。これが最後の砦です。

 

私たちは何千時間もかけて、武漢から流出した映像、一次資料にある科学論文、そして医療機関が残した紙の痕跡を分析しました。

 

私たちが発見したものは、誰もが心底ショックを受けるものでした。

 

まず、私たちが発見したことを要約し、次にそれを詳細に説明します。最後に参考文献を掲載します。

 

要約すると

 

    COVID-19は、血液と血管の病気である。SARS-CoV-2は、ヒトの血管の内膜に感染し、肺に漏れる原因となる。
    現在の治療プロトコル(侵襲的人工呼吸など)は、患者にとって積極的に有害であり、酸化ストレスを促進し、重度のVILI(人工呼吸器による肺損傷)を引き起こす。医学的効果が証明されていないのに人工呼吸器を使い続けることは大量殺人に相当します。
    既存の対策では、エアロゾル化したウイルスや、排水で運ばれる可能性のあるウイルスの拡散を遅らせることはできず、メディカルシアターの一形態となっています。
    ワクチン以外の様々な対策は、ワクチンや高価な特許薬を優先して、メディアや医学界から弾圧されてきました。
    当局は、COVID-19に対する自然免疫の有用性を否定している。自然免疫は、ウイルスのタンパク質の1つだけでなく、すべてのタンパク質に対する防御を与えるという事実にもかかわらずである。ワクチンは益というより害になる。これらのワクチンが基にしている抗原であるSARS-CoV2スパイクは、毒性のあるタンパク質である。SARS-CoV-2は、ADE(抗体依存性増強)を起こす可能性があります。現在の抗体は、将来の株を中和するのではなく、免疫細胞への感染を助けることになるかもしれません。また、パンデミック時に漏れたワクチンを接種すると、ウイルスの致死率が下がるという進化の圧力がなくなる。
    アンソニー・ファウチとモデナの両社を武漢ウイルス学研究所に直接結びつける、広大で恐ろしい犯罪的陰謀が存在する。
    COVID-19ワクチンの研究者は、ブレイン・コンピュータ・インターフェース(「ニューラル・レース」)技術に関わる科学者と直接つながっており、そのうちの1人は中国から助成金を受け取ったとして起訴されました。
    独立した研究者が、ワクチンの中に本来存在しないはずの謎のナノ粒子を発見した。
    パンデミックは、西洋社会の政治的・経済的変革の口実として利用されており、すでに裕福な人々を富ませ、それ以外の人々を農奴や不可触賤民に変えようとしている。

 

COVID-19の病態生理と治療法。

 

COVID-19は、ウイルス性の肺炎ではありません。ウイルス性血管内皮炎であり、血管の内膜、特に肺胞の小さな毛細血管を攻撃し、内皮細胞の活性化と脱落、凝固障害、敗血症、肺水腫、ARDSのような症状を引き起こします。これは、血液と血管の病気です。循環系の病気です。肺炎はその二次的なものです。

 

重症になると、敗血症、血栓、脳、心臓、肝臓、膵臓、腎臓、腸などの様々な重要な臓器の低酸素症や炎症による損傷などの多臓器不全を引き起こします。


COVID-19の最も一般的な臨床検査所見としては、Dダイマーの上昇、プロトロンビン時間の上昇、CRPの上昇、好中球減少、リンパ球減少、低カルシウム血症、高フェリチン血症などがあり、基本的には凝固障害と免疫系の活性化/免疫細胞の疲弊というプロファイルに合致している。

 

COVID-19は、SARS-CoV-2が体内の重要な器官の様々な組織に対して幅広い感染経路を持つことから、ほとんどすべての症状を呈する可能性がある。最も一般的な初期症状は呼吸器系の疾患やインフルエンザ様の症状ですが、脳の炎症や胃腸の疾患、さらには心臓発作や肺塞栓症を呈することもあります。

 

COVID-19は、肥満、糖尿病、高血圧などの特定の合併症がある場合に重症化します。これは、これらの疾患には内皮機能障害が関与しており、循環器系がこのウイルスによる感染や傷害を受けやすくなるためです。

 

COVID-19の大部分は軽度であり、重大な疾患を引き起こすことはありません。既知のケースでは、80/20ルールと呼ばれるものがあり、80%が軽症で、20%が重症または重篤なケースとなります。しかし、この比率は既知の症例に対してのみ正しく、すべての感染症ではありません。実際の感染症の数はもっともっと多いのです。その結果、死亡率や罹患率は低くなります。しかし、COVID-19は非常に早く蔓延するため、短期間に相当数の重症患者や重篤な患者が現れることになります。

 

COVID-19による重症の敗血症、低酸素症、凝固障害、ARDSを発症している方では、挿管、副腎皮質ホルモンの注射、血液サラサラの治療が主流となっています。これはCOVID-19の正しい治療法ではありません。重度の低酸素状態では、細胞内の代謝の変化により、ATPがヒポキサンチンに分解され、酸素が再び導入されると、キサンチンオキシダーゼが組織を攻撃するダメージの大きいラジカルを大量に生成します。これは虚血再灌流障害と呼ばれるもので、人工呼吸器を装着した人の大半が死んでしまうのはこのためである。ミトコンドリアでは、敗血症によるコハク酸の蓄積がまったく同じことをします。酸素が再び導入されると、スーパーオキシドラジカルが作られます。挿管するとCOVID-19の人は死んでしまうのは間違いない。

 

COVID-19の末期には、重度の脂質過酸化が起こり、酸化ストレスによるダメージで体内の脂肪が「錆びる」ようになります。これが自己免疫力を高める。酸化した脂質は、免疫系にとって異物として認識され、OSE(酸化特異的エピトープ)に対する抗体を形成する。また、酸化脂質がパターン認識受容体に直接作用することで、さらに炎症が引き起こされ、自然免疫系の細胞がさらに召集され、さらに破壊的な酵素が放出される。これは狼瘡の病態生理と似ている。

 

COVID-19の病態は、極度の酸化ストレスと好中球の呼吸バーストに支配されており、次亜塩素酸によってヘム鉄がヘムから剥がされることで、ヘモグロビンが酸素を運べなくなるほどである。化学的に酸素との結合を拒否している血液には、いくら酸素を補充しても酸素を供給することはできません。

 

病態の内訳は以下の通りである。

 

SARS-CoV-2 SpikeはACE2に結合する。アンジオテンシン変換酵素2は、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)を構成する酵素である。RAASは、塩分の保持と排泄を制御することにより、体内および血流中の体液量(=浸透圧)を調節するホルモン制御系である。このタンパク質であるACE2は、循環系と接点を持つ体のあらゆる部位に偏在しており、特に血管内皮細胞や周皮細胞、脳のアストロサイト、腎尿細管やポドサイト、膵島細胞、胆管や腸の上皮細胞、精巣の半膜管など、SARS-CoV-2が感染する肺だけでなく、これらすべての部位に存在する。

 

SARS-CoV-2は、以下のようにして細胞に感染する。SARS-CoV-2 Spikeは、S1三量体が反転して伸長する構造変化を起こし、細胞表面に結合したACE2にロックオンする。そこにTMPRSS2(膜貫通型プロテアーゼ・セリン2)が現れ、スパイクの頭部を切断し、内部のS2の茎状サブユニットを露出させる。スパイクの残りの部分は構造変化を起こし、梯子を伸ばすように展開して細胞膜に埋め込まれます。その後、スパイクは自らを折り返し、ウイルス膜と細胞膜を引き寄せます。2つの膜が融合し、ウイルスのタンパク質が細胞の表面に出てくる。SARS-CoV-2のヌクレオカプシドが細胞内に入り、遺伝物質を放出してウイルスの複製プロセスを開始し、細胞の構造を乗っ取ってウイルスを増産する。


細胞内に埋め込まれたSARS-CoV-2スパイクタンパク質は、実際にヒトの細胞を融合させ、シンシクティア/MGC(多核巨細胞)を形成する。また、それ以外にも病原性のある有害な作用がある。SARS-CoV2のエンベロープタンパク質などのビロポリンは、カルシウムイオンチャネルとして作用し、感染細胞にカルシウムを導入する。このウイルスは、自然なインターフェロン反応を抑制し、結果的に炎症を遅延させる。SARS-CoV-2のNタンパク質は、NLRP3インフラマソームを直接活性化することもできる。また、Nrf2抗酸化経路を抑制する。スパイクとの結合によるACE2の抑制により、本来ならばACE2によって分解されるはずのブラジキニンが蓄積されることになる。

 

このように細胞内にカルシウムが常時流入することで、特にビタミンD欠乏症や内皮機能障害が既往にある人では、顕著な低カルシウム血症(低血中カルシウム)となる(またはそれを伴う)。ブラジキニンは、cAMP、cGMP、COX、およびホスホリパーゼCの活性をアップレギュレートする。その結果、プロスタグランジンが放出され、細胞内のカルシウムシグナルが大幅に増加し、非常に積極的な活性酸素の放出とATPの枯渇が促進される。NADPHオキシダーゼはスーパーオキシドを細胞外に放出する。スーパーオキシドラジカルは一酸化窒素と反応してペルオキシナイトライトを形成する。ペルオキシナイトライトは、内皮の一酸化窒素合成酵素が必要とするテトラヒドロビオプテリン補酵素と反応してこれを破壊し、酵素を「アンカップリング」することで、一酸化窒素合成酵素が代わりにスーパーオキシドを多く合成するようになる。これが正のフィードバックループとなり、循環系における一酸化窒素のバイオアベイラビリティーが枯渇するまで続く。

 

eNOSによって絶えず生成される溶存一酸化窒素ガスは、多くの重要な機能を果たしているが、SARS類似のコロナウイルスに対する抗ウイルス作用もある。ウイルスのスパイクタンパク質のパルミトイル化を阻止し、宿主の受容体に結合しにくくする。NOが失われることで、ウイルスは体内で堂々と複製を始めることができる。内皮機能障害のある人(高血圧、糖尿病、肥満、高齢、アフリカ系人種など)は、そもそも酸化還元平衡に問題があり、ウイルスに有利な状態になっています。

 

これらの過程で引き起こされる極端なサイトカインの放出により、体内では大量の好中球と単球由来の肺胞マクロファージが肺に召集されます。自然免疫系の細胞は、病原体に対する第一線の防御装置である。彼らは、侵入者を取り込み、SODやMPOなどの強力な酸化剤を生成する酵素で攻撃しようとする働きをする。ミエロペルオキシダーゼは、過酸化水素と塩素イオンを取り込み、次亜塩素酸を生成します。

 

好中球には巧妙な仕掛けがあります。好中球はこれらの酵素を細胞外に放出することができ、過酸化物や漂白剤を継続的に血流中に吐き出すのです。これは、好中球の細胞外トラップ形成と呼ばれ、それが病原性で逆効果になると、NETosisと呼ばれる。重症のCOVID-19では、実際にかなり重度のNETosisが見られます。

 

血液中に蓄積された次亜塩素酸がヘムの鉄分を漂白し始め、酸素結合部位を奪い合います。赤血球は酸素を運ぶ能力を失い、患者は顔が青くなります。血流中の未処理の鉄、過酸化水素、スーパーオキシドは、ハーバーワイス反応やフェントン反応を起こし、非常に反応性の高いヒドロキシルラジカルを生成し、周囲の脂肪やDNAから電子を奪って激しく酸化させます。

 

このような状態は医学的にも知られていない。実際の病名は「急性敗血症」である。

 

COVID-19でこの現象が起きていることは、この病気で死亡した人の組織にはフェロプトーシスの特徴が顕著に見られ、ニトロチロシン、4-HNE、マロンジアルデヒドなどのさまざまな酸化ストレスマーカーも見られることから分かっている。

 

このような状態の人に気管挿管を行うと、細胞に酸素を供給することでフリーラジカル爆弾を作動させることになります。私たちはアデノシン三リン酸を作るために酸素を必要としますが、酸素は脂質の過酸化を引き起こす有害なラジカルの前駆体でもあるのです。

 

COVID-19関連の重症敗血症の正しい治療法は、非侵襲的な人工呼吸、ステロイド、抗酸化剤の注入である。COVID-19のために再利用された薬剤のうち、重症のCOVID-19患者の救命に何らかの効果を示すものは、ほとんどが抗酸化剤である。N-アセチルシステイン、メラトニン、フルボキサミン、ブデソニド、ファモチジン、シメチジン、ラニチジンはすべて抗酸化剤です。インドメタシンは、アラキドン酸のイソプロスタンへの鉄分による酸化を防ぎます。アポシニンのような強力な抗酸化物質があるが、COVID-19の患者ではまだテストされていない。これらの抗酸化物質は、好中球を死滅させ、過酸化脂質を防ぎ、内皮の健康を回復させ、組織への酸素供給を回復させる可能性がある。




