16 mars 2022

人類は宇宙を支配する種であり、我々はまだそれを知らないだけなのか?




u


人類は宇宙を支配する種であり、我々はまだそれを知らないだけなのか?

BBCサイエンス・フォーカス・マガジンを購読すると、6号分を9.99ポンドで入手できます。

デューンの宇宙では、人類は私たちが目にする唯一の種の一つです。私たちは他の惑星でも進化してきたのでしょうか?

ポール・パーソンズ著

公開: 2021年11月19日 11:42

デューン』の宇宙は、人間という単一の種族によって支配されているように見えます。例えば、スターウォーズと比較すると、あの有名なカンティーナのシーンを思い浮かべると、フランク・ハーバートの傑作は多様性の枠を満たすのに苦労しているのではないかと思うかもしれない。

もちろん、『デューン』シリーズは20世紀を舞台にしており、そのころには人類は宇宙の隅々まで旅をしていると考えるのは無理からぬことだ。それにしても、他の土着種族はどこにいるのだろうかと考えざるを得ない。アラキスのサンドワームと、そのほかの1、2種族を除いては、ほとんど見かけません。

もしかしたら、私たちの種が宇宙における主要な先住民族で、ホモ・サピエンスかそれに近いものが、他の複数の星で独自の進化を遂げたということなのだろうか?

進化生物学者の故スティーブン・J・グールドは、この考えは馬鹿げていると考えた。グールドは、もし地球で進化をやり直したとしても、300光年も離れたとんでもない惑星では、2回目に人類が誕生する確率は限りなく低い、と主張した。その理由は、進化は遺伝子の突然変異のランダムな組み合わせによって駆動され、大量絶滅のようなランダムな環境効果によって調整され、全く同じ効果が2度現れることは極めて稀であるというものであった。

しかし、この考え方は普遍的なものではありません。収斂進化」と呼ばれる一派は、ランダムな影響は最終的に平均化され、進化は収束し、どのような環境でも似たような生物が生まれる傾向があるという。例えば、地球上では少なくとも4回、鳥、コウモリ、昆虫、翼竜の間で飛行が独立して進化している。また、目は40回も進化しているかもしれない。

この説の信奉者の一人に、ケンブリッジ大学のサイモン・コンウェイ・モリス教授がいる。「収斂はダーウィン的適応の最良の論拠の一つですが、そのあまりの偏在性が評価されていません」と彼は言う。

と彼は言う。「ある種の確信を持って言えることは、人間に類似したものが進化する可能性は実に高いということです。そして、我々が現在存在すると考える十分な理由のある潜在的な惑星の数を考えると、サイコロが100回投げて1回しか正しい方向に出なかったとしても、非常に多くの知的生命体が点在していて、我々と似ている可能性が高いということになります。"



irukadolphin at 23:20|PermalinkComments(0)

宇宙には "人間 "がいるかもしれないと科学者が発表

宇宙には "人間 "がいるかもしれないと科学者が発表

遥かかなたの銀河系で...



/ オフ・ワールド / エイリアン / ダーウィン / 進化論


無題






想像してみてほしい。未来の人類が他の星に行き、そこでまた人類を見つけたとしたら...。

ケンブリッジ大学の宇宙生物学者によれば、このシナリオは案外あり得ることなのだそうだ。

BBCのサイエンス・フォーカス誌との新しいインタビューで、ケンブリッジ大学地球科学部の進化古生物学者であるサイモン・コンウェイ・モリスは、研究者は、宇宙の他の場所で人間のような進化が起こったと「合理的な確信を持って言うことができる」と宣言している。

モリスの信念の核心は収斂進化論にある。収斂進化論とは、サイエンス・フォーカスが言うように、「ランダムな効果は最終的には平均化され、進化は収斂し、どのような環境でも似たような生物を生み出す傾向がある」、と主張するものである。同誌は、「鳥、コウモリ、昆虫、翼竜など、地球上で少なくとも4回独立して進化してきた」という飛行を例に挙げている。

つまり、収斂進化論は、進化そのものが自然界の法則であり、論理的な終着点として、異なる惑星でもこの地球上と同じように進化する可能性があると仮定しているのである。つまり、『スタートレック』に登場する青と緑の異星人(ヒューマノイド)は、理論的には実在する可能性があるのだ。

宇宙人は人間と同じような進化を遂げたと考えるケンブリッジ大学の研究者は、モリスだけではありません。

英国の高名な研究所の動物学者であるアリク・カーシェンバウムは、宇宙人の進化という概念について一冊の本を書きました。

"進化はあらゆる場所の生命の説明メカニズムであるから、"カーシェンバウムは今年初めにクアンタ誌に語った。"それなら、地球で発見した原理は宇宙の他の場所でも適用できるはずである。

カーシェンバウムは、哲学や文学など、人間が持つような文化的興味を持たない異星人を想定するのは「魅力的」だが、彼らが高度な技術的存在として真空から湧き出たわけではないことを忘れてはいけないと主張しました。人間より優れた技術を持つ宇宙人であっても、"技術以前の種から進化してきた "はずだとカーシェンバウムは言う。

「その技術以前の種が、我々が今持っている全てのものを発展させたとしたら、その種は、その社会的目的に役立つビルディングブロック-例えば、グループメンバー間の絆、グループメンバー間の情報や有用なアイデアの伝達-に基づいて構築されていた可能性があります」と、彼はQuanta誌に語っています。「技術以前の異星人の文明も、技術以前の人類の文明と同じように、歌ったり踊ったり物語を語ったりしていたかもしれないのです。

