NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究北京はあなたのDNAを武器にしているのか?

7 janvier 2022

COVID集団的精神病:その原因と解決策


https://www.wakingtimes.com/covid-mass-psychosis-causes-and-solutions/


COVID マス・サイコシス 原因と解決策
2021年11月30日

ニーナ・ペイン(ゲスト
ウェイクアップタイムズ

ジョセフ・メルコラ博士の "Why Do People Willingly Sacrifice Their Freedom?" は政治的圧力により削除されました。それは、ほとんど脅威とならないウイルスのために、私たちの自由、健康、経済、教育システムを破壊しているCOVID「健康」政策の狂気に、世界の多くの人々が従っている理由を包括的に説明していました。 彼の記事は、以下のビデオにリンクしています。

なぜ人々は進んで自由をあきらめるのか - マスフォーメーション - マティアス・デスメット教授(ビデオ)

集団精神病の4つの条件

ベルギー・ゲント大学の臨床心理学教授であるマティアス・デスメットは、国民が進んで自由を犠牲にする4つの条件をビデオで解説しています。統計学の修士号も持つデスメットは、COVIDの大流行時に行われた統計分析で特異な異常を発見し、我々のグローバル社会が「集団形成」状態、つまり全体主義政権の台頭に必要な「集団催眠」の一種に入り始めていることに気づかされました。

集団精神病(別名「集団形成」)に必要な4つの条件は以下の通りです。

    社会的孤立。中心的な条件は、社会的な結びつきの欠如、つまり大規模な社会的孤立であり、これが監禁の目的でした。私たちは、家族を含む他者と接触することは死刑宣告になりかねないと言われました。伝染病を恐れて、1年以上も自宅に閉じこもり、一度も人と会わなかった人もいます。しかし、社会的孤立はパンデミック以前から広く見られる問題であった。
    意味のない感覚 第二の条件は、大多数の人が人生を無意味で無目的なものと感じていることである。デスメットは、成人の半数が自分の仕事は無意味であり、自分にも他人にも何の価値も与えていないと感じているという調査結果を紹介しています。
    自由奔放な不安感。Mercolaの記事で指摘されている。「3つ目の条件は、自由奔放な不安と自由奔放な不満が蔓延していることです。自由奔放な不安とは、明らかな、あるいは明確な原因がない不安のことである。ジャングルの中でライオンに追いかけられたとしたら、その恐怖や不安は、ライオンという自然でわかりやすい原因を持っています。しかし、社会的に孤立し、自分の人生に意味がないと感じている場合、特定の脅威の精神的または物理的表現とは関係のない、自由奔放な不安が出現することがあります。抗うつ剤などの精神医薬の普及から判断すると、3番の条件もパンデミックのずっと前に満たされていたのです。"
    自由奔放なフラストレーション 記事はこう付け加えています。"第4の条件は、自由奔放なフラストレーションと攻撃性で、これは前の3つに自然に続く傾向がある。ここでもまた、フラストレーションと攻撃性には明確な原因がない。"



メンティサイドとは、国家を狂わせるために心を殺すことです。

マーコラ博士の記事で説明されています。

"この4つの条件が社会の大部分で十分に満たされたとき、集団形成催眠の機が熟したことになる。今必要なのは、不安の源や原因が特定され、その原因に対処し、中和するための戦略が提供されるストーリーである。

その戦略が何であれ、それを受け入れて参加することによって、自由奔放な不安を持つ人々は、ようやく不安を制御し、パニックを回避する手段を備えたと感じるのです。また、自分が主導権を握っているように感じるのです。興味深いことに、このようなことが起こると、人々は突然、他の人々と再びつながったように感じるのです。つまり、不安の精神的表現に対する英雄的闘争に参加することになるのです。この新しい連帯感は、彼らの人生に新しい意味と目的を与えてくれる。

