イーロン・マスク、「現代文明における最大の脅威」を暴露COVID-19 製薬大手、ゲイツ、ファウチ、英国政府高官が国際刑事裁判所への提訴で「人道に対する罪」で訴えられる

7 janvier 2022

ビル・ゲイツ、アダル・プーナワラに対する世界初のワクチン殺人事件をインド高裁に提訴

bloggggg-700x400-blog


Posted by インド弁護士会 on 11月 25, 2021 with 0 Comment   


ビル・ゲイツ氏、Adar Poonawalla氏に対する世界初のワクチン殺人事件をインド高等裁判所に提訴

ビル・ゲイツ、Adar Poonawallaに対する世界初のワクチン殺人事件がインドの高等裁判所に提訴されました。[Kiran Yadav Vs. State and ors.Criminal Writ Petition (St.) 18017 of 2021] (キラン・ヤダヴ対国家とその他.2021年刑事訴願)。

申立人は、アストラゼネカ社(コビシールド)の製造元であるビル・ゲイツ氏とパートナーのアダル・プーナワラ氏、その他政府関係者や指導者が、ワクチン接種が原因で命を落とした23歳の男性の殺害に関与したとして、訴追を求めています。死亡した男性は、コビシールドは完全に安全であるという誤った説明を信じてコビシールドを接種し、また、鉄道が設定した2回接種者しか旅行できないというコンプライアンス要件に従ったため、コビシールドを接種しました。

インド政府のAEFI(Adverse Event Following Immunisation)委員会は、最近、スネハル・ルナワット博士の死はコビシールド・ワクチンの副作用によるものであったことを認めています。この報告書は、ワクチンは完全に安全であるというワクチンシンジケートの主張が虚偽であることを暴露しています。

申立人は1,000クローネ(1億3,400万米ドル)の補償を請求し、1億クローネ(1,340万米ドル)の中間補償を要求しています。

また、被告人であるビル・ゲイツらの嘘発見器、麻薬分析テストを要求している。

MRワクチンの副作用に関するアメリカの裁判では、被害者に1億100万米ドル(約752億円)の賠償金を支払うという和解が成立しています。

また、アメリカでは、FDAの犯罪捜査機関であるCIAが、医薬品の副作用を隠蔽し、アメリカ人の生命を危険にさらしたとして、製薬会社グラクソ・スミスクラインから約102億ドル(約7万600億ルピー)を回収した事件があります。

同社は、特定の処方薬の違法な販売促進、特定の安全性データの報告漏れ、虚偽の価格報告慣行の疑いによる民事責任を負っています。

米国はさらに、GSKがディナー・プログラム、ランチ・プログラム、スパ・プログラムおよび同様の活動を後援し、小児および青年におけるPaxilの使用を促進したと主張しています。GSKは、講演者に報酬を支払って医師の聴衆に話をさせ、参加した医師には食事代やスパ代を支払っていました。

2001年から2007年にかけて、GSK社は糖尿病治療薬であるアバンディアに関する特定の安全性データを記載しなかった。

このデータには、市販後の特定の試験や、欧州の規制当局がアバンディアの心血管系への安全性に懸念を示したことを受けて実施した2つの試験に関するデータも含まれていました。2007年以降、FDAはAvandiaのラベルに2つの黒枠警告を追加し、(1)鬱血性心不全、(2)心筋梗塞(心臓発作)のリスク増加の可能性について医師に注意を促しています。

また、GSKが医療従事者にキックバックを支払い、これらの薬剤やImitrex、Lotronex、Flovent、Valtrexを宣伝・処方するよう誘導したという疑惑も含まれています。米国は、この行為により連邦政府の医療保険制度に虚偽の請求が行われたと主張しています。

Anita Kushwahaのケース(2016)8 SCC 509でインド最高裁判所の憲法弁は、インド人の権利が世界中の人々に劣らないことを明らかにしました。

インドでは、何千もの賠償請求が間もなく行われると予想されます。

モンゴメリー事件[2015] UKSC 11の判決、Airdale NHS Trust Vs. Bland (1993) 1 All ER 821、Common Cause Vs. Union of India (2018) 5 SCC 1、Registrar General Vs. State of Meghalaya 2021 SCC OnLineMegh 130、また、2005年の「生命倫理と人権に関する世界宣言」では、ワクチンや何らかの治療を施す前に、その薬の副作用や、利用できる代替療法について情報を得るべきであることが明確になっています。