肺好中球減少症、ARDS、レドックス生物学について何か知っている科学者は、2020年3月以降、このことの多くを知っているか、推測していた。2020年4月、スイスの科学者はCOVID-19が血管内皮炎であることを確認しました。2020年後半には、専門家はCOVID-19がウイルス性敗血症の一種であることをすでに結論づけていた。また、敗血症は抗酸化物質で効果的に治療できることもわかっている。これらの情報はどれも特に新しいものではないが、ほとんどの場合、行動に移されていない。医師は、肺のコンプライアンスが高く、酸素化が不十分であるにもかかわらず、PEEPを高く設定して、ダメージを与える挿管法を使い続け、医療過誤で数え切れないほどの重篤な患者を殺しています。

 

無作為化比較試験は、その構造上、COVID-19に対する抗ウイルス剤の効果を示すことはありません。Remdesivirでもなく、Kaletraでもなく、HCQでもなく、Ivermectinでもない。その理由は簡単で、オックスフォード大学のおかしなRECOVERY研究のように、これらの研究に採用された患者にとって、介入はプラスの効果をもたらすには遅すぎます。

 

COVID-19の臨床経過では、ほとんどの人が低酸素症で医療機関を受診する頃には、ウイルス量はすでにほとんどゼロにまで減少しているのです。曝露後10日目で、すでに5日間症状が出ている人は、体内にはほとんどウイルスが残っておらず、細胞の損傷や狂いによって炎症性の反応が起きているだけである。抗ウイルス剤の臨床試験では、このような人たちを対象にしています。

 

これらの臨床試験では、体内にウイルスが存在せず、炎症反応が遅れているだけの重症患者に抗ウイルス剤を投与し、COVID-19の治療や予防に抗ウイルス剤は役に立たないと不条理な主張をしています。これらの臨床試験では、症状が出る前の人は募集していません。また、曝露前や曝露後の予防法もテストしていません。

 

これは、除細動器を使ってフラットラインだけにショックを与え、患者が死から蘇ることを拒否したときに、除細動器には何の医学的有用性もないと不条理に主張するようなものである。介入が遅すぎるのです。抗ウイルス剤の臨床試験では、組織的で重大な選択バイアスが見られます。これらの試験では、登録された特定のコホートに対して無益な治療が行われています。

 

インドはWHOの指示に反して、イベルメクチンの予防的使用を義務付けました。彼らはCOVID-19をほぼ完全に根絶しました。ムンバイのインド弁護士協会は、WHOのチーフサイエンティストであるSoumya Swaminathan博士がイベルメクチンの使用を推奨しなかったことを刑事告発しました。

 

イベルメクチンは「馬の駆虫剤」ではありません。イベルメクチンは「馬の駆虫剤」ではありません。動物用のペースト状の駆虫剤として販売されています。また、何十年も前から人間用にも抗寄生虫薬として錠剤で販売されています。

 

メディアは、イベルメクチンが抗寄生虫薬であることから、駆除薬としての有用性はないと軽率に主張しています。これは誤りです。イベルメクチンは抗ウイルス剤としての有用性がある。イベルメクチンはインポリンを阻害して核の輸入を防ぎ、ウイルスの細胞核へのアクセスを効果的に阻害する。現在販売されている多くの医薬品は、複数の作用機序を持っています。イベルメクチンもその一つである。イベルメクチンには、抗寄生虫作用と抗ウイルス作用があります。

 

バングラデシュでは、イベルメクチンは5日間の全コースで1.80ドルです。肝臓に毒性のあるレムデシビルは、5日間のコースで3,120円です。全く役に立たないレムデシビルが何十億ドルも納税者の金で政府に売られ、結局、炎症性亢進症のCOVID-19の治療には全く役に立たなかったのである。メディアはこの件をほとんど報道していない。

 

イベルメクチンのジェネリック医薬品の使用に反対しているのは、科学に基づいているわけではありません。純粋に金銭的、政治的な動機によるものです。ワクチンを使わない効果的な介入は、製薬業界が継続的に何十億ドルもの売上を上げている特許取得済みのワクチンや医薬品のFDA承認を急ぐことを危うくするからです。

 

一般の人々の大半は科学的な知識がなく、このようなことが何を意味するのかさえ理解できません。100人に1人の割合で、これらが実際に何を意味しているのか、かすかな手がかりを持っている人を見つけることは幸運なことでしょう。

 

COVID-19 送信。

 

COVID-19は空気感染する。WHOは中国のために、このウイルスは飛沫感染するだけだと主張していました。私たちのCDCは、ほとんどの場合、人と人との接触で感染すると馬鹿げた主張をしていたが、武漢から世界に急速に広がったことを考えると、物理的に不可能であろう。

 

誤飲による接触が主な感染経路であるという馬鹿げた考えのために、表面の消毒プロトコルが使用され、時間、エネルギー、生産性、消毒剤が無駄になっていました。



6フィートのガイドラインは全く役に立たない。エアロゾル化したウイルスから身を守るための安全な最小距離は、感染者から15フィート以上離れることであり、それ以上近づくことはできません。現実的には、安全な公共交通機関はありません。

 

サージカルマスクは、エアロゾルから身を守ることはできません。ウイルスは小さすぎて、フィルター媒体の隙間が大きすぎて、ろ過することができません。呼吸器系の飛沫をキャッチして、病気の人がウイルスを排出しないようにすることはできても、感染性のエアロゾルの雲の中に誰かが入っていった場合に、その雲をろ過することはできません。

 

このウイルスに対する最低限の防御は、文字通り、P100呼吸器、PAPR/CAPR、または40mm NATO CBRN呼吸器であり、理想的には、穴や隙間をすべてテープで塞いだ全身タイベックまたはタイケムスーツ、手袋、ブーティと組み合わせることである。

 

生きたSARS-CoV-2が下水の流れの中から検出される可能性があり、経口-糞便感染の可能性もあります。2003年のSARS発生時、アモイガーデンズ事件では、数百人の人々がアパートの床の排水口から上がってきたエアロゾル化した糞便によって感染しました。

 

COVID-19ワクチンの危険性。

 

COVID-19のワクチンは殺菌作用がなく、感染や伝播を防ぐことはできません。これは「リーキー」なワクチンです。これは、ウイルスの致死性を低下させるための進化の圧力を取り除くことを意味します。また、ワクチンを接種した人は完全なキャリアになるということでもあります。言い換えれば、ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人にとって脅威であり、その逆ではありません。

 

現在使用されているCOVID-19ワクチンは、すべて最小限のテストを受け、高度に加速された臨床試験が行われています。重症化を抑える効果があるように見えますが、これらのワクチンの長期的な安全性プロファイルは不明です。

 

これらのいわゆる「ワクチン」の中には、これまでワクチンに使用されたことのない未検証の新技術を利用したものがあります。従来のワクチンは、弱毒化したウイルスや死滅したウイルスを用いて免疫反応を促していました。モデナとファイザー・バイオンテック社のワクチンはそうではありません。これらのワクチンは、メッセンジャーRNAを含んだ脂質ナノ粒子の懸濁液を筋肉内に注射することで構成されているとされています。ワクチンを投与された患者の肩にある細胞と融合し、エンドサイトーシスを受けてmRNAを細胞内に放出し、細胞内のリボソームを利用してその場で修飾されたSARS-CoV-2スパイクタンパクを合成することで、免疫反応を引き起こす。

 

そして、これらの修飾されたスパイクタンパク質は、細胞の表面に移動し、膜貫通ドメインによって所定の位置に固定される。適応免疫系は、これらの細胞が発現している非ヒト型ウイルスタンパク質を検出し、そのタンパク質に対する抗体を形成する。これにより、適応免疫系が実際のウイルスのスパイクを認識し、それに対する抗体を作るように訓練されることで、ウイルスに対する防御機能が付与されるとされている。J&J社とアストラゼネカ社のワクチンは、脂質ナノ粒子の代わりにアデノウイルスベクターを用いて遺伝物質を運ぶという点で似ています。これらのワクチンは、胎児の細胞株であるHEK-293やPER.C6を用いて製造・検証されているが、宗教上の理由で強く反対する人もいるだろう。

 

SARS-CoV-2 Spikeは、それ自体が高い病原性を持つタンパク質である。このタンパク質を人体に導入することでもたらされる危険性は、いくら強調してもし過ぎることはない。

 

ワクチンメーカーは、ワクチンは肩の細胞内に留まり、これらの細胞がワクチンの遺伝物質から生成・発現したSARSCoV-2 Spikeは無害であり

これはスパイクの配列にプロリンが挿入されているため、スパイクがプレフュージョン構造で安定し、スパイクが活性化して他の細胞と融合するのを防ぐことができるからです。しかし、日本で行われた薬物動態学の研究によると、ファイザー社のワクチンの脂質ナノ粒子とmRNAは肩に留まらず、生殖器官や副腎を含むさまざまな器官に生物濃縮された。これらの脂質ナノ粒子は、運が悪ければアナフィラキシーを引き起こすかもしれないが、それよりもはるかに問題なのは、注射部位から離れた場所にあるさまざまな体細胞株でスパイクが無秩序に発現していることと、それがもたらす未知の結果である。



メッセンジャーRNAは通常、体内で生成された後、リボソームによってタンパク質に翻訳されてすぐに消費されます。COVID-19ワクチンのmRNAは、リボソームが翻訳するずっと前に体外で作られます。その間に、保存状態が悪ければダメージを蓄積してしまう可能性があります。損傷を受けたmRNAをリボソームが翻訳しようとすると、リボソームが停止してしまいます。そうなると、リボソームはタンパク質を翻訳することができなくなります。なぜなら、古いパンチカードリーダーの中のレースカードのように、mRNAの断片が詰まってしまうからです。そのため、リボソーム全体を掃除して、新しいリボソームを合成しなければなりません。神経細胞のようにリボソームの回転率が低い細胞では、これがタンパク質合成の低下、細胞障害、神経障害の原因となる。

 

SARS-CoV-2スパイクを含むある種のタンパク質は、基本的に「ここを切れ」と書かれた小さな点線のようなタンパク質分解切断部位を持っており、生体が持つプロテアーゼ(基本的には分子のハサミ)を引きつけて切断させることができる。S1がS2からプロテアーゼで切断され、活性のあるS1が血流中に浮遊し、S2の「茎」がタンパク質を発現した細胞の膜に埋め込まれたままになる可能性もある。

 

SARS-CoV-2のスパイクには、極度の炎症を促進する可能性のある超抗原性領域(SAg)が存在する。

 

ある研究では、抗スパイク抗体が自己抗体として機能し、自分の体の細胞を攻撃することが判明している。COVID-19ワクチンを接種した人は、血栓、心筋炎、ギラン・バレー症候群、ベル麻痺、多発性硬化症の再燃などを発症しており、このワクチンが健康な組織に対する自己免疫反応を促進することを示しています。

 

SARS-CoV-2 Spikeは、ACE2に結合するだけではない。バシジン、インテグリン、ニューロピリン-1、細菌のリポポリサッカライドにも結合する領域を持っていることが疑われた。SARS-CoV-2 Spikeは、単独でこれらのいずれかと結合し、それらのリガンドとして作用する可能性があり、特定されていない、おそらく非常に炎症性の高い細胞活動を誘発する。

 

SARS-CoV-2 Spikeには、珍しいPRRAインサートがあり、これがFurinの切断部位を形成している。フーリンはヒトに広く存在するプロテアーゼであるため、スパイクが持つ理想的な特性であり、高度なセルトロピズムを発揮する。SARS-CoV-2に関連する野生型のSARS様コロナウイルスにはこの特徴がないため、非常に疑わしく、おそらく人間が手を加えた痕跡であると考えられる。

 

SARS-CoV-2 Spikeには、感染力を高めるプリオン様ドメインが存在する。

 

スパイクS1のRBDは、ヘパリン結合タンパク質と結合し、アミロイド凝集を促進する可能性がある。ヒトでは、パーキンソン病、レビー小体型認知症、早発性アルツハイマー病など、さまざまな神経変性疾患を引き起こす可能性がある。SARS-CoV-2 S1は、血液脳関門を損傷して貫通し、脳に侵入する能力があるため、これは非常に問題である。SARS-CoV-2 S1は、血液脳関門を傷つけて貫通し、脳に侵入する能力があり、また、他の分子に対する血液脳関門の透過性を高める能力もある。

 

SARS-CoV-2は、他のベタコロナウイルスと同様に、デング熱のようなADE(抗体依存性疾患増強)を起こす可能性があります。ご存じない方のために説明しますと、ベタコロナウイルスを含むいくつかのウイルスには、ADEと呼ばれる特徴があります。また、原抗原罪と呼ばれるものがあります。これは、あるウイルスの過去に遭遇した株に基づく抗体を、新たに遭遇した株よりも好んで産生するという観察結果です。

 

ADEでは、過去に感染したウイルスの抗体が、ウイルスのタンパク質の変異によって中和できなくなります。この中和不能な抗体がトロイの木馬の役割を果たし、生きた活性ウイルスがFc受容体経路を介してマクロファージに取り込まれることで、これまで感染できなかった免疫細胞にウイルスが感染するようになる。この現象はデング熱で知られています。デング熱に感染した人が回復した後、別の株に感染すると、重症化する可能性があります。