このつながりは、誤った前提に基づくものではあるが、現実からの心理的な切り離しを強化する働きをする。明らかに非論理的な物語をなぜこれほど多くの人が信じてしまったのか、そしてなぜ彼らは定められた戦略に喜んで参加するのか、「たとえそれがまったくばかげたことであっても」とデスメットは言う。彼らがこの物語を信じるのは、それが新しい社会的絆につながるからです」と彼は説明する。科学、論理、正しさとは何の関係もない。

大衆形成のプロセスを通じて、彼らは社会的孤立という非常に苦しい状態から、群衆の中に存在する最大限のつながりという反対の状態に切り替わるのです」。それ自体が一種の精神的陶酔に至るのだが、それこそが、人々が物語に固執する本当の理由であり、なぜ人々は、我々が言ったように、それが全く間違っていても、そして個人的に大切なものを全て失っても、物語に付き合おうとするのかである」。


これらの損失には、心身の健康、家、生計、物質的な幸福が含まれます。集団形成の催眠術にかかったら、そんなことはどうでもよくなる。そして、このことが、この心理現象の最も問題な側面の一つであるとデスメットは言う。大衆は、その近視眼的な焦点によって、自己破壊的になるのだ。

と記事は警告している。

ルボンの著書『群衆』。大衆心理の研究』は、人間の群衆の特徴を深く掘り下げ、集団で集まったとき、人々は意識的な熟考を放棄して、無意識の群衆行動を好む傾向があることを述べている。社会が注意し、社会的孤立や「人生に目的はない」という反宗教的思想を追い払わなければ、集団形成が常態化する状態になると警告している。このような心理的なダメージを受けた人々が支配することになり、まさにその通りになったのです。

その典型がナチス政権である。デスメット氏は、一般的に独裁政治は武力と恐怖の行使から生まれると考えられているが、ナチス政権は、そして今我々が直面している指導者も、この集団形成という深い心理現象を背景にして権力を握ったのだと指摘する。人々がナチスの残虐行為に進んで参加したのは、社会が置かれていた心理状態、すなわち大衆形成現象によるものであり、指導者を恐れたからではないのです。"

この記事は、独裁と全体主義の重要な違いを指摘しています。

"つまり、古典的な独裁と全体主義は異なる原因から発生することを認識することが重要なのです。一般論として、古典的な独裁体制では、独裁者は、反対派の声が封じられると、温和になり、攻撃性も弱まる。完全に権力を掌握すれば、もはや攻撃的である必要はなく、支配を維持するために他の手段に訴えることができる。

全体主義国家では、その正反対が起こる。なぜなら、全体主義社会では、いったん反対派が沈黙すると、そのときこそ国家が最大かつ最も残虐な残虐行為を行うからです。例えば、1930年代のスターリンの粛清計画は、10年間で約8000万人を死に至らしめたのです。また、30年代半ばは、ナチス政権が狂気の浄化を始めた時期であり、ホロコーストを引き起こした時期でもある。いずれも声高な反対運動が鎮圧された後の出来事である。

我々は今、パンデミックの狂気に対する反対意見が封じられる、歴史のもう一つの分水嶺にいるのだ。 人類が生き残り、グローバルな全体主義に屈しないようにするには、反対意見を言い続けなければなりません。言い換えれば、私たちはまだ何も見ていないのです。もし私たちが沈黙すれば、最悪の事態はまだ続くのだ。

ここでもう一つ重要な点がある。全体主義者は、反対勢力が打ち負かされると、残虐行為をやめることはない。それは単に新しい集団に拡大するだけである。デスメットは、スターリンが非難すべき集団が尽きたので、スケープゴートを次から次へと切り替えて、彼らを抹殺させたことを語っている。最終的には、共産党員の半分を殺害してしまった。ほとんどの者は何も悪いことをしておらず、彼に忠実であったにもかかわらず。

このことは、私たちの現状に照らして考えてみる必要があります。今現在、『アンチ・ヴァクサー』は全体主義政権が破壊しようとする反対勢力である。反vaxxers』がいなくなれば、例えば、理論的には、世界中の誰もが予防接種を受けたとすれば、排除すべき反対派は他のグループになる。だから、もしあなたが今、'ワクチン接種'をして、すべてのブースターをアップして、注射を望まない人々に対する十字軍を応援しているなら、あなたが何かのために犠牲になる番が来るのは時間の問題であることを知っておいてください "と。

