暴露:クラウス・シュワブ氏の独裁者養成学校、「グレート・リセット」計画 NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究

7 janvier 2022

世界的エリートが「反乱の発生を恐れている」と語った終末用バンカー(地下シェルター)建設会社のCEO


https://www.shtfplan.com/headline-news/ceo-of-large-doomsday-bunker-builder-says-the-global-elite-fear-a-rebellion-is-brewing


世界的エリートが「反乱の発生を恐れている」と語った終末用バンカー建設会社のCEO。

マック・スラヴォ
2021年11月5日

elite-bunker-300x176



エリートのための世界最大級の終末バンカー建設会社のCEOによると、現在権力を握っている人たちは、自分たちが支配している人たちの「反乱」を恐れているそうです。 アトラス・サバイバル・シェルターズのCEOであるロン・ハバード氏は、The Canadian Prepperのインタビューを受けながら、エリートたちが大衆が目覚めることを恐れ始めているため、「バンカー建設ビジネス」が爆発的に成長しているとすぐに教えてくれました。

自分たちが奴隷であることは分かっているし、このブログを見た人は、私たちが「自由を失っている」のではなく、「自由がなかった」のだと分かっている。 私たちが失っているのは、私たちが自由であるという幻想です。しかし、他の人類はようやく目を覚まし、自分たちを奴隷にし、労働の成果を盗む主人を必要とすることを乗り越えて進化しているのです。 これは良いことですが、支配者たちが簡単には倒れないことも分かっています。しかし、2021年が終わると、ドゥームズデイ・バンカーのビジネスが活発化し、これらのバンカーを購入している人々は、現在「偉大なる目覚め」または「黙示録」、ベールがはがれることを恐れている人々である。彼らは、人々がついに自分たちが奴隷として生まれてきたことに気づくことを恐れている。

ハバードは、これが今起こっている理由の一つは、グローバリストたちが、アメリカでは「反乱」が起きていて、おそらく非常に近いと信じているからだと警告しています。体制は崩壊しつつある。人々は精神的に進化しており、多くの人が自分たちが奴隷になるはずではなかったと知っている。

エリート主義者が望んでいるのは大規模な混乱と分裂であり、そのために我々はあらゆる方法で分裂しているのだ。私たちが仲良く協力し合うことができなければ、彼らは目的を達成することができるのです。「エリートは今、ほとんどバンカーを建設しています。それは彼らにとって余裕があるからです。"アメリカは数日、いや数週間で反乱を起こします。今、特にアメリカではバンカーを買うパニックが起きています。"

彼は、それはアメリカだけではないとも言っています。政府からの自由と解放という精神は、世界的に広がっています。 支配力を失いつつあることを知っています。必要なのは、大規模な不服従と、支配階級の奴隷になるために生まれてきたのではないことに、人々が気づくことだけです。

私たちはこれを暴力的な反乱にする必要はありません。ハバードでさえ、これが必ずしも暴力的な反乱になるとは限らないことを認めています。しかし、それは起こるでしょう。人々が仕事を失い、何年もかけて働いてきたものをすべて失うことに直面すれば、何が本当に起こっているのかに目覚めるしかなくなるでしょう。





irukadolphin at 03:47│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

暴露:クラウス・シュワブ氏の独裁者養成学校、「グレート・リセット」計画 NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究