31 mars 2022

イエズス会の手下





ビル・クリントン - ジョージタウン大学(元米国大統領)

ジョン・ポデスタ - ジョージタウン大学(元首席補佐官)

トニー・ポデスタ - ジョージタウン大学

ドナルド・トランプ - フォーダム大学 (現米国大統領)

スティーブ・バノン - ジョージタウン大学(トランプ大統領顧問)

ポール・マナフォート - ジョージタウン大学(トランプ氏の選挙対策委員長)

エリック・トランプ - ジョージタウン大学

イヴァンカ・トランプ - ジョージタウン大学


ジョン・F・ケリー - ジョージタウン大学(トランプの前首席補佐官、前国土安全保障省長官)

ヨルダン国王アブドゥアラー2世・・・ジョージタウン大学

スペイン国王フェリペ6世・・・ジョージタウン(現スペイン国王)

ギリシャのパブロス皇太子 - ジョージタウン大学

ルクセンブルク皇太子ギヨーム - ジョージタウン大学

ジョー・バイデン - スクラントン大学およびセントジョセフ大学より名誉学位授与(元米国副大統領)

ジョン・ケリー - ボストンカレッジ (元国務長官)

ジョン・ベイナー氏 - ザビエル大学(元下院議長)

ジェイ・パウエル - ジョージタウン大学(現米国連邦準備制度理事会(FRB)議長

デニス・マクドナー - ジョージタウン大学 (元最高顧問)

フランシス・ルーニー - ジョージタウン大学 (フロリダ州米国代表、元駐聖公会米国大使)

クリスティン・グレゴア - ゴンザガ大学 (元ワシントン州知事)

Gavin Newsom - サンタクララ (現カリフォルニア州知事)

ジェリー・ブラウン - サンタクララ (前カリフォルニア州知事)

Giovanni Capriglione - サンタクララ (テキサス州下院)

アンドリュー・クオモ - フォーダム大学 (ニューヨーク州知事)

アンドリュー・ランザ - フォーダム大学 (現ニューヨーク上院議員)

ヴァローン・ファミリー - フォーダム大学(ニューヨーク市議会の複数の議員)

ダネル・マロイ - ボストンカレッジ (元コネチカット州知事)

アレクサンダー・ヘイグ - ジョージタウン大学 (元国務長官、元NATO軍最高司令官) ((死去))

ウィリアム・J・ケーシー - フォーダム大学 (元中央情報局長官) ((死去))

ロバート・ゲイツ - ジョージタウン大学 (元国防長官、元中央情報局長官)

ジョージ・テネット - ジョージタウン大学 (元中央情報局長官)

レオン・パネッタ - サンタクララ (元国防長官、元CIA長官)

ジェームズ・クラッパー - ジョージタウン大学教授(元CIA長官)

ロバート・B・マレット - ジョージタウン大学(元国家地理空間情報局長官)

ロバート・カーディロ - ジョージタウン大学(国土地理院長)

ドナルド・ラムズフェルド - ジョージタウン大学 (元国防長官)

ジョン・ブレナン - フォーダム大学 (元CIA長官)

マイケル・モレル -ジョージタウン大学 (元CIA副長官)

アブリル・ヘインズ- ジョージタウン大学 (元CIA副長官)

ジャネット・ナポリターノ - サンタクララ (国土安全保障長官)

マイケル・サリバン - ボストンカレッジ (元ATF長官)

ジョセフ・ダンフォード - ジョージタウン大学 (海兵隊大将、現統合参謀本部議長)

デイヴィッド・ペトレイアス - ジョージタウン大学外交学院(元米国中央軍司令官、元CIA長官)

ジェームズ・L・ジョーンズ - ジョージタウン大学 (元海兵隊大将、元国家安全保障顧問)

ジョン・R・アレン - ジョージタウン大学(元米国海兵隊大将、元国際治安支援部隊司令官)

ショーン・オキーフ - ロヨラ・ニューオーリンズ(元海軍長官、元NASA長官)

マイケル・D・グリフィン - メリーランド大学ロヨラ校 (元NASA長官)