この記事は、すべての集団形成社会に待ち受ける悲劇的な結末について論じている。

"大衆形成に屈し、全体主義を受け入れた人々の運命は、ある意味で、もう一つの不思議なことが起こるので、特に悲劇的である。大衆形成に屈し、全体主義を受け入れた人々の運命は、ある意味で特に悲劇的である。デスメによれば、これは、明白な理由もなく死刑判決を下されたスターリンの党員の多くに起こったことだという。マーカスが指摘するように、これは基本的にメンタサイド、心の殺し合いである。精神殺人の心理的プロセスは、理性的な思考が不可能になるほど精神能力を低下させ、深く騙されやすい状態にする。この状態になると、批判的思考をせずに、どんな物語でも信じてしまう。


また、集団形成は常に、それが最初に出現することを可能にした条件をさらに生み出す結果になる。ですから、結局、集団形成の催眠下にある人々は、以前よりも社会的孤立を感じ、人生の意味や目的を失い、自由奔放な不安や自由奔放な攻撃性を感じるようになるのです。集団形成はまた、個性を消し去ります。集団がすべてとなり、個人は取るに足らない存在となる。それゆえ、あなたやあなたの両親や子供たちが、社会の改善のために死ぬに値する、あるいは死ぬ必要があると言われても、受け入れられ、納得できるのである。

デスメットは言う。「本質的に、誰もが等しくバカになるのです。それまでどれだけ頭が良かったか、知的であったかは関係ない。批判的思考の能力を失い、個々の特性も失われてしまうのです」。

現代に当てはめると、これは衝撃的なほど適切なことだ。親が子供を実験的な注射のために並ばせるのはなぜか、それは子供を無力化したり殺したりすることができるからである。全体主義は常に自分の子供をむさぼり食う怪物だ」とデスメは言う。"

ニール・オリバー:「西洋は、ウイルスではなく、妄想の狂気にしっかりと支配されている。

集団精神病と全体主義を断ち切るための3つのステップ

メルコラ博士の記事で指摘されている。

「呪縛され、間違った答えが正しいものだと実際に信じてしまう人、答えが間違っていると分かっていても、あえて真実を言わないので、間違っていると分かっていることに同意する人、答えが間違っていると分かっていてそう言う人、である。

一般的に、全体主義社会で実際に集団形成の催眠術にかかっているのは30%の人々だけである。もっと多いように見えるが、実際には少数派である。しかし、一般的には、納得がいかないのに、ただプログラムに従う人がさらに40%いる。彼らは、一般的な流れに逆らうことで突出した存在になりたくはないのだ。残りの3割は催眠術にかからず、他の人たちの目を覚まそうとする。

大衆の形成を断ち切り、全体主義を防ぐための重要な戦略は、反対派が一つの大きな集団になることで、まだ完全に催眠術にかかっていない反対派に、全体主義に従うという選択肢を与えることである。いわゆるアッシュの実験では、群衆の意見がいかに不合理で明らかに間違っていても、群衆に逆らおうとする人はごくわずか、25%しかいないことがはっきりと示された。3分の2の人々は、「バカ政治」に付き合うことを望んでいる。"

"About 30% of PEOPLE ARE MASS HYPNOTISED" - PROF MATTIAS DESMET (ビデオ)

