世界的エリートが「反乱の発生を恐れている」と語った終末用バンカー(地下シェルター)建設会社のCEOCOVID集団的精神病:その原因と解決策

7 janvier 2022

NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究


NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究:新刊書

ハンナ・スパークス著    
2021年12月27日 10時53分 更新



天と地の間で、宇宙人はどこに位置するのか?

これは、ニュージャージー州プリンストンにある神学探究センター(CTI)の神学者たちが、他の惑星に知的生命体が存在するというニュースに人間がどう反応するかを理解するための最近の取り組みで、NASAが答えられることを期待している質問である。

ケンブリッジ大学の宗教学者アンドリュー・デイヴィソン牧師は、オックスフォード大学で生化学の博士号も取得しており、このプロジェクトに協力するために集められた24人の神学者の一人であると、英国タイムズ紙は先週報じている。

ケンブリッジ大学神学部のブログに掲載された最近の声明で、デイヴィソン博士はこれまでの研究で、すでに過去150年の間に「神学とアストロバイオロジーがいかに頻繁に一般の文章で話題になってきたか」を見てきたと述べている。

タイムズ紙によると、デイヴィソン氏が2022年に出版予定の「Astrobiology and Christian Doctrine」は、CTIとNASAの共同精神探査の一部を取り上げる予定で、その中で「最も重要な質問」は、宇宙に「(キリストの)多くの化身があったという」概念に対して神学者がどう対応するのかということだとブログ記事で付け加えている。



アンドリュー・デイヴィソン牧師
アンドリュー・デイヴィソン牧師は、オックスフォードで生化学の博士号も取得している。
ケンブリッジ大学コーパスクリスティ・カレッジ

今回の派遣は、米国の宇宙機関と宗教法人の提携による最新の派遣です。2014年、NASAはCTIに110万ドルの助成金を与え、Societal Implications of Astrobiology studyと呼ばれる礼拝者の科学的探究への関心と開放性を研究している。

宗教性と地球外知的生命体への信仰との間に関連性があることを示す研究がある。2017年に発表された研究では、意味を見出したいという願望は強いが、特定の宗教への信奉度が低い人ほど、宇宙人の存在を信じる傾向があることがわかった--どちらの説への信仰も、人間の同じ衝動から来る可能性があることを示しているのだ。
2014年、NASAはプリンストン大学の神学探究センターに110万ドルの助成金を与え、「The Societal Implications of Astrobiology」という研究プログラムの中で、宇宙人という概念に対する礼拝者の関心と開放性を研究しています。
2014年、NASAはプリンストン大学の神学探究センターに110万ドルの助成金を与え、宇宙生物学の社会的意義と呼ばれる研究プログラムにおいて、宇宙人の生命という概念に対する崇拝者の関心と開放性を研究しています。
関連プレス

NASAの支援を受けて、CTIのウィル・ストーラー所長は、「他の惑星に微生物生命体を発見することの "深い驚きと謎と意味合い "に答え、このテーマについて、本や雑誌に掲載されるような真剣な学問が出てくることを期待していた」と述べた。

タイムズによると、デイヴィソンの本は、地球外生命体が発見された場合、"多くの人々が彼らの宗教の伝統に指針を求めるだろう "と指摘し、それが "人間の生命の立場と尊厳にとって "何を意味するのかを述べているそうです。
NASAは24人の神学者を雇い、異星人の存在の可能性の知らせに人間がどう反応するかを理解する手助けをしている。


「しかし、もしそうなった場合、あるいはどこでそうなったとしても、事前にその意味をよく考えておくことは有益である」とデイヴィソンは書いている。




irukadolphin at 03:54│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

世界的エリートが「反乱の発生を恐れている」と語った終末用バンカー(地下シェルター)建設会社のCEOCOVID集団的精神病:その原因と解決策