米国全土の「目に見えない」バイオラボの危険性

26 octobre 2023

世界中に336ある米国のバイオ研究所の謎

世界中に336ある米国のバイオ研究所の謎

張周祥著 | 中国日報 | 更新日: 2022-03-10 08:14


6229c1f0a310cdd3d8343cc7




現在進行中のロシアとウクライナの紛争は、いくつかの予期せぬ発見をもたらした。ロシアのメディアは最近、国防総省がウクライナに30以上の生物学研究所を委託し、そこに大量の危険なウイルスが保管されていたと報じた。

米国は生物兵器研究の実施をこれらの研究所に依存していると考えられている。そしてこれらは、米国が世界30カ国で管理しているとされる336の生物学研究所のうち、ほんの一握り、あるいは10パーセント未満にすぎない。

米国が中国の研究所での新型コロナウイルス感染症流行の「起源追跡」研究を必死に推進していたのも不思議ではない。おそらく彼らは世界中に研究所を持っているため、ウイルスが漏洩してパンデミックを引き起こす高いリスクを認識しているのでしょう。彼らは中国の研究所からも同様のリスクを想定していたが、それは行き過ぎだ。

問題を抱えているのは米国だが、中国に薬の服用を強要している。そしてまさにそれが、米国が国内で新型コロナウイルス感染症を制御できなかった理由だ。問題を認める代わりに、他人を責めることに忙しいのです。

米国が40年にわたり、生物兵器禁止条約によるチェック機構の確立を阻止しようとしていた理由も、今や明らかになった。この条約の署名国182カ国のうち、2001年にそのようなメカニズムの交渉から離脱したのは米国だけである。そうすることで米国が世界中に336ある生物学研究所の秘密を守りたいと考えているのは明らかである。

最新の報道によると、在ウクライナ米国大使館は、同国の生物学研究所に関連する情報を急いで削除したという。しかし、世界中にそのような研究所が存在するという事実を洗い流すことはできません。今こそ米国は、どのような種類のウイルスがそこに保管されているのか、どのような「研究」が行われているのか、それらがこれらの国や世界中の人々にどのような害をもたらすのかなど、これらの生物学研究所に関する情報を公開する時期に来ている。世界は答えを求めるべきです。



irukadolphin at 00:38│Comments(0)

コメントする

このブログにコメントするにはログインが必要です。

米国全土の「目に見えない」バイオラボの危険性