 

SARS-CoV-2の初期株である武漢のスパイクを基にしたmRNAをワクチンとして接種した後、将来変異した株に感染した場合、重症化する可能性があるのです。つまり、ワクチンによって感作されてしまう可能性があるということです。

 

最近では、このような前例があります。サノフィ社が開発したデング熱用ワクチンDengvaxiaは、デング熱の免疫系が未熟な人に免疫感作を起こして失敗しました。

 

また、SARS-CoVを免疫したマウスに、SARS-CoV-2の近縁種であるこのウイルスを接種したところ、免疫感作、Th2免疫病理、肺への好酸球浸潤などの症状が現れた。


SARS-CoV-2のmRNAワクチンは、メッセンジャーRNAをDNAに戻すことができないため、ヒトゲノムに組み込むことができないと言われています。これは間違いです。ヒトの細胞には、LINE-1レトロトランスポゾンと呼ばれる要素があり、内因性の逆転写によってmRNAをヒトのゲノムに統合することができます。ワクチンに使われるmRNAは安定化されているため、細胞内に長く留まり、この可能性を高めているのです。SARS-CoV-2 Spikeの遺伝子が、サイレントではなく、実際にタンパク質を発現するゲノムの一部に組み込まれた場合、このワクチンを接種した人は、一生、体細胞からSARS-CoV-2 Spikeを発現し続ける可能性があるという。

 

体内でスパイクを発現させるワクチンを接種することは、病原性タンパク質を接種することになる。この毒素は、長期にわたる炎症や心臓疾患、がんのリスクを引き起こす可能性があります。さらに長期的には、神経変性疾患を引き起こす可能性もあります。

 

いかなる状況下でも、誰もがこのワクチンの接種を強制されるべきではなく、実際、このワクチン接種キャンペーンは直ちに中止されなければなりません。

 

COVID-19の犯罪的陰謀。

 

ワクチンとウイルスは同じ人が作った。

 

2014年には、2017年まで続くSARSの機能獲得研究のモラトリアムがあった。この研究は中止されなかった。むしろ外注され、連邦政府の助成金はNGOを通じてロンダリングされていました。

 

ラルフ・バリックは、ノースカロライナ州にある国連大学チャペルヒル校のウイルス学者であり、SARSの専門家でもある。アンソニー・ファウチが議会で「機能獲得型の研究が行われているとすれば、それはノースカロライナ州で行われている」と主張していたのは、この人物のことだった。

 

これは嘘でした。アンソニー・ファウチは議会で嘘をつきました。重罪です。

 

ラルフ・バリックとShi Zhengliは同僚であり、論文を共同執筆している。ラルフ・バリックは石正理の機能獲得操作技術、特に自然に発生したかのように見えるウイルスを作るシリアルパッセージを指導した。これにより、あたかも自然に発生したかのようなウイルスができあがります。言い換えれば、人目につかない生物兵器です。ヒト化したhACE2マウスに連続的に感染させることで、SARS-CoV-2のようなものができたのかもしれない。

 

武漢ウイルス研究所で行われている機能獲得研究の資金源は、ピーター・ダザックである。ピーター・ダザック氏は「EcoHealth Alliance」というNGOを運営しています。エコ・ヘルス・アライアンスは、米国国立衛生研究所/国立アレルギー感染症研究所(つまりアンソニー・ファウチ)、国防脅威削減局(米国国防総省の一部)、米国国際開発庁から数百万ドルの助成金を受けている。NIH/NIAIDは数百万ドル、DTRAとUSAIDはそれぞれ数千万ドルをこの研究のために拠出しました。合計すると1億ドル以上にもなります。

 

EcoHealth Allianceは、これらの助成金を安全性に疑問のある中国の研究所、Wuhan Institute of Virology(武漢ウイルス研究所)に下請けとして提供し、P4ラボではなく、レベル2ラボで機能向上研究を実施しました。武漢の中国人科学者は、実験動物に噛まれたり、尿をかけられたりすることが日常茶飯事だったという。なぜこのような危険で繊細な作業を、何百人もの命を奪った産業事故や大規模な爆発事故で悪名高い中華人民共和国に委託するのか、意図的にパンデミックを起こすことが目的でない限り、私には全く理解できません。

 

2019年11月、武漢ウイルス学研究所の3人の技術者が、インフルエンザのような病気と一致する症状を発症した。アンソニー・ファウチ、ピーター・ダスザック、ラルフ・バリックの3人は、この研究所と私たちの科学者や関係者の間にバックチャネルが存在するため、何が起こったのかすぐにわかった。

 

2019年12月12日、ラルフ・バリックは、モデナとNIHが共同所有するコロナウイルスmRNAのワクチン関連材料を受け取るための材料移転契約(実質的にはNDA)に署名した。中国がSARS-CoV-2として知られるようになるものの配列を送ってきたとされるのは、それからまる1カ月後の2020年1月11日のことだった。Moderna社は、この配列から48時間以内に実用的なワクチンを開発したと、なんとも馬鹿げた主張をしている。

 

現在、Moderna社のCEOであるStéphane Bancel氏は、Alain Mérieux氏が設立した医療診断技術を専門とするフランスの多国籍企業bioMérieux社のCEOであった。アラン・メリューは、武漢ウイルス研究所のP4実験室の建設に尽力した人物の1人である。


SARS-CoV-2に最も近い親戚とされる配列、RaTG13は、本物のウイルスではない。偽造されたものである。これは、SARS-CoV-2の存在を偽装するために、手書きで遺伝子配列をデータベースに入力して作られたもので、武漢ウイルス研究所で作られた機能獲得型のキメラである可能性が高く、たまたま流出したか、意図的に公表されたものである。

 

SARS-CoV-2の動物リザーバーは見つかっていない。

 

これは陰謀の「理論」ではない。これは実際の犯罪的陰謀であり、Moderna社のmRNA-1273の開発に関係する人々は、Wuhan Institute of Virologyとその機能獲得研究に直接関係しているのだ。痕跡はしっかりと残っている。

 

研究室からの漏洩説が抑えられてきたのは、その糸を引くと、Moderna、NIH、WIV、そしてワクチンとウイルスの生成の両方を結びつける十分な状況証拠があるという結論に必然的に達するからである。まともな国であれば、これはすぐに世界最大のRICOと大量殺人事件につながっただろう。アンソニー・ファウチ、ピーター・ダサック、ラルフ・バリック、シー・ジェンリー、ステファン・バンセルとその共犯者たちは起訴され、法の及ぶ範囲で起訴されていただろう。その代わりに、私たちの税金が何十億ドルも加害者に与えられました。

 

FBIは、デトロイト北部のシェルビー・タウンシップにあるAllure Medical社を家宅捜索し、「COVID-19治療法の詐欺」として保険請求を行った。彼らが使っていた治療法とは?抗酸化物質であるビタミンCの点滴である。上述のように、COVID-19による敗血症の治療法としては全く有効であり、実際、Paul E. Marik博士が提唱するMATH+プロトコルの一部となっている。

 

ラニチジン(ザンタック)はNDMA(N-ニトロソジメチルアミン)が混入しているとして、FDA(米国食品医薬品局)から禁止されました。ラニチジンは、制酸剤として使用されるH2ブロッカーであるだけでなく、ヒドロキシルラジカルを消去する強力な抗酸化作用を持っている。このことから、COVID-19の治療に有用であると考えられます。

 

FDAはまた、無害なアミノ酸サプリメントであり抗酸化剤でもあるN-アセチルシステインを棚から排除しようとし、Amazonにオンラインストアからの削除を強要した。

 

FDAは、COVID-19敗血症の治療に有用な抗酸化物質を故意に弾圧したのだろうか、という疑問が湧いてくる。

 

FDAは、人類史上最悪の犯罪者に協力し、その手助けをしており、これらの犯罪者の製品を体内に注入することを強制するために、ワクチン以外の治療法を積極的に弾圧しているのです。これは絶対に受け入れられません。

 

COVID-19 ワクチン開発とトランスヒューマニズムとの関連性。

 

このセクションでは、パンデミックとそれに対する医学・科学界の反応のより推測的な側面と、ワクチン研究に携わる科学者と、ナノテクノロジーと生きた細胞を融合させる研究を行っている科学者との間の不穏なつながりを扱います。

 

2020年6月9日、ハーバード大学で数十年の経験を持つナノテクノロジー研究者であるチャールズ・リーバーが、詐欺罪で司法省に起訴されました。チャールズ・リーバーは、米国国防総省、具体的には軍事シンクタンクのDARPA、AFOSR、ONRや、NIH、MITREから数百万ドルの助成金を受け取っていました。彼の専門は、パッチクランプ電極の代わりにシリコンナノワイヤーを使って、細胞内の活動をモニターしたり、変調させたりすることであり、ハーバード大学で過去20年間にわたって研究を続けてきたものである。彼は中国でシリコンナノワイヤー電池の研究をしていたと言われているが、同僚の誰も彼が電池技術を研究していたことを覚えていない。彼の研究はすべてバイオナノテクノロジー(ナノテクノロジーと生体細胞の融合)を扱っている。

 

起訴されたのは、武漢工業大学との共同研究が原因だった。これは、中国政府が欧米の科学者に賄賂を贈り、PLAが戦略上有利になるような独自の研究開発情報を提供させるためのプログラムである。

 

チャールズ・リーバーの論文には、シリコンナノワイヤーを使ったブレイン・コンピュータ・インターフェース、すなわち「ニューラルレース」技術についての記述がある。彼の論文には、ニューロンがシリコンナノワイヤー全体またはその一部を内挿し、ニューロンの活動を監視し、さらには調整する方法が書かれている。

 

チャールズ・リーバーは、ロバート・ランガーの同僚である。ダニエル・S・コハネと共同で、人間の心臓に埋め込んでその活動を遠隔で監視することができる人工組織の足場についての論文を執筆した。

 

MITの卒業生であり、ナノテク・ドラッグデリバリーの専門家であるロバート・ランガーは、Moderna社の共同設立者の一人である。彼の純資産は、Moderna社のmRNA-1273ワクチンの販売により、現在51億米ドルに達している。


チャールズ・リーバー氏とロバート・ランガー氏の書誌には、基本的に人間を強化する技術、つまりトランスヒューマニズムについて書かれています。世界経済フォーラムの創設者であり、いわゆる「グレート・リセット」の立役者であるクラウス・シュワブは、以前から著書の中で「生物学と機械の融合」について語っていた。

 

今回の発表以降、COVID-19ワクチンには還元型酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている可能性があることが、独立した研究者の間で注目されている。また、日本の研究者もCOVID-19ワクチンに原因不明の汚染物質を発見している。

 

酸化グラフェンは抗不安作用があります。実験用マウスの脳に注入すると、不安感が軽減されることが確認されている。実際、SARS-CoV-2スパイクが血液脳関門を損傷し、その透過性を高める性質を持っていることを考えると、グラフェンは、ナノ粒子を血流から脳内に滲み出させるために脳組織を準備するのに最適なタンパク質である。また、グラフェンは導電性が高く、場合によっては常磁性を示すこともある。

 

オバマ政権下の2013年、DARPAは「BRAIN Initiative」を立ち上げた。BRAINとは、Brain Research Through Advancing Innovative Neurotechnologies®の頭文字をとったもの。BRAINとは、Brain Research Through Advancing Innovative Neurotechnologies®の頭文字をとったもので、軍用のブレイン・コンピュータ・インターフェース技術、特に非侵襲的で、取り出したときに脳組織へのダメージが少ない注射システムの開発を目的としたプログラムである。この技術は、外傷性脳障害を負った兵士の治療や、義肢を脳で直接操作すること、さらには、心でドローンを操作するなどの新しい能力の開発に利用されると考えられています。

 

これを実現するために、オプトジェネティクス、マグネジェネティクス、超音波、埋め込み型電極、経頭蓋電磁刺激など、さまざまな方法が提案されている。いずれの場合も、神経細胞に刺激を与えたり、刺激に敏感に反応するようにしたりして、神経細胞を読み書きできるようにすることが目的である。

 

しかし、イーロン・マスク氏のNeuralinkデバイスのように、BCI技術を広く使用するという考え方は、プライバシーや個人の自律性について多くの懸念をもたらします。神経細胞からの読み取りは、それだけでも十分に問題があります。ワイヤレスのブレイン・コンピュータ・インターフェースは、現在または将来のワイヤレスGSMインフラと相互作用する可能性があり、神経学的データのセキュリティに関する懸念が生じます。ハッカーやその他の悪意のある行為者は、このようなネットワークを侵害して人々の脳データを入手し、それを悪用する可能性があります。

 

しかし、人間の神経細胞からデータを読み取るだけでなく、神経細胞にデータを書き込むことができるデバイスには、さらに深刻な倫理的問題があります。脳の視覚中枢にヘッドアップディスプレイを投影したり、聴覚皮質に音声を送ったりするなど、無害な目的で人の心の内容を変化させることができるBCIは、理論的には、気分や性格を変化させたり、あるいは人の意志を服従させて権威に完全に従わせたりすることもできるだろう。この技術は、暴君の夢のようなものだ。躊躇なく同胞を射殺する兵士や、文字通りの犬小屋で暮らすことに満足する無力な農奴を想像してみてほしい。