カーシェンバウムの言葉を借りれば、人型生命体が、地球と同じように「歌って踊って物語を語る」異世界を想像するのは、説得力がありますね。もし、カーシェンバウムやモリスのようなダーウィン主義者が信じているように、進化の法則が強力であるならば、私たちが宇宙人と関わり、コミュニケーションをとる傾向が強まり、残念ながら、宇宙人との戦争にも発展することになるだろう。



irukadolphin at 23:16|PermalinkComments(0)

アメリカ人の71%が「私たちは宇宙で孤独ではない」と信じている

アメリカ人の71%が「私たちは宇宙で孤独ではない」と信じている



タイラー・ダーデン著

2022年1月30日(日) - 01:00 PM

火星の生活?」をデヴィッド・ボウイの曲というだけでなく、正当な問いとして考えていますか?信じたい」は、あなたにとって単なるポップカルチャーの引用ではなく、個人的な確信なのでしょうか?StatistaのFlorian Zandtが以下に詳述するように、少なくとも米国では、あなたは大多数の人々の一人なのです。

ブリティッシュコロンビア大学の国境を越えた宇宙研究所(OSI)とアンガス・リード・フォーラムUSAの科学者が行った調査では、回答者の71%が天の川に知的生命体が存在すると信じていると主張しました。このグラフが示すように、強硬な懐疑論者は調査対象となった代表的なサンプルのごく一部に過ぎない。

26707



インフォグラフィック 米国人の信じたいこと|Statista(スタティスタ

Statistaでは、その他のインフォグラフィックスもご覧いただけます。

OSIの調査は、主に宇宙の軍事化、衛星打ち上げ、軌道上デブリを中心に行われましたが、もっとカラフルな質問も含まれています。例えば、回答者の26%は、現在のNASAのミッションは十分に野心的ではなく、人類は火星への旅を目指すべきだと考えており、30%は月が実行可能な目標であると見ています。興味深いことに、71%の人が片道切符を提供されても火星への旅に出ないと答えています。

さらに、宇宙での生命体について質問すると、75%が太陽系で生きた微生物を発見する可能性があると考え、77%が銀河系で生きた微生物を発見する可能性は高いか中程度と見ている。

ここ数年、衛星の光害や地球周回軌道上のデブリの問題がより深刻化している。ESAの推計によると、現時点で3万個のデブリが軌道上を漂っており、イーロン・マスクの会社スペースXは、2年間で1700個以上のスターリンク衛星を打ち上げている。2022年には、スターリンク衛星だけで、2019年の軌道上の衛星の総数2,000基を上回る可能性がある。

irukadolphin at 23:10|PermalinkComments(0)

謎の効果で宇宙が加速される - ダークエネルギーではないとの研究結果



謎の効果で宇宙が加速される - ダークエネルギーではないとの研究結果



無題



ロシアの天体物理学者は、カシミール効果によって宇宙の膨張が加速されると提唱しています。

出典 NASAゴダード宇宙飛行センター/Jeremy Schnittman
ブラックホール降着円盤の可視化

主な内容

    ロシアの天体物理学者たちが、ダークエネルギーは存在しないという説を提唱。その代わりに、科学者たちはカシミール効果が反発を生み出していると考えています。この効果によって、宇宙の膨張が加速されるのです。


ポール・ラトナー

物理学で最も議論を呼んでいるアイデアの一つであるダークエネルギーが、また新たな難題に直面しています。結局のところ、この力が宇宙の質量エネルギーの約68%を占めると仮定すると、それはいったいどこにあるのでしょうか?ロシアの二人の宇宙物理学者による新しい論文では、ダークエネルギーは単に存在しないとしています。その代わりに、宇宙の加速度的膨張を説明するものとして、謎のカシミール効果を指摘しています。

イマヌエル・カント・バルト連邦大学のアルチョム・アスタシェノク教授と学部生のアレクサンダー・テプリャコフによるこの研究は、ダークエネルギーの役割に関しては、「何がどう作用するのか誰も知らない」という事実を問題視しています(アスタシェノクはプレスリリースでこう述べています)。

宇宙物理学者たちは、宇宙が膨張しているだけでなく、その過程で加速しているという発見は、オランダの物理学者ヘンドリック・カシミールにちなんで名付けられた効果で説明できるとしている。1948年、カシミールは、2枚の金属板を真空中に置くと、その間に引力が生じることを発見しました。しかし、アスタシェノクは、「量子論によれば、真空には粒子が絶えず現れては消え、ある空間の境界を示すプレートと相互作用した結果(これは非常に重要なことです)、非常に小さな引力が発生します」と説明する。

現在ではカシミール効果と呼ばれるこの現象は、ロシアの科学者たちによって宇宙にまで外挿されています。彼らは、謎めいた「ダークエネルギー」は存在せず、「宇宙の境界の現れ」が、宇宙の膨張を加速させる追加の斥力を担っていると考えています。

重力は膨張する宇宙を減速させるはずだが、ダークエネルギーは膨張を速めている。

さらにアシャシェノクは、彼らの考えは宇宙に終わりがあると主張しているのではないと説明する。むしろ「複雑なトポロジー」が発生しているのだという。

「地球と同じように考えることができます。地球にも境界はありませんが、有限なのです」とアスタシェノクは言う。「地球と宇宙の違いは、前者が2次元、後者が3次元の空間を扱っていることです」。

この新しい研究結果は、International Journal of Modern Physics誌に掲載されています。

irukadolphin at 23:06|PermalinkComments(0)

平和

Goddess wants Peace and Peace it shall be!

女神は平和を望み、平和は実現します。




 





irukadolphin at 23:02|PermalinkComments(0)