ジョン・ロバーツ - ジョージタウン大学教授(最高裁判所長官)

クラレンス・トーマス - ホーリークロス (最高裁判事)

アントニン・スカリア - ジョージタウン大学 (元最高裁判事)

ジョン・ファーマー・ジュニア - ジョージタウン大学(元ニュージャージー州司法長官、9.11委員会上級弁護人)

ジョン・リーマン - セントジョセフ(銀行家、9.11委員会のメンバー)

マイケル・コップス - ロヨラ・ニューオーリンズ教授(元FCC長官)

マイケル・パウエル - ジョージタウン大学(元FCC議長)

ピーター・オッペンハイマー - サンタクララ(元アップル社最高財務責任者、ゴールドマン・サックス社取締役)

フィリップ・ビルデン - ジョージタウン大学 (投資家、海軍とサイバーセキュリティの慈善家)

ジョン・ソブラート - サンタクララ (億万長者)

ロジャー・アルトマン - ジョージタウン大学(投資銀行エバコア創業者)

トニー・レスラー - ジョージタウン大学(ユダヤ系億万長者、アポロ・グローバル・マネジメントの共同創設者、アレス・キャピタルの創設者、ジョージタウン大学理事会理事)

アーネスト・モニーツ - ボストンカレッジ (元エネルギー省長官)

William Joseph McDonough - Holy Cross/Georgetown (元ニューヨーク連邦準備銀行総裁、銀行家)

エドワード・ジェラルド・コーリガン - フェアフィールド/フォーダム(元ニューヨーク連邦準備銀行総裁、銀行家)

Richard Riordan - Santa Clara (前ロサンゼルス市長、投資銀行家、Freeman Spogli & Co.の共同創設者) 銀行)

ジェームズ・P・ゴーマン - ザビエル (モルガンスタンレーCEO)

ジャック・ルー - ジョージタウン大学 (元米国財務長官)

ウィリアム・M・デイリー - ロヨラ・シカゴ (元参謀長、元商務長官)
エドウィン・フォイルナー - レジス(ヘリテージ財団理事長)

アンドリュー・フォン・エッシェンバッハ - ジョージタウン大学/セントジョセフ大学 (元FDA長官)

デンゼル・ワシントン - フォーダム大学 (ハリウッド俳優)

ビル・マーレイ - リージス大学(ハリウッド俳優)

トム・クランシー - メリーランド州立大学ロヨラ校(作家)

パトリック・ユーイング - ジョージタウン大学(NBA選手、ジョージタウン大学ヘッドコーチ)

マーク・ランドラー - ジョージタウン大学(CFRメンバー、ニューヨーク・タイムズWH特派員)

ブルック・ボールドウィン - イベロアメリカーナ大学(CNNに勤務)

グレタ・ヴァン・サステレン - ジョージタウン大学(CNN、フォックスニュース、NBCに勤務)

ティム・ラサート - ジョン・キャロル(NBCジャーナリスト)((故人))

クリス・マシューズ-ホーリークロス大学、およびホーリークロス、フォーダム、セントジョセフ、スクラントン、ロヨラから少なくとも5つのイエズス会名誉学位を取得(MSNBCに勤務)

クリス・クオモ - フォーダム大学 (CNN勤務)

ノラ・オドネル - ジョージタウン大学 (CBS ニュース)

エリザベス・ハッセルベック- ボストンカレッジ (ビューとフォックスニュース)




irukadolphin at 03:39|PermalinkComments(0)

30 mars 2022

シリウスのフラワーオブライフ瞑想

1.この瞑想を、地球の解放を具現化する手段として行うことを表明します
  紫の炎の柱を呼び出して瞑想後まで自分を保護します。

2.宇宙のセントラルサンから発せられた水色の光の柱が、銀河のセントラルサンを通り、シリウスを通り、木星の衛星ガニメデを通り、ジュピターコマンドと太陽系内の全ての光の存在を通り、地球上のイルカとクジラと全ての生命体を通り、地下の光のアガルタ王国と星の同胞団とアガルタ王を通り、自分を通り、地球の中心へと到達する様子を視覚化します。