この記事では、集団精神病と全体主義に対抗するための3つのステップを論じています。

    反体制派は一つの大きなグループを形成しなければならない。「これは、最大の40%のグループ、つまり仲間はずれにされるのを恐れてプログラムに参加しない人たちに、別の社会的結合の場を与えるものです。彼らのほとんどは、完全に同意していない全体主義的な考え方に従うよりも、反体制的な反全体主義者のグループに参加する可能性が高い。その時点で、大衆形成は終わっている。大衆形成を根付かせ、成長させた中立的な柵人たちが、そのプロセスに参加しなくなったので、全体主義国家は終了する。そして、大衆形成がなければ、全体主義的な乗っ取りは成功しないのです。"
    反体制派は声を大にしなければならない。「第二に、私たちは声を上げ続けなければならない-大声で。声を上げることで、催眠術にかかる人の数を最小限にすることができる。また、すでに集団形成の呪縛にかかっている人たちを目覚めさせることもできる。デスメによれば、声を上げることで残虐行為を抑制できることもわかっている...「私たちにできる最も重要なことだ」。簡単なことではありません...全体主義政権は中央集権的なメディアを通じて物語をコントロールできるという利点があるのです。"
    並列構造を作る。"第三の行動項目は、並列構造を作ることです。この戦略の威力は、最終的にチェコスロバキアの大統領になった政治的反体制者、ヴァクラフ・ハベルによって証明された。パラレル・ストラクチャーとは、全体主義社会に適合しながらも、道徳的にはその外にあるビジネス、組織、テクノロジー、運動、創造的な追求のことで、その種類はさまざまである。十分な数のパラレルストラクチャーが作られると、全体主義世界の中で正気の聖域として機能するパラレルカルチャーが誕生する。ハベルはこの戦略について、著書『無力者の力』で説明している。"

ヴァーツラフ・ハヴェル 反体制者と自由(ビデオ)

ザ・パワー・オブ・ザ・パワーレス

無力な者の力 ヴァーツラフ・ハヴェル著『無力者の力-中東欧の国家に抗する市民たち』(1985年)。

ヴァーツラフ・ハヴェル著「ザ・パワー・オブ・ザ・パワーレス」(2018年)。

アマゾンの説明にはこうある。



「ハベルはチェコの劇作家で、ソ連が導入した共産主義体制に反対した人物であり、一時期は世界で最も有名な人物の一人だった。 この『無力者の力』は、その後の中欧における共産主義への内乱のきっかけとなり、その骨格をなすものであった。1978年、ヴァーツラフ・ハヴェルが政治的異論を詠んだこの作品は、ソ連全土の連帯運動を束ねるマニフェストとして、その指針となる。虚偽と脅迫に直面した活動家の肖像である『The Power of the Powerless』は、無関心の誘惑に対抗する雄叫びである。

この本は、自分の真実を生きる力、つまり「並列構造」を作り出すことを示す。

無力者の力』(1978年)ヴァーツラフ・ハヴェル著

全体主義と集団精神病

Dr.メルコラの記事で指摘されています。

"デスメット氏が指摘するように、全体主義は最後には必ず自滅する。心理的な裏付けが自己破壊的なので、システムが崩壊してしまうのです。これは良いニュースだ。悪いニュースは、全体主義体制は長い間生き残ることができるが、最後には生き残りが少なくなる傾向があることだ。

とはいえ、デスメット氏は、この新しいグローバルな全体主義は、地域の独裁者主導の全体主義体制よりも不安定であり、より早く自壊する可能性があると見ている。つまり、全体主義が自滅するのを待つ間、全体主義体制の外で生き残ることがポイントになる。ただし、残虐行為を制限し、被害を軽減するためには、やはり言動で反対しなければならない。

結局のところ、医療と同じように、全体主義を防ぐことは、後で脱却しようとするよりもはるかに簡単なのである。そのためには、社会における大衆形成の4つの根本原因、すなわち社会的孤立、無目的性、自由に漂う不満・不安、自由に漂うフラストレーション・攻撃性を防ぐ必要があります。これは、この世界的な全体主義の実験が失敗し、崩壊した後に残る人々の仕事である。"

集団精神病-いかにして全人口が精神的に病んでしまうのか

政府を変えるには、私たち自身を、つまり私たちの心と精神を変えなければならない。










irukadolphin at 04:04│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

NASAが24人の神学者を雇い、宇宙人に対する人間の反応を研究北京はあなたのDNAを武器にしているのか?