 

BCIは、感情や価値観といった基本的なものの認識を不正に変更するために使用され、人々の満腹感、幸福感、怒り、嫌悪感などの閾値を変えることができる。これは重要なことではありません。マズローの欲求階層に記載されているものであれば、食欲や欲求を抑えるなど、BCIによって人の行動全体を変化させることができるのです。

 

人の脳とその内容に直接アクセスできれば、どんなことでも可能です。肥満の人が食べ物を見ると嫌悪感を抱くようにすることもできる。禁欲的な人は、性欲を無効にして、そもそもセックスを望まないようにすることができます。人種差別をしている人は、他の人種との同居に喜びを感じさせることができます。暴力的な人は、おとなしく従順であることを強いられるかもしれません。専制君主であれば、これらのことは良いことだと思うかもしれませんが、普通の人にとっては、個人の自律性がここまで覆されるということに、愕然とすることでしょう。

 

富裕層にとっては、神経ひもは無類の恩恵であり、神経補綴物(すなわち「外皮細胞」)で知性を高め、BCIで強化された召使の心に直接、抗しがたい命令を伝える機会を与えてくれる。

ワクチンが、何百万人もの人々が知らないうちに、同意なしに密かにBCIを導入する方法であるとすれば、私たちが目の当たりにしているのは、この地球上でかつて見たことのないような専制的な政権の台頭であり、すべての男性、女性、子供から自由意志を奪うことを完全に意図していることになる。


欠点があるからこそ人間なのです。人々の自由意志を排除してたどり着いたユートピアは、ユートピアではない。それはモノマネの悪夢だ。さらに、私たちを支配しているのはダーク・トライアドと呼ばれるタイプの人々で、そのような力を信用することはできません。想像してみてください。裕福で強力なサイコパスに殴られたり性的暴行を受けたりしても、神経レースのおかげで主人に従う以外の選択肢がないため、笑ってやり過ごすしかないのです。

 

エリートたちは、社会的・倫理的な影響を疑問視する余地を人々に与えることなく、また、個人の主体性や自律性がこれらの装置によって上書きされないような規制の枠組みを確立することなく、この技術を推し進めている。このようなことをするのは、動物よりもひどい扱いを受け、反撃もできないような未来を密かに夢見ているからです。この邪悪な計画を許せば、私たちが知っているような人類の終わりを告げることになるでしょう。

 

結論。

 

現在のパンデミックは、アメリカの税金とフランスの専門知識を利用して、PLAとつながっている中国の生物兵器研究所で作られたウイルスを使って、体制側が作り出し、永続させたものである。

 

この研究は、人獣共通感染症を引き起こす可能性の高いウイルスを特定し、先制的にワクチンや防護策を講じるために行われたとされる「機能獲得型」の研究という、まったくもって馬鹿げた婉曲的な表現で行われた。

 

機能獲得型/脅威獲得型研究、別名「懸念される二重使用研究」(DURC)は、生物兵器研究に親しみやすい別の名前を付けたもので、実際のものと呼ぶことのタブーを避けるためのものである。これまでも生物兵器研究は行われてきました。この研究を行っている人々は、人間には感染しない野生の病原体を、より感染しやすいものに変えていることを十分に理解しており、しばしば軍事シンクタンクから助成金を受けている。

 

このような研究を行っているウイルス学者たちは、火事場泥棒の消防士のように同胞の敵です。GOFの研究は、いかなるパンデミックからも誰かを守ったことはありません。つまり、パンデミックを防ぐという意味でのGOFの有用性は、実際にはマイナスなのです。GOFは世界的に禁止されるべきであり、それを実行している狂人たちはずっと前に拘束衣を着せられるべきだったのです。

 

武漢ウイルス研究所からのリークまたは意図的なリリースにより、致命的なSARS株が世界中に蔓延している。WHOやCDC、公的機関が最初にリスクを軽視した後、意図的にパニックとロックダウンを煽り、人々の健康と生活を危険にさらしたのである。

 

このことは、私たちを支配している完全に堕落したサイコパスの貴族階級が、人々に注射された毒物を受け入れるように強要する口実として利用されました。この毒物は、人口減少剤であるか、注射式の「スマートダスト」の形をしたマインドコントロール/鎮静剤であるか、あるいはその両方であるかのいずれかです。彼らは、ワクチンを拒否するという社会的スティグマを武器にして、このようなことができると信じています。しかし、それは間違いです。

彼らの動機は、注意して見ていれば誰の目にも明らかです。これらの誇大妄想家たちは、自由世界の年金基金を強奪しました。ウォール街は債務超過に陥り、2019年末から流動性危機が続いている。今の目的は、この狂人たちにどれほどひどい強要を受けたかを理解する前に、人類を物理的、精神的、そして金融的に全面的に支配することだ。

 

パンデミックとその対応は、エリートにとって複数の目的がありました。

 

    社会に何の価値も生み出さないレンティアキャピタリストや不在所有者による経済の不当な略奪によって引き起こされた不況を隠蔽する。予想通りの「ウォール街を占拠せよ パート2」が起こる代わりに、エリートとその手下たちはテレビに出て、自分たちが卑劣な地上げ屋の略奪集団ではなく、賢くて万能の救世主であるかのように振る舞うことができた。
    中小企業を破壊し、中産階級を侵食している。
    何兆ドルもの富をアメリカ国民から奪い、億万長者や特別利益団体のポケットに入れている。
    インサイダー取引を行い、バイオ企業の株を買い、実店舗や旅行会社を空売りすることで、対面式の商売や観光を崩壊させ、電子商取引やサービス化に置き換えること。
    中国との戦争の根拠を作り、中国を攻撃するように促し、アメリカ人の命と財宝を無駄にし、核の大惨事の瀬戸際に追い込む。
    自動化が進み、失業や食糧不足に陥ることを見越して、人口抑制のための技術的・生物的セキュリティの枠組みを構築し、テクノクラティック社会主義的な「スマートシティ」を構築して、すべての人の動きを専制的に追跡する。


これらのうちのどれか1つでもあれば、西洋社会に対する悪質なレイプとなるでしょう。これらを合わせて考えると、信じられないほど、私たちが最も大切にしている価値観を完全に覆してしまうことになります。

 

これらの目的は何なのか?犯人の動機については推測するしかありませんが、いくつかの説があります。

 

エリートたちの目的は、人々の地位を向上させ、政敵やその他の「好ましくない人物」を排除し、残りの人類を束縛して、自動車の使用、観光、肉の消費など、彼らが「影響が大きい」と判断した特定の商品やサービスへのアクセスを制限することである。もちろん、封建制に似た厳格なカースト制度の一環として、彼らは自分たちだけの贅沢品を持ち続けます。

 

なぜ彼らはこんなことをするのか?単純です。エリートたちはネオ・マルサス主義者で、私たちは人口過剰であり、資源の枯渇によって数十年のうちに文明が崩壊すると信じている。この考えは必ずしも間違っているわけではありません。私たちは人口過密であり、資源を消費しすぎています。しかし、迫り来る危機に対応するために、このような陰惨で殺人的な権力の掌握を画策することは、彼らが同胞を最大限に軽蔑していることを示しています。

 

自分たちが何をしているのか理解できないまま、この醜悪な茶番劇に参加している人たちに、私たちは一つの言葉を贈りたいと思います。やめなさい」と。あなたは、あなたの国とあなたの仲間の市民に取り返しのつかない損害を与えています。

この警告を読んでいるかもしれないが、自分たちが何をしているのか、そしてそれが何百万人もの罪のない人々を不当に傷つけることになるのか、十分な知識と理解を持っている人たちに、私たちはもう2、3の言葉を贈る。

 

地獄に落ちるがいい。あなた方は、アメリカと自由世界を破壊することも、あなた方の新世界秩序を手に入れることもできません。私たちはそれを確信している。



参考文献

 

COVID-19は、ウイルス性肺炎ではなく、ウイルス性血管内皮炎である。

 

https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30937-5/fulltext

 

https://academic.oup.com/eurheartj/article/41/32/3038/5901158

 

https://www.embopress.org/doi/full/10.15252/embr.202152744

 

COVID-19は単なる呼吸器疾患ではなく、脳、心臓、肝臓、膵臓、腎臓、腸などの様々な重要な臓器に対する低酸素性および炎症性の損傷を含む多臓器不全を早める可能性があります。

 

https://www.nature.com/articles/d41586-021-01693-6

 

https://www.health.harvard.edu/blog/the-hidden-long-term-cognitive-effects-of-covid-2020100821133

 

https://www.nature.com/articles/s41422-020-0390-x

 

https://www.embopress.org/doi/full/10.15252/embj.2020106230

 

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2776538

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32921216/

 

https://www.nature.com/articles/s41575-021-00426-4

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/32553666/

 

https://www.nature.com/articles/s41467-021-23886-3

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34081912/

 

https://www.nature.com/articles/s41581-021-00452-0

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7438210/

 

https://www.nature.com/articles/s41598-021-92740-9

 

COVID-19で最も一般的な検査所見の一部: https://www.uptodate.com/contents/covid-19-clinical-features

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7426219/

 

COVID-19は、ほとんどすべての症状を呈する可能性があります。

 

https://www.nature.com/articles/s41591-020-0968-3

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmed.2020.00526/full

 

COVID-19 は、肥満、高血圧、糖尿病などの内皮機能障害を伴う疾患を持つ人でより重症化します。

 

https://www.dovepress.com/obesity-related-inflammation-and-endothelial-dysfunction-in-covid-19-ipeer-reviewed-fulltext-article-JIR

 

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2772071

 

https://mdpi-res.com/d_attachment/cells/cells-10-00933/article_deploy/cells-10-00933.pdf

 

COVID-19の大多数は軽度であり、重大な疾患を引き起こすことはありません。

 

https://www.webmd.com/lung/covid-recovery-overview#1

 

https://academic.oup.com/ofid/article/7/9/ofaa286/5875595

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33289900/

 

COVID-19 による重篤な敗血症、低酸素症、凝固障害、ARDS を発症した場合、最も一般的な治療法は、挿管、コルチコステロイドの注射、ヘパリンなどの血液希釈剤ですが、これらはしばしば有害な出血を誘発します。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7548860/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7448713/

 

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2103417

 

人工呼吸器を装着する人の大半は、COVID-19が長時間の一過性低酸素と虚血による虚血再灌流障害の生理を模倣し、有害な活性酸素種の形成に直接つながることで死亡しています。

 

https://www.journalofsurgicalresearch.com/article/S0022-4804(14)00176-0/fulltext

 

https://www.nature.com/articles/nature13909

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4625011/ https://www.atsjournals.org/doi/full/10.1164/rccm.201401-0168CP

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18974366/

 

COVID-19の終末期は、重度の脂質過酸化であり、体内の脂肪が酸化ストレスによるダメージで「錆び」始める。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7768996/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7357498/

 

https://www.liebertpub.com/doi/10.1089/ars.2021.0017

 

酸化した脂質は、免疫系にとって異物のように見え、免疫系はOSE(酸化特異的エピトープ)を認識して抗体を形成する。

 

https://ard.bmj.com/content/annrheumdis/early/2020/08/04/annrheumdis-2020-218145.full.pdf

 

https://ard.bmj.com/content/80/9/1236

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7256550/

 

https://www.hss.edu/conditions_top-ten-series-antiphospholipid-syndrome-coronavirus-covid-19.asp

 

COVID-19では、血流中の好中球の脱顆粒とNETosisが重度の酸化損傷を引き起こし、ヘモグロビンは次亜塩素酸によってヘムからヘム鉄が取り除かれるため、酸素を運ぶことができなくなります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7757048/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7436665/

 

https://www.nature.com/articles/s41418-021-00805-z

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S221249262030052X

 

SARS-CoV-2 スパイクはACE2に結合する。アンジオテンシン変換酵素2は、レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系(RAAS)の一部を構成する酵素である。RAASは、ナトリウム/カリウムの保持・排泄や血管の緊張を制御することで、体内や血流中の体液量や血圧を調節するホルモン制御系である。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK470410/

 

https://www.merckmanuals.com/home/multimedia/figure/cvs_regulating_blood_pressure_renin



このACE2というタンパク質は、循環系と接点を持つ体のあらゆる部分に遍在しており、特に血管内皮細胞や周皮細胞、脳のアストロサイト、腎尿細管やポドサイト、膵島細胞、胆管や腸の上皮細胞、精巣の半膜管などには、SARS-CoV-2が感染する可能性がある。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7167720/

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fmed.2020.594495/full

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fneur.2020.573095/full

 

SARS-CoV-2は以下のように細胞に感染する。

 

https://www.nature.com/articles/s41401-020-0485-4

 

https://www.science.org/doi/10.1126/science.abb2507

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1931312820306211

 