銀河のセントラルサン
Galactic+Center1



シリウス
photo_2021-09-19_19-21-45




木星の衛星 ガニメデ
1200px-Ganymede_-_Perijove_34_Composite



Central Sun Electric Blue





3.次に、自分のハートから輝く水色の光の渦が放たれて、地球の全てのボルテックスとレイライン、エナジーグリッド、そして地球の全ての地域を活性化している様子を視覚化します。



2000541




4.地球全体に行きわたった輝く水色の光が地球を包む水色のフラワーオブライフの球体に変わり、地球の振動数を上げている様子を視覚化します。


fc7fee4658a289a66dfc




5.次にこの水色のフラワーオブライフの球体が無数のチンターマニストーンに変化し、物質界の地球に定着し、地球全体にフラワーオブライフの神聖幾何学形で配置されている様子を視覚化します。


無題




6.チンターマニストーンのフラワーオブライフグリッドの調和的な量子場が地球の住民を保護し、光の勢力の作戦を助け、地球から全ての闇と初期異常を排除している様子を視覚化します。



earth-light-grid-sun




7.銀河連合と人類のファーストコンタクトとイベントが起き、アセンション志願者と地球がアセンションし、水瓶座の時代の壮大な宇宙周期が始まり、宇宙のすべての存在に純粋な光、愛、幸福がもたらされる様子を視覚化します。




light






Victory of the Light!



irukadolphin at 05:13|PermalinkComments(0)

20 mars 2022

ピアノ作品のレビュー

先週、本町のいつも昼にお世話になっているイタリア料理店に
初めて夜いってパスタを食べてみたところ、これならランチの方がコスパがいいな、と思ったけど
ドルチェは本当に美味しかった
トンカ豆という杏仁豆腐の風味に似た豆のジェラートが良かった


食事中、BGMでセロニアス・モンクが弾く I'm confessin'が流れていた

これはジャズピアノの名盤として知られているソロ・モンクという作品の曲だ

普段、ちょっと調子はずれのような不思議な曲ばかり弾くセロニアスモンクが
この作品ではストライドピアノという古風なジャズピアノのスタイルで割と普通に綺麗に弾いている
ところどころ明らかなミス(ストライドピアノは左手がオクターブを1拍毎にいったりきたりするので大変)があったりするけど、それも含めて全体的に可愛らしく透明感のある美しい作品である


zaP2_G6206557W




  



この I'm confessin'という曲自体も切なく美しい。

スウィングジャズ時代のスタンダードだったはずだったけど、良く知らないので調べてみたら

なんとスウィングジャズ時代のピアニストのファッツ・ウォーラーが初演した曲らしい。

作曲自体は別の人だけど


 



私にとって I'm Confessin'で思い出深いのは、

まず、ジャンゴ・ラインハルトが亡くなる2か月前に録音したもの

夜の湖面のような美しさを感じます。 






あと1つは、スティーブグロスマンの演奏

フランスのドレフュスから発売されたアルバムはどれも良かった。

聴いてると元気が出て来る演奏。


  




せっかくなのでこの1年くらいで聞いたジャズピアノのCDを紹介します

イタリアの渋い色男ジャズピアニストのジョバンニ・ミラバッシが

実はジブリや日本のアニメ大好き(オタク)だったという衝撃の事実が判明してから5年か6年




  



このアルバム、他に全然知らないアニメの曲もいくつかありました。

皆さんはジブリ以外の曲、ご存知ですか? ↓


【収録曲目】

01. 君をのせて(『天空の城ラピュタ』より)
02. 人生のメリーゴーランド(『ハウルの動く城』より)
03. クラッチ(『カウボーイ・ビバップ』より)
04. 炎のたからもの(『ルパン三世 カリオストロの城』より
05. 旅路(夢中飛行)(『風立ちぬ』より)
06. 愉快な音楽I~V(『ホーホケキョとなりの山田くん』より)
07. 風の伝説(『風の谷のナウシカ』より)
08. グラヴィティ(『ウルフズ・レイン』より)
09. 銀色の髪のアギトBGM(『銀色の髪のアギト』より)
10. さくらんぼの実る頃(『紅の豚』より)