事実を隠蔽したり、安全だと嘘をついたりしてワクチンを接種することは、欺瞞に基づいた同意とみなされる。インドでは、欺瞞に基づくワクチン接種、強制・強要によるワクチン接種、ある種の息苦しい条件によるワクチン接種は、民事上も刑事上も違法とされる。[Registrar General Vs. State of Meghalaya 2021 SCC OnLineMegh 130] 。

上記の法的立場に基づき、申立人は、ワクチンを完全に安全なものとして販売していた関係者に対し、IPCの52条、115条、302条、409条、120(B)条、420条、34条、109条等と2005年の災害管理法の51条(b)項、55条によるF.I.Rの登録を求めています。

コビシールド(アストラゼネカ)ワクチン製造のパートナーであるビル・ゲイツとアダル・プーナワラは、共謀に関与したとして告発されています。


インドでは、製品の虚偽の販売を許可した者も、その作為・不作為によって有罪とされます。この点で IPC の 120 条(B)、34 条、109 条など の規定が適用され、ビル・ゲイツと Adar Poonawalla は 大量殺人の罪、すなわち IPC の 302 条、115 条など で有罪となるのです。

請願書の祈りは次の通りです。

「C.B.I. はこの請願を F.I.R. として扱い、Noida Entrepreneurs Association Vs. Noida (2011) 6 SCC 508 の事件で最高裁が行ったように、また Param Bir Singh v. State of Maharashtra, 2021 SCC OnLineBom 516 でこの裁判所が追認したように犯罪者を告発するよう指示されること。

ii)B.I.はさらに、被告人の身柄拘束尋問を直ちに開始し、嘘発見器テスト、ブレインマッピングテスト、ナルコ分析テストなどの科学的テストを利用して、陰謀を完全に解明しインド市民の生命を救うよう指示される。

被告人 1、すなわちマハラシュトラ州に対し、訴願者に 100 億ルピーの暫定補償金を直ちに支払い、その後、訴願者市民の故意かつ不法な作為・不作為による死亡に責任を負う有罪の役人からそれを回収するよう指示すること。"

専門家の意見によると、純然たる証拠を考慮すると、ビル・ゲイツとAdar Poonawallaは死刑になるであろうとのことです。

また、申立人は、ビル・ゲイツがインドでHPVワクチンの無許可試験により8人の女児を殺害した犯罪前歴と、カルパナ・ミータ事件(2018)7SCC 1における最高裁憲法弁の判決に依拠しており、これはビル・ゲイツと彼のワクチンシンジケートに対する強い証拠となっています。

申立人はまた、インドの4.5千人の子供たちが新型の麻痺に苦しみ、人生を台無しにしたポリオプログラムにおけるビル・ゲイツの不吉な計画の証拠に言及しました。これは、ビル・ゲイツの変態的で犯罪的な考え方を示す新たな証拠でもあります。

専門家によると、この事件でビル・ゲイツが保釈される可能性はなく、被告人のすべての動産と不動産が間もなく没収されることになるという。

様々な社会団体や一般市民が、刑法第43条に規定されている市民の逮捕権を行使することを決定しました。同条項によれば、市民は誰でもビル・ゲイツ、アダル・プーナワラ、その他の被告人を逮捕して警察に引き渡せるのです。

最近、オーストラリアでは、ワクチン被害に対する補償請求が1万件ほど出されている。

リンク: https://www.smh.com.au/politics/federal/more-than-10-000-australians-have-filed-coronavirus-vaccine-injury-claims-20211115-p598yy.html

インドでは、インド弁護士会の全国調整委員会の責任者であるIshwarlal Agarwal弁護士が、まもなく何千件もの訴訟が提起されるだろうと伝えています。




irukadolphin at 01:10│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

イーロン・マスク、「現代文明における最大の脅威」を暴露COVID-19 製薬大手、ゲイツ、ファウチ、英国政府高官が国際刑事裁判所への提訴で「人道に対する罪」で訴えられる