細胞内に埋め込まれたSARS-CoV-2のスパイクタンパク質は、実際に隣接するヒトの細胞を融合させ、シンシクティア/MGCを形成する。

 

https://www.nature.com/articles/s41418-021-00782-3

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33051876/

 

SARS-CoV-2のエンベロープタンパク質などのビロポリンは、カルシウムイオンチャネルとして作用し、感染細胞にカルシウムを導入する。

 

https://www.nature.com/articles/s41422-021-00519-4

 

https://virologyj.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12985-019-1182-0

 

このウイルスは、自然なインターフェロン反応を抑制し、結果として炎症を遅らせる。

 

https://www.nature.com/articles/s12276-021-00592-0

 

https://mdpi-res.com/d_attachment/viruses/viruses-12-01433/article_deploy/viruses-12-01433.pdf

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8310780/

 

SARS-CoV-2のNタンパク質は、NLRP3インフラマソームを直接活性化することもできる。

 

https://www.nature.com/articles/s41467-021-25015-6

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2020.01021/full

 

SARS-CoV-2は、Nrf2抗酸化経路を抑制し、体内の内因性抗酸化酵素の活性を低下させる。

 

https://www.nature.com/articles/s41467-020-18764-3

 

https://ctajournal.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13601-020-00362-7

 

https://mdpi-res.com/d_attachment/ijms/ijms-22-07963/article_deploy/ijms-22-07963.pdf

 

スパイクとの結合によるACE2の抑制により、本来ならばACE2によって分解されるはずのブラジキニンが蓄積されてしまう。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7834250/

 

https://www.the-scientist.com/news-opinion/is-a-bradykinin-storm-brewing-in-covid-19--67876

 

このように細胞内にカルシウムが絶えず流入することで、顕著な低カルシウム血症(低血中カルシウム)が生じる(またはそれを伴う)。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7292572/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8041474/

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S1871402121000059

 

ブラジキニンは、cAMP、cGMP、COX、およびホスホリパーゼCの活性をアップレギュレートする。この結果、プロスタグランジンが放出され、細胞内のカルシウムシグナルが大幅に増加し、非常に積極的な活性酸素の放出とATPの枯渇が促進されます。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S089158490700319X?via%3Dihub

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1218972/

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/2156053/

 

https://www.sciencedirect.com/topics/medicine-and-dentistry/bradykinin-b2-receptor-agonist

 

https://www.sciencedirect.com/topics/neuroscience/bradykinin

 

NADPHオキシダーゼは、スーパーオキシドを細胞外に放出する。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4556774/

 

https://www.pnas.org/content/110/21/8744

 

スーパーオキシドラジカルは、一酸化窒素と反応してペルオキシナイトライトを形成する。

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/8944624/

 

https://www.pnas.org/content/115/23/5839

 

ペルオキシナイトライトは、内皮の一酸化窒素合成酵素が必要とするテトラヒドロビオプテリン補酵素と反応してこれを破壊し、eNOS酵素を「アンカップリング」して、一酸化窒素合成酵素が代わりにスーパーオキシドを多く合成するようになる(これは、NOS活性をアップレギュレートするすべてのプロセスが、一酸化窒素の代わりにスーパーオキシドを生成することを意味する)。

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/24353182/

 

https://academic.oup.com/cardiovascres/article/73/1/8/316487

 

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/bi9016632

 

この現象は、循環系における一酸化窒素のバイオアベイラビリティが枯渇するまで正のフィードバックループで進行する。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7276137/

 

eNOSによって常時生成される溶存一酸化窒素ガスは、多くの重要な機能を果たしているが、SARS類似のコロナウイルスに対する抗ウイルス作用もあり、ウイルスのスパイクタンパク質のパルミトイル化を阻止して、宿主の受容体に結合しにくくする。

 

https://journal.chestnet.org/article/S0012-3692(20)34397-X/fulltext

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7111989/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7754882/

 

NOが失われると、ウイルスは体内で堂々と複製を始めることができる(明らかに、ウイルスには一酸化窒素を破壊するために酸化ストレスを誘発する進化上の動機がある)。



https://scitechdaily.com/nitric-oxide-a-possible-treatment-for-covid-19-only-substance-to-have-adirect-effect-on-sars-cov-2/

 

内皮機能障害のある人(高血圧、糖尿病、肥満、高齢、アフリカ系人種など)は、そもそも酸化還元平衡に問題があり、ウイルスに有利な状態になっています。

 

https://www.nature.com/articles/s41392-020-00454-7

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphys.2020.605908/full

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7430889/

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/19004510/

 

これらの過程で引き起こされる極端なサイトカインの放出により、体内では大量の好中球と単球由来の肺胞マクロファージが肺に召集されます。

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2021.652470/full https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2021.720109/full

 

自然免疫系の貪食細胞は、病原体に対する第一の防御手段である。彼らは侵入者を飲み込み、SODやMPOのような強力な酸化剤を生成する酵素で攻撃しようとすることで機能する。

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fimmu.2012.00174/full

 

https://jlb.onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1189/jlb.0809549

 

スーパーオキシドディスムターゼは、スーパーオキシドを取り込んで過酸化水素を作り、ミエロペルオキシダーゼは、過酸化水素と塩素イオンを取り込んで、次亜塩素酸を作ります。

 

https://www.sciencedirect.com/topics/neuroscience/superoxide-dismutase

 

https://www.sciencedirect.com/topics/medicine-and-dentistry/myeloperoxidase

 

重症で重篤なCOVID-19では、実際にはむしろ重篤なNETosisが見られます。

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fphar.2021.708302/full

 

https://insight.jci.org/articles/view/138999

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7184981/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7488868/

 

https://ashpublications.org/blood/article/136/10/1169/461219/Neutrophil-extracellular-trapscontribute-to

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S221249262030052X

 

血液中に蓄積された次亜塩素酸は、ヘムの鉄分を漂白し、酸素結合部位を奪い始める。赤血球は酸素を運搬する能力を失い、患者は顔が青くなります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7757048/

 

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0120737

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3863623/

 

血流中の未処理の鉄、過酸化水素、スーパーオキシドは、Haber-Weiss反応やFenton反応を起こし、非常に反応性の高いヒドロキシルラジカルを生成し、周囲の脂肪やDNAから電子を激しく奪い、それらを激しく酸化させる。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0753332221000135 https://sites.kowsarpub.com/ans/articles/60038.html

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0300483X00002316?via%3Dihub

 

https://www.sciencedirect.com/topics/chemistry/fenton-reaction

 

https://www.researchgate.net/figure/Fenton-and-Haber-Weiss-reactions-are-a-source-of-oxidativestress-The-generation-of_fig1_330729897

 

このような状態は、医学的にも知られていません。実際には、急性敗血症と呼ばれています(ただし、ショックのような従来の敗血症の特徴はありません)。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4056356/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7886971/

 

https://www.futuremedicine.com/doi/10.2217/fmb-2020-0312

 

https://www.global-sepsis-alliance.org/news/2020/4/7/update-can-covid-19-cause-sepsis-explainingthe-relationship-between-the-coronavirus-disease-and-sepsis-cvd-novel-coronavirus

 

COVID-19でこのような現象が起きていることは、この病気で死亡した人の組織にはフェロプトーシスの特徴が顕著に見られ、ニトロチロシン、4-HNE、マロンジアルデヒドなどの様々な酸化ストレスマーカーも見られることから分かっています。

 

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/full/10.1002/ehf2.12958

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7264936/

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S2213231721001300

 

https://www.researchgate.net/publication/354129433_Preliminary_Findings_on_the_Association_of_t He_Lipid_Peroxidation_Product_4-Hydroxynonenal_with the_Lethal_Outcome_of_Aggressive_COVID19

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8180845/

 

https://rupress.org/jem/article-abstract/218/6/e20210518/212093/Ferroptosis-in-infectioninflammation-and?redirectedFrom=fulltext

 

このような状態の人に挿管すると、細胞に酸素を供給することでフリーラジカル爆弾を作動させることになります。私たちはアデノシン三リン酸を作るために(つまり、生きるために)酸素を必要としますが、O2は脂質の過酸化につながるすべての有害なラジカルの前駆体でもあるからです。

 

https://www.nature.com/articles/pr2009174


重度のCOVID-19関連の敗血症に対する正しい治療法は、非侵襲的な換気、ステロイド、抗酸化剤の注入です。

 

https://covid19criticalcare.com/covid-19-protocols/math-plus-protocol/

 

https://journals.lww.com/ccmjournal/Abstract/2007/09001/Antioxidant_supplementation_in_sepsis_a nd_systemic.25.aspx

 

https://mdpi-res.com/d_attachment/medicina/medicina-56-00619/article_deploy/medicina-56-00619v2.pdf

 

COVID-19のために再利用されている薬剤のうち、重症のCOVID-19患者を救うために何らかの利益を示しているものは、ほとんどが抗酸化剤である。N-アセチルシステイン、メラトニン、フルボキサミン、ブデソニド、ファモチジン、シメチジン、ラニチジンはすべて抗酸化剤です。

 

https://www.hindawi.com/journals/omcl/2018/6581970/

 

https://www.intechopen.com/chapters/62672

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6708076/

 

https://www.karger.com/Article/Abstract/88623

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/000629529390218L?via%3Dihub

 

インドメタシンは、アラキドン酸の鉄によるイソプロスタンへの酸化を防ぎます。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/0161463079900442

 

アポシニンのような強力な抗酸化物質がありますが、まだCOVID-19の患者ではテストされていません。この抗酸化物質は、好中球を死滅させ、過酸化脂質を防ぎ、内皮の健康を回復させ、組織への酸素供給を回復させる可能性があります。

 

https://link.springer.com/article/10.1007/s10787-020-00715-5

 

肺好中球減少症、ARDS、酸化還元生物学について何か知っている科学者は、2020年3月以降、このことの多くを知っているか、推測している。

 

https://www.researchgate.net/post/NADPH_oxidase_Covid-19_Oxygen_treatment

 

2020年4月、スイスの科学者はCOVID-19が全身性血管内皮炎であることを確認しました。

 

https://www.usz.ch/en/covid-19-also-a-systemic-endotheliitis/

 

2020年後半には、専門家はCOVID-19がウイルス性敗血症の一種であることをすでに結論づけていた。

 

https://www.healthleadersmedia.com/clinical-care/expert-severe-covid-19-illness-viral-sepsis

また、敗血症は抗酸化物質で効果的に治療できることもわかっています。

 

https://jtd.amegroups.com/article/view/34870/html

 

https://www.evms.edu/about_evms/administrative_offices/marketing_communications/publications/is sue_9_4/has-sepsis-met-its-match.php

 

これらの情報はどれも特に新しいものではありませんが、ほとんどの場合、行動に移されていません。医師は、肺のコンプライアンスが高く、酸素化が不十分であるにもかかわらず、PEEPを高く設定してダメージを与える挿管技術を使い続け、医療過誤で数え切れないほどの重篤な患者を殺しているのです。

 

https://ccforum.biomedcentral.com/articles/10.1186/s13054-020-03049-4

 

https://jamanetwork.com/journals/jama/fullarticle/2765302

 

無作為化比較試験は、その構築方法から、COVID-19 に対するいかなる抗ウイルス剤もその有効性を示すことはありません。Remdesivirでもなく、Kaletraでもなく、HCQでもなく、Ivermectinでもない。その理由は簡単で、オックスフォード大学のおかしなRECOVERY研究のように、これらの研究に登録された患者にとって、介入はプラスの効果を持つには遅すぎます(つまり、これらのRCTは、抗ウイルス剤の使用が無駄になるように設計されており、したがって、これらの研究は、その性質上、欺瞞的で非倫理的です)。

 

https://www.mdpi.com/1999-4915/13/6/963/htm

 

COVID-19の臨床経過では、ほとんどの人が低酸素症で医療機関を受診する頃には、ウイルス量はすでにほとんどゼロにまで減少しています。曝露後10日目で、すでに5日間症状が出ている人の場合、体内にはほとんどウイルスが残っておらず、細胞の損傷や狂いによって炎症性の反応が起きているだけです。

 

https://www.the-hospitalist.org/hospitalist/article/234869/coronavirus-updates/state-inpatient-covid19-care

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0753332220306867

 

抗ウイルス剤の臨床試験では、ほぼこのグループのみを対象としています(つまり、予防・早期治療の試験ではなく、すでに入院している人の平均入院期間の変化のみを対象としています)。

 

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/nejmoa2023184

 

https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2022926

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/34318930/

 

インドはWHOの指示に反して、イベルメクチンの予防的使用を義務付けました。彼らはCOVID-19をほぼ完全に根絶しました: https://wentworthreport.com/2021/09/11/ivermectin-wins-in-india/

 

https://ivmmeta.com

 

ムンバイのインド弁護士協会は、WHOのチーフサイエンティストであるSoumya Swaminathan博士を、Ivermectinの使用を推奨したとして刑事告発した。

 

https://indianbarassociation.in/wp-content/uploads/2021/05/IBA-PRESS-RELEASE-MAY-26-2021.pdf