ちなみに昔からハウルの動く城をカバーしてたから、ジブリが好きなんだろうなぁとは思ってたけど

これを見るとただのジブリ好きではなく日本のアニメのオタクだったようだ

初恋の相手はナウシカらしい


ジョバンニ・ミラバッシ部屋2-680x380


ジョバンニ・ミラバッシの嫁-680x383



ミラバッシがいかに日本アニメのオタクなのかを解説してくれているブログまであった


インタビューも。 日本でのコンサートには宮崎駿も聞きに来たらしい

https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/giovanni-mirabassi/1000001068






それでミラバッシのアニメへの想いはこのアルバムで昇華されたのだろう、よかった。

と思っていたら

2019年末にこれがリリースされた



d19470-615-883783-0



ジブリだけのカバーアルバムだ

しかもジャケットが宮崎駿の書き下ろしらしい。



【収録内容】
1.あの夏へ ~「千と千尋の神隠し」
2.アシタカせっ記 ~「もののけ姫」
3.海の見える街 ~「魔女の宅急便」
4.Flying boatmen ~「紅の豚」
5.カストルプ(魔の山) ~「風立ちぬ」
6.Doom-雲の罠- ~「紅の豚」
7.王蟲との交流 ~「風の谷のナウシカ」
8.崖の上のポニョ
9.となりのトトロ



中盤の曲など私は全く知らなかった。こんな曲あったんだ。

魔女の宅急便の曲はもともと好きだったので、楽しみにしてたら

これが最高にかっこよかった。


  


トトロも楽しくていいな~


  



千と千尋は、あの歌が人気だけど、こちらも名曲なんですよね

久石譲らしい切なく美しい、懐かしいような、まさにジブリって感じの曲


  




私はミラバッシのアルバムは、高校生から好きだった

学校帰りにHMVに寄って、昔はまだCDの時代で、店の奥の方にはジャズCDが沢山あった。

その中にある澤野工房というヨーロピアンジャズ、それもほとんどピアノトリオという

私のような趣味の人にはたまらないCDが沢山置いてあって

どのCDもジャケットがオシャレで、見てるだけでも楽しかった。

澤野工房からミラバッシは沢山CDを出してて、圧倒的に上手くて華麗で美しい演奏者だったのでその時からファンだった。

これまでに発売されたCDもほぼ全て持ってる。

ちょうど最近、ソロピアノ作品が発売されて、これもとても良かった


51cnmAXVBFL.__AC_SX300_SY300_QL70_ML2_



コロナ禍での孤立感の中で作られた作品のようです

1曲目のヒーリングワルツという曲はおそらく今の時代に傷ついたり混乱してる人を癒すためのものなのだろう



  



届いたCDを流してたら、なんだか聞き覚えのある曲があった

Seascapeという曲で、ジャズの世界では多分、ビル・エヴァンズの演奏で有名だと思う

とにかく美しい。そして暗い。 エヴァンズは基本的に暗くて美しい。


  


エヴァンズのようにピアノが弾いてみたくて、人生でピアノを習ったことはないけど

いきなりエヴァンズの楽譜を買ってきて、18歳頃から毎日弾いてるうちに少し弾けるようになった

この曲も18歳頃によく弾いてた思い出の曲だ。


ちなみにジョバンニ・ミラバッシの兄であるガブリエレ・ミラバッシはクラリネット奏者として知られている。

gabriele-mirabassi-1




こちらはガブリエレ・ミラバッシとイタリアの大御所ジャズピアニストのエンリコ・ピエラヌンツィが弾くSeascape  こちらも美しい



   




そしてこの数日で、ジョバンニ・ミラバッシの新作が発売された

フランス映画音楽の大御所ミシェル・ルグランの歌を女性ボーカリストと共にカバーするというものだった

71h0hO8qT8L._AC_SL1006_



このボーカリスト誰だろうと思ってたら

よくフランスのジャズ曲を検索した時に最初の方に出て来るバンドのボーカリストだったと気づいた



  



