アンソニー・ファウチのクリスマスを台無しにする本暴露:クラウス・シュワブ氏の独裁者養成学校、「グレート・リセット」計画

7 janvier 2022

2021年がダボス会議のピークだったのか?


Davos-2018-768x490



信頼できる情報筋によると、クラウス・シュワブ氏や出席者までもが、暴力や死の脅迫を受けており、彼は1月のダボス会議を初めて延期し、パンデミックのためだと主張したが、これは真実ではない。シュワブも、ようやく、自分の学説に代償があることを自覚し始めたようだ。スイスでは雪崩が起きたが、それは雪ではなく、死の脅迫である。この怒りの波は全世界に広がっており、世界のリーダーを守るためのセキュリティ対策などできるわけがない。スイスのニュースメディア「Südostschweiz」でも、暴力的な脅迫について報じている。また、従業員だけでなく、出席者も個人的に狙われている。

シュワブは、2、3年で世界経済を破壊し、瞬く間により良いものに作り変えることができるという彼の奇妙な考えのために支払うべき大きな代償があることを知ることになるだろう、GREEN。アメリカだけを見ても、約3億5千万人の人口があり、興味深いことに、2016年の国勢調査によると、1家族あたり平均3.14人(ぴー!)です。その結果、アメリカの家庭の数はせいぜい1億軒(give or go)ということになる。2010年の国勢調査によると、人口の約8割が郊外ではなく都市に住んでいることがわかる。この80%のうち50%はアパートやマンションに住んでいると思われるので、アメリカ人の40%が多世帯住宅に住んでいることになる。残りの60%は一戸建てに住んでいることになる。一世帯のπをとると、約7000万戸の一戸建てがあることになります。Statistaで調べると、2021年第2四半期までにアメリカの持ち家住宅は8251万戸に達しています。

 

皮肉なことに、民主党に投票した州は最も打撃を受けることになる。北東部は暖房油市場の86%を消費しています。カリフォルニア州は、天然ガスを使用する新しい建物をすべて禁止し、送電網がサポートしない場合は電気で電力を供給することを余儀なくされています。8200万戸の一戸建てを電気に変えるのは絶対に不可能だ。ここで彼らの学説は破綻する。
Heating-Oil-Consumption-600x449





ガソリンだけでなく暖房用オイルの値上がりは、共和党の南部よりも民主党の州に影響を与える。彼らはバイデンへの投票が生活水準を下げるとは知らされていない。それから、プロパン暖房をしている家庭の約83%は農村部にあり、一般的に天然ガスの配給インフラや電気が行き届かず、信頼性に欠ける。しかし、アメリカでは85%近くの家庭が天然ガスや電気で暖房している都市もあるが、10%以上が暖房用石油に頼っており、それも北東部に集中している。


NY_Heating_Oil_Futures-Q-11-21-1024x431




私は、世界経済フォーラムでのキャリアが、これからの時代に通用するのか、真剣に疑問を持っている。社員は地下のバンカーに住んで、決して外に出ないようにしなければならないだろう。シュワブで働くことは、2021年以降、非常に危険なキャリアになるかもしれない。このようなイベントに参加することすら大きなリスクとなる世界のリーダーたち、そしてシュワブは、2021年は、彼が初めて本格的にダボス会議に参加してから34年目であったと見るだけでよいだろう。2021年時点のダボス会議では、これがピークだったのかもしれない。

irukadolphin at 02:07│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

アンソニー・ファウチのクリスマスを台無しにする本暴露:クラウス・シュワブ氏の独裁者養成学校、「グレート・リセット」計画