 

イベルメクチンは「馬の駆虫薬」ではありません。イベルメクチンは、動物用のペースト状の駆虫剤として販売されています。また、人間用にも数十年前から抗寄生虫薬として錠剤で販売されています。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3043740/

 

メディアは、イベルメクチンが抗寄生虫薬であることから、抗ウイルス剤としての有用性はないと軽率に主張しています。これは誤りです。イベルメクチンは、抗ウイルス剤としての有用性があります。イベルメクチンはインポリンを阻害して核の輸入を防ぎ、ウイルスの細胞核へのアクセスを効果的に阻害する。現在販売されている多くの医薬品は、複数の作用機序を持っています。イベルメクチンもその一つである。イベルメクチンはその一つで、抗寄生虫作用と抗ウイルス作用を併せ持つ。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0166354219307211?via%3Dihub

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7539925/

 

バングラデシュでは、イベルメクチンは5日間のコース全体で1.80ドルです。

 

https://journals.lww.com/americantherapeutics/fulltext/2021/08000/ivermectin_for_prevention_and_t reatment_of.7.aspx

 

肝臓に毒性のあるレムデシビルは、5日間のコースで3,120円。

 

https://www.npr.org/sections/health-shots/2020/06/29/884648842/remdesivir-priced-at-more-than-3100-for-a-course-of-treatment

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7386240/

 

何十億ドルもの全く役に立たないレムデシビルが納税者の金で我々の政府に売られたが、結局、炎症性亢進症のCOVID-19の治療には全く役に立たなかった。

 

https://www.fiercepharma.com/pharma/gilead-s-1-5b-remdesivir-sales-help-buoy-greater-thanexpected-declines-for-mainstay-hiv

 

https://www.forbes.com/sites/jvchamary/2021/01/31/remdesivir-covidcoronavirus/?sh=7e6034e666c2

 

COVID-19は空気感染する。WHOは、このウイルスは飛沫感染するだけだと主張して、中国に水を差した。我々のCDCは無茶苦茶なことに、ほとんどが人と人との接触で感染すると主張したが、武漢から世界の他の地域への急速な広がりを考えると、物理的に不可能だっただろう。https://www.thelancet.com/article/S0140-6736(21)00869-2/fulltext

 

https://www.pennmedicine.org/updates/blogs/penn-physician-blog/2020/august/airborne-dropletdebate-article

 

対面感染が主要な感染経路であるという馬鹿げた信念により、時間、エネルギー、生産性、消毒剤を無駄にする表面消毒プロトコルが使用されていました。

 

https://www.nature.com/articles/d41586-021-00251-4

 

6フィートのガイドラインは全く役に立たない。エアロゾル化したウイルスから身を守るための安全な最小距離は、感染者から15フィート以上離れることであり、それ以上近づくことはできません。現実的には、どの公共交通機関も安全ではありません。

 

https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.08.03.20167395v1

 

https://khn.org/news/fact-check-airborne-transmission-coronavirus-science-behind-aerosol-spread/

 

サージカルマスクでは、エアロゾルから身を守ることはできません。ウイルスが小さすぎて、フィルター媒体の隙間が大きすぎて、ろ過できないのです。呼吸器系の飛沫をキャッチして、病気の人がウイルスを排出しないようにすることはできても、感染性のエアロゾルの雲の中に誰かが入っていった場合に、その雲をろ過することはできません。

 

https://ajicjournal.org/retrieve/pii/S0196655305801439

 

このウイルスに対する最低限の防護策は、文字通りP100呼吸器、PAPR/CAPR、または40mm NATO CBRN呼吸器で、理想的には全身タイベックまたはタイケムスーツ、手袋、ブーティと組み合わせ、すべての穴や隙間をテープで塞ぐことです(いざという時には、サージカルマスクを改良したり、ろ過性を高めるために特定の方法で着用することができます)。

 

https://www.epa.gov/sciencematters/epa-researchers-test-effectiveness-face-masks-disinfectionmethods-against-covid-19

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7409952/

 

https://www.mopec.com/coronavirus-protection-made-easy-with-the-maxair-capr/

 

生きた SARS-CoV-2 が下水の流出水から検出される可能性があり、経口-糞便感染があるかもしれません。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0048969720325936

 

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0249568

 

https://www.nature.com/articles/s41587-020-0684-z

 

2003年のSARS発生時、アモイガーデンの事件では、何百人もの人々が、アパートの床の排水溝から上昇してきたエアロゾル化した糞便によって感染しました(SARSとの類似性から、COVID-19も同じように広がるのではないかという正当な懸念があります)。

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/16696450/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC539564/

 

https://www.neha.org/sites/default/files/jeh/JEH5.06-Feature-Environmental-Transmission-of-SARS.pdf

 

https://www.cleanlink.com/news/article/COVID-19-Could-Spread-Through-Dry-Floor-Drains--25600


COVID-19のワクチンは、殺菌作用はなく、感染や伝播を防ぐことはできません。このワクチンは「リーキー」ワクチンです。これは、ウイルスの致死率を下げるための進化上の圧力を取り除くことを意味する。また、ワクチンを接種した人は完全なキャリアになるということでもある。言い換えれば、ワクチンを接種した人は、ワクチンを接種していない人にとって脅威であり、その逆ではありません。

 

https://www.healthline.com/health-news/leaky-vaccines-can-produce-stronger-versions-of-viruses072715

 

https://www.realclearscience.com/articles/2021/08/23/lets_stop_pretending_about_the_covid19_vaccines_791050.html

 

https://www.cdc.gov/media/releases/2021/s0730-mmwr-covid-19.html

 

https://www.businessinsider.com/cdc-fully-vaccinated-new-guidelines-wear-masks-indoors-delta-20217?utm_source=yahoo.com&utm_medium=referral

 

現在使用されているCOVID-19ワクチンはすべて、高度に加速された臨床試験を経て、最小限のテストが行われています。重症化を抑えることができるようですが、これらのワクチンの長期的な安全性プロファイルはまだ不明です。

 

https://www.jdsupra.com/legalnews/accelerated-covid-19-vaccine-clinical-95853/

 

https://www.nebraskamed.com/COVID/were-the-covid-19-vaccines-rushed

 

これらのいわゆる「ワクチン」の中には、これまでワクチンに使われたことのない未検証の新技術を利用したものがあります。従来のワクチンは、弱毒化したウイルスや死滅したウイルスを用いて免疫反応を刺激していました。モデナやファイザー・バイオンテックのワクチンはそうではありません。これらのワクチンは、メッセンジャーRNAで満たされた脂質ナノ粒子の懸濁液を筋肉内に注射するものとされています。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC5439223/

 

https://cen.acs.org/pharmaceuticals/drug-delivery/Without-lipid-shells-mRNA-vaccines/99/i8

 

https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/vaccines/different-vaccines/mrna.html

 

https://medlineplus.gov/genetics/understanding/therapy/mrnavaccines/

 

ワクチンを受けた人の肩にある細胞と融合し、エンドサイトーシスを経て、mRNAを細胞内に放出し、細胞内のリボソームを利用して、その場で修飾されたSARS-CoV-2スパイクタンパク質を合成することで、免疫反応を引き起こす。

 

https://www.nature.com/articles/s41586-020-2622-0

 

https://coronavirus.dc.gov/sites/default/files/dc/sites/coronavirus/page_content/attachments/Cartoon %20Explainer%20How%20the%20Moderna%20and%20Pfizer%20Vaccines%20Work.pdf

 

これらのワクチンは、胎児の細胞株HEK-293とPER.C6を用いて製造または検証されていますが、特定の宗教的信念を持つ人々はこれに強く反対するかもしれません。

 

https://www.health.nd.gov/sites/www/files/documents/COVID%20Vaccine%20Page/COVID19_Vaccine_Fetal_Cell_Handout.pdf

 

https://cmda.org/the-ethics-of-the-sars-cov-2-vaccines-revisited/

 

SARS-CoV-2 Spikeは、それ自体が非常に病原性の高いタンパク質である。このタンパク質を人体に導入することでもたらされる危険性は、いくら強調してもし過ぎることはありません。

 

https://mcusercontent.com/22e41db63deaf4a84be439c0f/files/6a33980b-683f-4ee4-67d4cc98dc7fcd37/20210601_Guide_to_COVID_19_vaccines_for_parents.pdf

 

https://rightsfreedoms.wordpress.com/2021/06/16/researcher-we-made-a-big-mistake-on-covid-19vaccine/

 

ワクチンメーカーは、ワクチンは肩の細胞内に留まり、これらの細胞がワクチンの遺伝物質から生成・発現したSARSCoV-2 Spikeは無害であり

これはスパイクの配列にプロリンが挿入されているため、スパイクがプレフュージョン構造で安定し、スパイクが活性化して他の細胞と融合するのを防ぐことができるからです。

 

https://www.nature.com/articles/s41467-020-20321-x

 

https://cen.acs.org/pharmaceuticals/vaccines/tiny-tweak-behind-COVID-19/98/i38

 

しかし、日本で行われた薬物動態学の研究によると、ファイザー社のワクチンの脂質ナノ粒子とmRNAは肩に留まらず、生殖器官や副腎を含む様々な器官に生物濃縮されることが明らかになった。

 

https://files.catbox.moe/0vwcmj.pdf

 

これらの脂質ナノ粒子は、運悪くアナフィラキシーを引き起こす可能性があります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC8441754/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7862013/

メッセンジャーRNAは通常、体内で生成された後、リボソームによってタンパク質に翻訳されてすぐに消費される。COVID-19ワクチンのmRNAは、リボソームが翻訳するずっと前に、体外で作られます。その間に、保存状態が悪ければダメージを蓄積してしまう可能性があります。損傷を受けたmRNAをリボソームが翻訳しようとすると、リボソームが停止してしまうことがあります。

 

https://elifesciences.org/articles/61984

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fgene.2018.00431/full


SARS-CoV-2 Spikeを含むある種のタンパク質には、「ここで切れ」という小さな点線のようなタンパク質分解切断部位があり、生体内のプロテアーゼ(本質的には分子のハサミ)を引きつけて切断させる。S1がS2からタンパク質分解により切断され、活性化したS1が血流中に浮遊し、S2の「茎」がタンパク質を発現した細胞の膜に埋め込まれたままになる可能性があるという。

 

https://academic.oup.com/cid/advance-article/doi/10.1093/cid/ciab465/6279075

 

https://www.nature.com/articles/s41564-021-00908-w

 

https://www.life-science-alliance.org/content/3/9/e202000786

 

SARS-CoV-2 Spikeには超抗原性領域(SAg)があり、極度の炎症を促進する可能性がある。

 

https://www.pnas.org/content/117/41/25254

 

https://www.nature.com/articles/s41577-021-00502-5

 

抗スパイク抗体は、ある研究では、自己抗体として機能し、自分の体の細胞を攻撃することがわかった。

 

https://www.researchsquare.com/article/rs-612103/v2

 

COVID-19ワクチンを接種した人は、血栓、心筋炎、ギラン・バレー症候群、ベル麻痺、多発性硬化症の再燃などを発症しており、このワクチンが健康な組織に対する自己免疫反応を促進することを示しています。

 

https://drrichswier.com/2021/09/18/summary-covid-19-vaccine-concerns/

 

https://www.fda.gov/news-events/press-announcements/coronavirus-covid-19-update-july-13-2021

 

https://www.medpagetoday.com/infectiousdisease/covid19vaccine/94061?xid=nl_mpt_DHE_2021-0817

 

SARS-CoV-2 Spikeは、ACE2に結合するだけではない。バシジン、インテグリン、ニューロピリン-1、細菌のリポポリサッカライドにも結合する領域があることが疑われた。

 

https://www.nature.com/articles/s41564-021-00958-0 https://www.mdpi.com/1422-0067/22/3/992/pdf

 

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acschemneuro.0c00619

 

https://www.science.org/doi/full/10.1126/science.abd3072

 

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0253347

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7799037/

 

SARS-CoV-2 Spikeは、それ自体でこれらのいずれかと結合し、それらのリガンドとして機能する可能性があり、不特定かつおそらく高度な炎症性の細胞活動を誘発する。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7827936/

 

 

SARS-CoV-2 Spikeには、珍しいPRRAインサートがあり、これがFurinの切断部位を形成している。フーリンはヒトに普遍的に存在するプロテアーゼであるため、スパイクが持つ理想的な特性であり、高度なセルトロピズムを発揮する。SARS-CoV-2に関連する野生型のSARS様コロナウイルスにはこの特徴がないため、非常に疑わしく、おそらく人間が手を加えた痕跡であると考えられる。

 

https://journals.asm.org/doi/full/10.1128/JVI.01751-20

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7457603/

 

https://yurideigin.medium.com/lab-made-cov2-genealogy-through-the-lens-of-gain-of-functionresearch-f96dd7413748

 

SARS-CoV-2 Spikeは、感染力を高めるプリオン様ドメインを持っている。

 

https://www.preprints.org/manuscript/202003.0422/v1

 