まぁ、ピアノトリオだけでもよかったかな、と思った作品だった


ルグランだと、このルグラン本人によるピアノソロアルバムが本当に素晴らしく、昔からお気に入りだ

ルグランはやや暗い曲が有名なことが多いけど、これは明るく美しい曲。


  



ライブ演奏もかっこいい


  



フレッド・ハーシュの新作も聞いた。

弦楽カルテットいりのジャズピアノ作品



61PtT-jrvnL._AC_SL1500_


フレッド・ハーシュに弦楽カルテットが入ったらこんな感じだろうか?とイメージしてた通りの作品だった。  

バッハのような対位法で両手でアドリブできることで有名なピアニストです

私はもともとソロピアノのフレッドハーシュが好きで、トリオとかカルテットでの演奏はべつに好きじゃなかったと思い出した。 




弦楽カルテットいりといえば、イタリアのロベルト・オルサーの新作もそうだった

ロベルト・オルサーやミラバッシ、ピエラヌンツィといい、

この20年くらい、ジャズピアノの世界はイタリア人の演奏者が特に良い気がする


912hyYBpteL._AC_SL1500_













最後に、ジャズではなく、ロックのブライアン・ウィルソンもソロピアノ作品を出したので紹介する

御年79歳。 ポールマッカートニーと同い年。

816g+SGkzzL._AC_SL1500_


ピアノが、こもった音色で、音圧とか音量が低くて、そこは残念な作品

Amazonのレビューでもブライアンウィルソンは大好きなのに録音がひどいというレビューがあった。

演奏も、シンプルなアレンジで淡々と弾くだけだった。

ブライアン・ウィルソンという本物の生きる伝説が昔のヒット曲を、愛用のピアノで心を込めて弾いてるオーラを味わう作品なのだと思った。

原曲は華々しい賑やかなアレンジなので、シンプルなソロピアノも素敵じゃないか。


  



いいピアノとかジャズがあったら教えてください



irukadolphin at 04:20|PermalinkComments(0)

16 mars 2022

人類は宇宙を支配する種であり、我々はまだそれを知らないだけなのか?




u


人類は宇宙を支配する種であり、我々はまだそれを知らないだけなのか?

BBCサイエンス・フォーカス・マガジンを購読すると、6号分を9.99ポンドで入手できます。

デューンの宇宙では、人類は私たちが目にする唯一の種の一つです。私たちは他の惑星でも進化してきたのでしょうか?

ポール・パーソンズ著

公開: 2021年11月19日 11:42

デューン』の宇宙は、人間という単一の種族によって支配されているように見えます。例えば、スターウォーズと比較すると、あの有名なカンティーナのシーンを思い浮かべると、フランク・ハーバートの傑作は多様性の枠を満たすのに苦労しているのではないかと思うかもしれない。

もちろん、『デューン』シリーズは20世紀を舞台にしており、そのころには人類は宇宙の隅々まで旅をしていると考えるのは無理からぬことだ。それにしても、他の土着種族はどこにいるのだろうかと考えざるを得ない。アラキスのサンドワームと、そのほかの1、2種族を除いては、ほとんど見かけません。

もしかしたら、私たちの種が宇宙における主要な先住民族で、ホモ・サピエンスかそれに近いものが、他の複数の星で独自の進化を遂げたということなのだろうか?

進化生物学者の故スティーブン・J・グールドは、この考えは馬鹿げていると考えた。グールドは、もし地球で進化をやり直したとしても、300光年も離れたとんでもない惑星では、2回目に人類が誕生する確率は限りなく低い、と主張した。その理由は、進化は遺伝子の突然変異のランダムな組み合わせによって駆動され、大量絶滅のようなランダムな環境効果によって調整され、全く同じ効果が2度現れることは極めて稀であるというものであった。

しかし、この考え方は普遍的なものではありません。収斂進化」と呼ばれる一派は、ランダムな影響は最終的に平均化され、進化は収束し、どのような環境でも似たような生物が生まれる傾向があるという。例えば、地球上では少なくとも4回、鳥、コウモリ、昆虫、翼竜の間で飛行が独立して進化している。また、目は40回も進化しているかもしれない。