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0023664

 

スパイクS1のRBDは、ヘパリン結合タンパク質と結合し、アミロイド凝集を促進する可能性がある。ヒトでは、パーキンソン病、レビー小体型認知症、早発性アルツハイマー病、その他様々な神経変性疾患を引き起こす可能性があります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7988450/

 

SARS-CoV-2 S1は、血液脳関門を通過して脳に侵入する能力があるため、これは非常に気になることです。SARS-CoV-2 S1は、血液脳関門を直接傷つけ、破壊することで、自分自身や他の分子に対する血液脳関門の透過性を高めることができるのです。

 

https://www.nature.com/articles/s41593-020-00771-8

 

https://www.nature.com/articles/s41392-021-00719-9

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33053430/

 

SARS-CoV-2は、他のベタコロナウイルスと同様に、デング熱のようなADE(抗体依存性疾患増強)を起こす可能性があります。

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7943455/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7454712/

 

https://www.journalofinfection.com/article/S0163-4453(21)00392-3/fulltext

 

https://sharylattkisson.com/2021/08/study-why-so-many-vaccinated-people-are-getting-sick/

 

https://www.nature.com/articles/s41564-020-00789-5

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1201971220307311

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31826992/

 

https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2021.08.22.457114v1

 

オリジナル抗原罪というものがあります。これは、体が、新しく遭遇したウイルスよりも、以前に遭遇した株に基づく抗体を好んで作るという観察結果です。

 

https://www.jimmunol.org/content/202/2/335

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Original_antigenic_sin


ADEでは、過去に感染した際の抗体が、ウイルスのタンパク質の変異によって中和されなくなる。この中和不能な抗体がトロイの木馬の役割を果たし、生きた活性ウイルスがFc受容体の経路を介してマクロファージに取り込まれるのです。

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Antibody-dependent_enhancement

 

https://www.cdc.gov/dengue/training/cme/ccm/page57857.html

 

ワクチンによって誰かが病気に感作される可能性があります。最近の歴史では、このような前例があります。サノフィ社のデング熱用ワクチンDengvaxiaは、免疫システムがデング熱に対応していない人々に免疫感作を引き起こしたため、失敗に終わりました。

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fcimb.2020.572681/full

 

https://news.unchealthcare.org/2021/06/scientists-discover-how-dengue-vaccine-fails-to-protectagainst-disease/

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3739535/ https://www.scientificamerican.com/article/how-the-worlds-first-dengue-vaccination-drive-ended-indisaster/

 

SARS-CoVを免疫したマウスに、SARS-CoV-2の近縁種であるこのウイルスを接種したところ、免疫感作、Th2免疫病理、肺への好酸球浸潤が生じた。

 

https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0035421

 

SARS-CoV-2のmRNAワクチンは、メッセンジャーRNAをDNAに戻すことができないため、ヒトゲノムに組み込むことができないと言われています。これは誤りです。ヒトの細胞にはLINE-1レトロトランスポゾンと呼ばれる要素があり、内因性の逆転写によってmRNAを実際にヒトのゲノムに組み込むことができます。

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33330870/

 

https://rightsfreedoms.wordpress.com/2021/08/13/mit-harvard-study-suggests-mrna-vaccine-mightpermanently-alter-dna-after-all/

 

https://home.solari.com/deep-state-tactics-101-the-covid-injection-fraud-its-not-a-vaccine/

 

ワクチンとウイルスは同じ人が作ったものです。2014年、SARSの機能獲得研究のモラトリアムが2017年まで続いた。

 

https://www.phe.gov/s3/dualuse/documents/gain-of-function.pdf

 

https://www.scientificamerican.com/article/u-s-lifts-moratorium-on-funding-controversial-high-riskvirus-research/

 

https://www.nih.gov/about-nih/who-we-are/nih-director/statements/nih-lifts-funding-pause-gainfunction-research

 

ラルフ・バリックは、ノースカロライナ州にあるUNCチャペルヒルのウイルス学者であり、SARSの専門家である。アンソニー・ファウチが議会で、機能獲得型研究が行われているとすれば、それはノースカロライナ州で行われていると主張したときに言及していた人物である。

 

https://sph.unc.edu/adv_profile/ralph-s-baric-phd/

 

https://alumni.unc.edu/news/ralph-baric-on-the-front-lines-of-coronavirus-for-three-decades/

 

Ralph Baric氏とShi Zhengli氏は同僚であり、共同で論文を執筆しています。

 

https://www.nature.com/articles/nm.3985/

 

ラルフ・バリックは、石正理の機能獲得操作の技術を指導した。特に、自然に発生したかのように見えるウイルスを作るシリアル・パスの技術を指導した。これにより、あたかも自然に発生したかのようなウイルスができあがります。つまり、偽装可能な生物兵器です。ヒト化したhACE2マウスでの連続継代により、SARS-CoV-2のようなものが作られた可能性がある。https://www.technologyreview.com/2021/06/29/1027290/gain-of-function-risky-bat-virus-engineeringlinks-america-to-wuhan/

 

https://usrtk.org/biohazards-blog/ralph-baric-emails/

 

https://www.paul.senate.gov/newsweek-op-ed-congress-must-pursue-answers-about-origin-covid-19

 

https://nymag.com/intelligencer/article/coronavirus-lab-escape-theory.html

 

武漢ウイルス研究所で行われている機能獲得研究の資金は、Peter Daszak氏が提供している。Peter Daszak氏はEcoHealth AllianceというNGOを運営しています。

 

https://peterdaszak.com/

 

https://peterdaszak.com/interceptdocs.pdf

 

https://theintercept.com/2021/09/09/covid-origins-gain-of-function-research/

 

https://nationalfile.com/bombshell-fauci-kept-funding-peter-daszaks-wuhan-gain-of-functionexperiments-with-7-5-million-after-trump-canceled-grant/

 

EcoHealth Allianceは、米国国立衛生研究所/国立アレルギー感染症研究所(アンソニー・ファウチ)から数百万ドルの助成金を受けています。

米国国立衛生研究所/国立アレルギー感染症研究所(アンソニー・ファウチ)、国防脅威削減局(米国国防総省の一部)、米国国際開発庁から数百万ドルの助成金を受けています。

米国国防総省の一部である国防脅威削減局(Defense Threat Reduction Agency)、米国国際開発庁(United States Agency for International Development)から数百万ドルの助成金を受けています。NIH/NIAIDは数百万ドル、DTRAとUSAIDはそれぞれ数千万ドルをこの研究のために拠出しました。合計すると1億ドル以上になりました。

 

https://www.independentsciencenews.org/wp-content/uploads/2020/12/EcoHealth-Funding-as-of01_10_2020-Fed.-Grants-Contracts.pdf

 

エコ・ヘルス・アライアンスは、これらの助成金を、安全性に疑問のある中国の研究所、Wuhan Institute of Virology(武漢ウイルス学研究所)に下請けとして提供し、機能向上研究を実施させました。


https://www.algora.com/Algora_blog/2021/09/22/ecohealth-alliance-darpa-toyed-with-infecting-wildchinese-bats-with-covid-leaked-docs-allege

 

https://nypost.com/2021/07/01/pentagon-gave-millions-to-ecohealth-alliance-for-wuhan-lab/

 

https://www.judicialwatch.org/press-releases/wuhan-lab-fauci-grants/

 

https://www.judicialwatch.org/documents/jw-v-nih-wuhan-june-2021-00696/

 

https://scholar.harvard.edu/files/kleelerner/files/20200414_wapo_-

_state_department_cables_warned_of_safety_issues_at_wuhan_lab_studying_bat_coronaviruses_-

_the_washington_post.pdf https://www.businessinsider.com/us-officials-raised-alarms-about-safety-issues-in-wuhan-lab-report2020-4?op=1

 

武漢の中国人科学者は、日常的に実験動物に噛まれたり、排尿されたりしていると報告している。

 

https://img-prod.tgcom24.mediaset.it/images/2020/02/16/114720192-5eb8307f-017c-4075-a697348628da0204.pdf

 

https://web.archive.org/web/20200214144447/https:/www.researchgate.net/publication/339070128_ The_possible_origins_of_2019-nCoV_coronavirus

 

2019年11月、武漢ウイルス学研究所の3人の技術者が、インフルエンザのような病気と一致する症状を発症しました。

 

https://www.webmd.com/lung/news/20210524/wuhan-lab-researchers-illness

 

https://thehill.com/policy/healthcare/556815-fauci-calls-on-china-to-release-medical-records-ofwuhan-researchers

 

2019年12月12日、Ralph BaricがModernaとNIHが共同所有するコロナウイルスmRNAのワクチン関連材料を受け取るためのMaterial Transfer Agreement(実質的にはNDA)に署名。

 

https://rightsfreedoms.wordpress.com/2021/06/26/confidential-documents-reveal-moderna-sentmrna-coronavirus-vaccine-candidate-to-university-researchers-weeks-before-emergence-of-covid-19/

 

https://s3.documentcloud.org/documents/6935295/NIH-Moderna-Confidential-Agreements.pdf

 

中国がSARS-CoV-2として知られるようになるものの配列を送ってきたとされるのは、それからまる1ヶ月後の2020年1月11日のことだった。

 

https://www.cidrap.umn.edu/news-perspective/2020/01/china-releases-genetic-data-new-coronavirusnow-deadly

 

https://www.sciencedaily.com/releases/2020/01/200131114748.htm

 

Moderna社は、この配列から48時間以内に実用的なワクチンを開発したと、かなり不条理な主張をしています。

 

https://www.businessinsider.com/moderna-designed-coronavirus-vaccine-in-2-days-2020-11

 

https://globalnews.ca/news/7492076/moderna-coronavirus-vaccine-technology-how-it-works/

 

https://nymag.com/intelligencer/2020/12/moderna-covid-19-vaccine-design.html

 

現在、Moderna社のCEOであるStéphane Bancel氏は、Alain Mérieux氏が設立した医療診断技術を専門とするフランスの多国籍企業bioMérieux社のCEOを務めていました。https://www.biomerieux.com/en/board-directors-biomerieux-chaired-alain-merieux-has-appointedstephane-bancel-directeur-general

 

https://en.wikipedia.org/wiki/St%C3%A9phane_Bancel

 

https://www.himss.org/global-conference/speaker-stephane-bancel

 

アラン・メリューは、武漢ウイルス研究所のP4ラボの建設に尽力した人物の一人である。

 

https://www.fondation-merieux.org/en/news/alain-merieux-receives-the-prestigious-chinese-reformfriendship-award/

 

https://medicalxpress.com/news/2020-04-wuhan-lab-core-virus-controversy.html

 

http://english.whiov.cas.cn/ne/201712/t20171212_187624.html

 

https://web.archive.org/web/20210921133410/http://english.whiov.cas.cn/ne/201712/t20171212_187 624.html

 

SARS-CoV-2に最も近い親戚とされているRaTG13という配列は、本物のウイルスではない。偽造されたものである。

 

https://nerdhaspower.weebly.com/ratg13-is-fake.html

 

https://gnews.org/192144/

 

https://www.peakprosperity.com/forum-topic/scientific-history-of-ratg13/

 

SARS-CoV-2の動物リザーバーは見つかっていない。

 

https://www.technologyreview.com/2021/03/26/1021263/bat-covid-coronavirus-cause-origin-wuhan/

 

https://www.who.int/news-room/feature-stories/detail/how-who-is-working-to-track-down-theanimal-reservoir-of-the-sars-cov-2-virus

 

FBIは、デトロイト北部のシェルビー・タウンシップにあるアリュール・メディカル社を、「不正なCOVID-19治療法」として保険請求したとして家宅捜索しました。彼らが使っていた治療法は?抗酸化物質であるビタミンCの点滴です。上述のように、COVID-19による敗血症の治療法としては全く有効であり、実際、ポール・E・マリク博士が提唱するMATH+プロトコルの一部となっている。

 

https://www.freep.com/story/news/local/michigan/macomb/2020/04/28/allure-medical-spa-shelbycovid-vitamin-c/3038801001/

 

https://www.detroitnews.com/story/news/local/macomb-county/2020/05/15/doctor-got-loan-whilepeddling-phony-covid-19-cure-feds-say/5197315002/

 

https://covid19criticalcare.com/covid-19-protocols/math-plus-protocol/ https://covid19criticalcare.com/wp-content/uploads/2021/01/FLCCC-Alliance-MATHplus-ProtocolENGLISH.pdf

 

https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/31978969/

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0883944119316107?via%3Dihub




https://www.npr.org/sections/health-shots/2019/10/01/766029397/mixed-results-for-a-test-ofvitamin-c-for-sepsis

 

https://www.nutraingredients.com/Article/2020/01/28/Ethically-and-morally-unacceptable-Reactionto-vitamin-C-for-sepsis-trial

 

FDAはNDMA(N-ニトロソジメチルアミン)の混入を想定し、ラニチジン(ザンタック)を禁止しました。

 

https://www.fda.gov/drugs/drug-safety-and-availability/fda-updates-and-press-announcements-ndmazantac-ranitidine

 

https://www.raps.org/news-and-articles/news-articles/2021/6/fda-studies-no-post-ingestion-ndmafrom-ranitidine

 

ラニチジンは、制酸剤として使用されるH2ブロッカーであるだけでなく、ヒドロキシルラジカルを消去する強力な抗酸化作用を有する。このため、COVID-19の治療にも有用である。

 

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/j.1472-8206.2009.00810.x

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1347861319342203

 

FDAはまた、無害なアミノ酸サプリメントであり抗酸化剤でもあるN-アセチルシステインを棚から排除しようとし、Amazonにオンラインストアからの削除を強要しました。

 

https://www.fda.gov/inspections-compliance-enforcement-and-criminal-investigations/warningletters/les-labs-593764-07232020

 

https://www.naturalproductsinsider.com/regulatory/us-senator-npa-press-fda-nac-supplements

 

https://www.nutraingredients-usa.com/Article/2021/05/11/CRN-This-is-not-the-final-word-on-NAC

 

https://www.naturalproductsinsider.com/regulatory/amazon-confirms-plans-removing-nacsupplements

 

2020年6月9日、数十年の経験を持つハーバード大学のナノテクノロジー研究者であるチャールズ・リーバーが、詐欺罪で司法省に起訴されました。

 

https://www.justice.gov/opa/pr/harvard-university-professor-and-two-chinese-nationals-chargedthree-separate-china-related

チャールズ・リーバーは、米国国防総省、具体的には軍事シンクタンクのDARPA、AFOSR、ONRや、NIH、MITREから数百万ドルの助成金を受け取っていた。

 

http://cml.harvard.edu/resources/research-sponsors

 

彼の専門は、パッチクランプ電極の代わりにシリコンナノワイヤーを使用して、細胞内の活動をモニターしたり調節したりすることであり、ハーバード大学で過去20年間にわたって研究してきました。

 

https://www.harvardmagazine.com/2011/01/virus-sized-transistors

 

彼は中国でシリコンナノワイヤー電池の研究をしていたと言われていますが、彼の同僚は誰も彼がこれまでに電池技術を研究したことを覚えていません。

 

https://www.science.org/news/2020/02/why-did-chinese-university-hire-charles-lieber-do-batteryresearch

 

https://news.harvard.edu/gazette/story/2012/01/reading-lifes-building-blocks/

 

https://news.harvard.edu/gazette/story/2019/07/harvard-researchers-present-nanowire-devicesupdate/

 

起訴されたのは、武漢工業大学との共同研究についてでした。これは、中国政府が欧米の科学者に賄賂を贈り、PLAが戦略上有利になるような独自の研究開発情報を共有させるためのプログラムです(このリスクは非常に長い間知られていました)。

 

https://www.justice.gov/usao-ma/pr/harvard-university-professor-indicted-false-statement-charges

 

https://www.nytimes.com/2020/02/06/us/chinas-lavish-funds-lured-us-scientists-what-did-it-get-inreturn.html

 

https://www.nature.com/articles/d41586-020-00291-2

 

https://www.hsgac.senate.gov/imo/media/doc/2019-11-18%20PSI%20Staff%20Report%20%20China's%20Talent%20Recruitment%20Plans.pdf

 

https://www.research.psu.edu/sites/default/files/FBI_Risks_To_Academia.pdf

 

https://www.chinacenter.net/2020/china_currents/19-3/scholars-or-spies-u-s-china-tension-inacademic-collaboration/

 

https://www.drdavidzweig.com/wp-content/uploads/2020/05/Zweig-Kang-TTP.pdf

 

チャールズ・リーバー氏の論文には、シリコンナノワイヤーをブレインコンピュータインターフェース、つまり「ニューラルレース」技術に利用することが書かれています。彼の論文では、ニューロンがシリコンナノワイヤー全体またはその一部を内在化させ、ニューロンの活動を監視し、さらには調節することができることが述べられています。http://cml.harvard.edu/assets/Nanowire-probes-could-drive-high-resolution-brain-machineinterfaces.pdf

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6531316/

 

https://spectrum.ieee.org/human-cells-eat-nanowires

 

チャールズ・リーバーは、ロバート・ランガーの同僚でした。ダニエル・S・コハネと共同で、人間の心臓に埋め込んでその活動を遠隔地から監視することができる人工組織の足場についての論文を執筆しました。

 

https://www.bostonherald.com/2012/08/29/theyve-got-the-beat-2/

 

https://cml.harvard.edu/assets/Cyborg-tissues_-Merging-engineered-human-tissues-with-biocompatible-nanoscale-wires.pdf

 

MITの卒業生であり、ナノテク・ドラッグデリバリーの専門家であるロバート・ランガーは、Modernaの共同設立者の一人です。


https://www.modernatx.com/modernas-board-directors

 

彼の純資産は、Moderna社のmRNA-1273ワクチンの販売により、現在51億米ドルに達しています。

 

https://www.forbes.com/sites/giacomotognini/2020/11/12/mit-scientist-bob-langer-becomes-abillionaire-thanks-to-moderna-stock-rally/?sh=41c3819a3a90

 

https://www.ceotodaymagazine.com/2020/11/modernas-stock-rally-makes-bob-langer-a-billionaire/

 

チャールズ・リーバーとロバート・ランガーの文献には、基本的に人間を強化するための技術、つまりトランスヒューマニズムについて書かれています。

 

http://cml.harvard.edu/

 

https://langerlab.mit.edu/

 

世界経済フォーラムの創設者であり、いわゆる「グレート・リセット」の立役者であるクラウス・シュワブは、長年にわたり自身の著書の中で「生物学と機械の融合」について語ってきました。

 

https://invesbrain.com/klaus-schwab-great-reset-will-lead-to-fusion-of-our-physical-digital-biologicalidentity/

 

https://www.penguinrandomhouse.com/books/598250/shaping-the-future-of-the-fourth-industrialrevolution-by-klaus-schwab-founder-and-executive-chairman-world-economic-forum-with-nicholasdavis/

 

これらの事実が明らかになって以来、COVID-19ワクチン(さらには一部のサージカルマスク)には還元型酸化グラフェンのナノ粒子が含まれている可能性があることが、独立した研究者によって注目されています。https://ambassadorlove.wordpress.com/2021/08/09/confirmed-graphene-oxide-main-ingredient-incovid-shots/

 

https://www.thelibertybeacon.com/graphene-oxide-the-vector-for-covid-19-democide/

 

 

https://www.orwell.city/2021/06/vaccination-vial-analysis-explained.html

 

 

https://www.nature.com/articles/s41428-020-0350-9

 

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6141029/

 

 

https://www.cbc.ca/news/canada/montreal/masks-early-pulmonary-toxicity-quebec-schools-daycares-

1.5966387

 

https://humansarefree.com/2021/04/bombshell-disposable-blue-face-masks-found-to-contain-toxicasbestos-like-substance-that-destroys-lungs.html

 

 

日本の研究者もCOVID-19ワクチンに原因不明の汚染物質を発見しています。

 

https://www.nbcnews.com/news/world/japan-suspends-1-6m-doses-moderna-shot-aftercontamination-reports-n1277669

 

 

https://www.fiercepharma.com/pharma/contaminant-moderna-covid-19-vaccine-vials-found-japanwas-metallic-particles-report

 

 

https://www.theburningplatform.com/2021/08/27/japan-suspects-contaminant-in-moderna-vaccinesis-metallic-reacts-to-magnets/

 

 

酸化グラフェンには抗不安作用があります。実験用マウスの脳に注入すると、不安感が軽減されることが示されている。

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0142961221001058

 

 

https://graphene-flagship.eu/graphene/news/soothing-the-symptoms-of-anxiety-with-graphene-oxide/

 

 

実際、SARS-CoV-2スパイクが血液脳関門を傷つけ、その透過性を高める性質を持つことを考えると、ナノ粒子を血流から脳内に滲み出させるために脳組織を準備するのに最適なタンパク質であると言えるだろう。

 

https://www.templehealth.org/about/news/sars-cov-2-spike-proteins-disrupt-the-blood-brain-barrierpotentially-raising-risk-of-neurological-damage-in-covid-19-patients

 

 

https://www.croiconference.org/abstract/neuromodulatory-effects-of-sars-cov-2-on-the-blood-brainbarrier/

 

 

https://www.nature.com/articles/s41598-020-75253-

9?utm_source=xmol&utm_medium=affiliate&utm_content=meta&utm_campaign=DDCN_1_GL01_met adata_scirep

 

 

https://pubs.acs.org/doi/10.1021/acsanm.8b02056

 

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0168365916303236

 

 

グラフェンはまた、高い導電性を持ち、状況によっては常磁性を示すこともある。

 

https://www.livescience.com/graphene-hides-rare-magnetism.html

 

 

https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0008622319305809

 

 

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC6474003/

 

 

https://www.naturalnews.com/2021-07-19-graphene-based-neuromodulation-technology-is-realinbrain-neuroelectronics.html

 

 

BRAINとは、Brain Research Through Advancing Innovative Neurotechnologies®の頭文字をとったものです。このプログラムでは、軍用のブレイン・コンピュータ・インターフェース技術、特に非侵襲的で、取り外す際に脳組織へのダメージを最小限に抑えることができる注射器システムの開発を行っています。

 

https://www.darpa.mil/program/our-research/darpa-and-the-brain-initiative

 

 

これを実現するために、オプトジェネティクス、マグネジェネティクス、超音波、埋め込み型電極、経頭蓋電磁刺激など、さまざまな方法が提案されている。いずれの場合も、目的は神経細胞の読み取り、または読み取り・書き込み能力を得ることです。

 

https://www.darpa.mil/news-events/2019-05-20

 

 

無線ブレインコンピュータ・インターフェースは、現在または将来の無線GSMインフラと相互作用する可能性があり、神経学的データのセキュリティに関する懸念が生じます。

 

https://neuralink.com/

 

 

https://waitbutwhy.com/2017/04/neuralink.html

 

 

https://www.frontiersin.org/articles/10.3389/fnins.2019.00112/full



https://www.intechopen.com/chapters/44252

 

 

https://www.brown.edu/news/2021-03-31/braingate-wireless

 

 

https://www.psychologytoday.com/us/blog/the-future-brain/202107/ai-and-vr-transform-thoughtsaction-wireless-bci

 

 

人の心の内容を変化させることができるBCIは、理論的には気分や性格を変化させることができるでしょうし、おそらく人の意志そのものを服従させ、権威に完全に従わせることもできるでしょう。

 

https://link.springer.com/article/10.1007/s11023-012-9298-7

 

 

https://privacysos.org/technologies_of_controlmind_reading/

 

 

BCIは、感情や価値観といった基本的なものの認識を不正に変え、人々の満腹感、幸福感、怒り、嫌悪感などの閾値を変えるために使用される可能性があります。

 

http://www.buffalo.edu/news/releases/2010/07/11518.html

 

 

https://sitn.hms.harvard.edu/flash/2019/brain-machine-interfaces-may-used-study-regulate-mood/

 

 

https://www.nature.com/articles/s41593-019-0488-y

 

 

富裕層にとっては、神経ひもは無類の恩恵であり、神経補綴物(=「外皮質」)で知能を高める機会を与えてくれるだろう。

 

https://www.adforum.com/agency/6664937/press-releases/70226/opinion-the-last-humans-and-thenext-brands

 

 

https://ieeexplore.ieee.org/document/6893912

 

 

私たちを支配しているのは、そのような力を信頼することができないダークトライアドタイプの人々です。

 

https://www.egonzehnder.com/de/insight/can-dark-triad-leaders-be-a-good-choice-for-a-leadershipposition

 

 

https://www.sakkyndig.com/psykologi/artvit/babiak2010.pdf

 

 

https://www.theatlantic.com/health/archive/2012/07/the-startling-accuracy-of-referring-to-politiciansas-psychopaths/260517/

 

 

https://medium.com/world-issues-politics-economics-and-more/the-rise-of-the-psychopath-andsociopath-to-political-power-b67ef9073477

 

 

https://fortune.com/2021/06/06/corporate-psychopaths-business-leadership-csr/

 

 

https://www.washingtonpost.com/news/on-small-business/wp/2016/09/16/gene-marks-21-percent-ofceos-are-psychopaths-only-21-percent/

 

 

https://www.forbes.com/sites/jackmccullough/2019/12/09/the-psychopathic-ceo/

 

 

https://en.wikipedia.org/wiki/Psychopathy_in_the_workplace

 









irukadolphin at 22:25|PermalinkComments(0)

9 août 2021

女神の渦の光の柱のイメージ

無題






さらに詳しくイメージするならこちら↓  






vor



irukadolphin at 15:58|PermalinkComments(0)

12 novembre 2020

オムライス

愛情たっぷりです。感謝!


14a001a627580c92e8e3f35a4742f4e0e265e60de9ca2e64de18f6dd4adc1259


irukadolphin at 03:45|PermalinkComments(0)