この説の信奉者の一人に、ケンブリッジ大学のサイモン・コンウェイ・モリス教授がいる。「収斂はダーウィン的適応の最良の論拠の一つですが、そのあまりの偏在性が評価されていません」と彼は言う。

と彼は言う。「ある種の確信を持って言えることは、人間に類似したものが進化する可能性は実に高いということです。そして、我々が現在存在すると考える十分な理由のある潜在的な惑星の数を考えると、サイコロが100回投げて1回しか正しい方向に出なかったとしても、非常に多くの知的生命体が点在していて、我々と似ている可能性が高いということになります。"



irukadolphin at 23:20|PermalinkComments(0)

宇宙には "人間 "がいるかもしれないと科学者が発表

宇宙には "人間 "がいるかもしれないと科学者が発表

遥かかなたの銀河系で...



/ オフ・ワールド / エイリアン / ダーウィン / 進化論


無題






想像してみてほしい。未来の人類が他の星に行き、そこでまた人類を見つけたとしたら...。

ケンブリッジ大学の宇宙生物学者によれば、このシナリオは案外あり得ることなのだそうだ。

BBCのサイエンス・フォーカス誌との新しいインタビューで、ケンブリッジ大学地球科学部の進化古生物学者であるサイモン・コンウェイ・モリスは、研究者は、宇宙の他の場所で人間のような進化が起こったと「合理的な確信を持って言うことができる」と宣言している。

モリスの信念の核心は収斂進化論にある。収斂進化論とは、サイエンス・フォーカスが言うように、「ランダムな効果は最終的には平均化され、進化は収斂し、どのような環境でも似たような生物を生み出す傾向がある」、と主張するものである。同誌は、「鳥、コウモリ、昆虫、翼竜など、地球上で少なくとも4回独立して進化してきた」という飛行を例に挙げている。

つまり、収斂進化論は、進化そのものが自然界の法則であり、論理的な終着点として、異なる惑星でもこの地球上と同じように進化する可能性があると仮定しているのである。つまり、『スタートレック』に登場する青と緑の異星人(ヒューマノイド)は、理論的には実在する可能性があるのだ。

宇宙人は人間と同じような進化を遂げたと考えるケンブリッジ大学の研究者は、モリスだけではありません。

英国の高名な研究所の動物学者であるアリク・カーシェンバウムは、宇宙人の進化という概念について一冊の本を書きました。

"進化はあらゆる場所の生命の説明メカニズムであるから、"カーシェンバウムは今年初めにクアンタ誌に語った。"それなら、地球で発見した原理は宇宙の他の場所でも適用できるはずである。

カーシェンバウムは、哲学や文学など、人間が持つような文化的興味を持たない異星人を想定するのは「魅力的」だが、彼らが高度な技術的存在として真空から湧き出たわけではないことを忘れてはいけないと主張しました。人間より優れた技術を持つ宇宙人であっても、"技術以前の種から進化してきた "はずだとカーシェンバウムは言う。

「その技術以前の種が、我々が今持っている全てのものを発展させたとしたら、その種は、その社会的目的に役立つビルディングブロック-例えば、グループメンバー間の絆、グループメンバー間の情報や有用なアイデアの伝達-に基づいて構築されていた可能性があります」と、彼はQuanta誌に語っています。「技術以前の異星人の文明も、技術以前の人類の文明と同じように、歌ったり踊ったり物語を語ったりしていたかもしれないのです。

カーシェンバウムの言葉を借りれば、人型生命体が、地球と同じように「歌って踊って物語を語る」異世界を想像するのは、説得力がありますね。もし、カーシェンバウムやモリスのようなダーウィン主義者が信じているように、進化の法則が強力であるならば、私たちが宇宙人と関わり、コミュニケーションをとる傾向が強まり、残念ながら、宇宙人との戦争にも発展することになるだろう。



irukadolphin at 23:16|PermalinkComments(0)